【キリコランデス】

確実に3体のクリーチャーを展開できる《エンペラー・キリコ》《緑神龍ザールベルグ》などのコストを踏み倒し、制圧するランデスデッキ。

エンペラー・キリコ SR 水文明 (8)
進化クリーチャー:サイバーロード/オリジン 13000
進化−自分の「サイバー」と種族にあるクリーチャーまたはオリジン1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の他のクリーチャーをすべて、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。その後、山札の上から、進化ではないクリーチャーが3体出るまでカードを表向きにする。その3体をバトルゾーンに出し、山札をシャッフルする。
T・ブレイカー
※プレミアム殿堂

緑神龍ザールベルグ R 自然文明 (9)
クリーチャー:アース・ドラゴン 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置く。

軽量クリーチャーは積みづらいため、進化元は基本的に《蒼狼の始祖アマテラス》であり、防御はS・トリガー呪文、《ノーブル・エンフォーサー》《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》などで行う。

《エンペラー・キリコ》の能力はやや運に左右されるところもあるが、デッキに《緑神龍ザールベルグ》《シェル・フォートレス》を多く積んでおけば安定するのであまり問題にはならない。

理想的な流れは
2ターン目:《フェアリー・ライフ》or《鼓動する石版》
3ターン目:《ブレイン・チャージャー》or《ボンバー・チャージャー》
4ターン目:《蒼狼の始祖アマテラス》→デッキから各種チャージャー
5ターン目:《エンペラー・キリコ》
であり、5ターン目にして6ランデスを行うなどの圧倒的な爆発力が売り。

《蒼狼の始祖アマテラス》が出た場合、デッキから《母なる紋章》もしくは《フォース・アゲイン》を唱えれば、もう一度《エンペラー・キリコ》cip能力を使用できる(進化元は今さっき出たアマテラスを使う)。

主要カード

《エンペラー・キリコ》コンセプトカード
《蒼狼の始祖アマテラス》進化元・コンボパーツ・マナブーストと、八面六臂の活躍
《フェアリー・ライフ》アマテラスで撃てるマナブースト
《鼓動する石版》
《ブレイン・チャージャー》他、
4コスト以下のチャージャー

リクルート対象

《緑神龍ザールベルグ》強力なランデスクリーチャー
《シェル・フォートレス》同上 5枚目以降のザールベルグとして
《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》キリコで場を離れないブロッカー
《魔刻の斬将オルゼキア》複数除去 闇マナが欲しい時はこっちで
《戦攻竜騎ドルボラン》同上 火マナが欲しい時はこっちで
《機動聖霊ムゲン・イングマール》対ビートダウン キリコと合わせれば相手のシールド全壊
《光神龍スペル・デル・フィン》コントロール キリコの攻撃を通しやすく

防御

《アマテラス》から

《魂と記憶の盾》優秀な除去 色も合っている
《死の宣告》アンタッチャブルも潰せる除去 【速攻】対策にもなる
《母なる紋章》キリコ再利用 場合によっては始動にも
《フォース・アゲイン》キリコ再利用
《マナ・クライシス》ランデス偏重型にするならアリ
《水晶の記憶 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》超万能サーチ

デッキカラーは必須の自然に、ともう一つを加えるのが一般的。大型クリーチャーは半ばキリコ専用なので、タッチで5色にしてしまっても問題はない。

その他、安定性を高めるために進化元として《パクリオ》《コーライル》のようなcipクリーチャーを数枚挿しておいてもよい。

弱点

この手のデッキ全てに言えることだが、何よりもまず【速攻】が苦手である。
シノビを搭載できない以上、防御は基本的にS・トリガー任せとなってしまうのだ。赤単などパワーの低いものは《ノーブル・エンフォーサー》で封じられるが、赤緑緑単はなかなか大変である。

また、《聖鎧亜キング・アルカディアス》への対抗策が少ないことも弱点。核となるキリコもアマテラスも単色であるし、複数搭載の難しい《戦攻竜騎ドルボラン》《機動聖霊ムゲン・イングマール》を待つのはいささか骨が折れる。このあたりは速さ比べになりやすい。

《蒼狼の始祖アマテラス》の殿堂入りに伴い、他の進化元も用意しなければならなくなり、急激に弱体化した。

参考


Last-modified: 2018-11-18 (日) 20:11:16