【キマイラ】

種族としてのキマイラ→キマイラ

キマイラを主力においたデッキタイプ

大別して以下の4種類がある

基本的に、キマイラデッキはこれらの強力な進化クリーチャーを使いたいがために作成される。ただし、いずれも闘魂編聖拳編から登場しているものの、如何せん進化元が貧弱なのがネック。

しかしDM-12DM-16では進化元に便利なキマイラが登場し、若干ではあるがデッキが組みやすくなった。

超幻獣ドグザバル R 闇文明 (5)
進化クリーチャー:キマイラ 9000
進化−自分のキマイラ1体の上に置く
光ステルス
W・ブレイカー

超幻獣グラザルド SR 闇文明 (5)
進化クリーチャー:キマイラ 5000
進化−自分のキマイラ1体の上に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、バトルゾーンにある自分の闇のクリーチャーをタップし、攻撃する代わりに次のTT能力を使ってもよい。
TT−相手の手札からカードを1枚見ないで選び、持ち主の墓地に置く。

《超幻獣グラザルド》を使ったものは【グラザルド】《超機動魔獣ギガランデス》を使ったものは【超機動魔獣ギガランデス】《蛇魂王ナーガ》を使ったものは【蛇魂王ナーガ】を参照。
ここではそれ以外のデッキタイプを解説する。

主要カード

キマイラの候補

その他の候補

《超幻獣ドグザバル》をメインにする場合、デッキカラーは水・闇、もしくは闇・火などが主流。
ドローソース手札補充しながらクリーチャーを並べていく事が多い。

ブロッカーをすり抜けるため、《超幻獣ドグザバル》自体はそこそこ強力。いかにドグザバルを出し、サポートしていけるかが決め手となる。
ハンデスしながらウィニーを出していき、マナが貯まり次第進化して殴っていく格好となるか。

基本的にキマイラを使ったビートダウンであるため、同じようなコンセプトである【超機動魔獣ギガランデス】デッキと組み合わせたような構成にして組んでもいい。

しかし、キマイラのサポートは数が少ないため、どの道デッキビルディングには苦労するだろう。

その他

  • どのタイプでも、核となる進化クリーチャーは強力だが、進化元のパワー不足に悩まされることになる。デッキを作る際には全体除去火力に対し何かしら対策を施しておく必要がある。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 16:24:11