【キクチパトロール】

《デュエマの鬼!キクチ師範代》《アクア・パトロール》を使った即死コンボ。《アクア・パトロール》がプレミアム殿堂になっているため殿堂ゼロデュエル限定のデッキである。

デュエマの鬼!キクチ師範代 闇文明 (3)
クリーチャー:ヒューマノイド 3000
いずれかのプレイヤーの山札から、手札以外のゾーンにカードが置かれる時、かわりにそのプレイヤーはそのカードを山札に加えてシャッフルする。

禁術のカルマ カレイコ R 闇文明 (3)
クリーチャー:オラクル 3000
いずれかのプレイヤーの山札から、手札以外のゾーンにカードが置かれる時、かわりにそのプレイヤーはそのカードを山札に加えてシャッフルする。

アクア・パトロール VR 水文明 (4)
クリーチャー:リキッド・ピープル 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーをひとり選ぶ。そのプレイヤーは自分自身のシールドの枚数を数え、それを山札に入れてシャッフルし、その後、山札の上から同じ枚数のカードを裏向きのまま自分自身のシールドゾーンに置く。
《※プレミアム殿堂》
  • コンボの成立は以下のようになる。
  1. 3ターン目に《デュエマの鬼!キクチ師範代》及び《禁術のカルマ カレイコ》を出す。
  2. 4ターン目に《アクア・パトロール》を出す。
  3. 《アクア・パトロール》の効果で相手はシールドの枚数を数えて山札に入れ、シャッフル。同じ枚数のシールドを置き直す。
  4. 山札から手札以外のゾーン(シールドゾーン)にカードが置かれたため《デュエマの鬼!キクチ師範代》の効果で相手はすべてのシールドを山札に戻しシャッフル。
  • なお、《キクチ師範代》および《カルマカレイコ》の効果は自分にも及ぶため、出した返しに相手から《アクア・パトロール》を出されて自分のシールドが全滅、ということもある。このため、ミラーマッチでは《キクチ師範代》を出すタイミングに注意が必要である。
    • また、殿堂ゼロではキクチパトロール対策の為、《アクア・パトロール》が単独で積まれることもたまにある。
  • その手軽さから、「殿堂ゼロデュエルの中でさえ使用不可にすべきではないか」といわれることがあるほどの凶悪なコンボデッキである。
    • 全般的に、刺さるデッキには刺さるものの前述の《スパイラル・ゲート》など《キクチ師範代》への対抗策も多く、また《アクア・パトロール》に依存しがちである為、積極的にハンデスをされると厳しいものがある。実際、ターボ系列のデッキには強いが【青単速攻】が相手だと手も足も出ない……といったことが普通に起こる。それでも、登場以降常にゼロ環境の一角にあるデッキであることは間違いない。
  • どうしてもデッキ全体のカードパワーが低くなりがちであり、環境的にも構築的にも強力な受け札を採用しにくいため、殿堂レギュレーション下のデッキ相手とかち合うと瞬殺されてしまうことも。
    • 《キクチ師範代》は自分にも効果が及ぶため、《キクチ師範代》を出した返しに《パトロール》メタの《パトロール》を出されたり、シールドに依存しない受け札から逆転を許したりという展開もしばしば起こりうる。

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 11:20:56