【キングロックキリコ】

《エンペラー・キリコ》を軸とした大量展開による一撃必殺に加え、【キング・アルカディアス】にて使用されていたロックシステムをフィニッシュ手段の一部に組み込んだタイプの【エンペラー・キリコ】系デッキ。別名黒キリコ。
自然の4色が基本となり、闇はタッチではなく通常色として数えられる。

エンペラー・キリコ SR 水文明 (8)
進化クリーチャー:サイバーロード/オリジン 13000
進化−自分の「サイバー」と種族にあるクリーチャーまたはオリジン1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の他のクリーチャーをすべて、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。その後、山札の上から、進化ではないクリーチャーが3体出るまでカードを表向きにする。その3体をバトルゾーンに出し、山札をシャッフルする。
T・ブレイカー
※プレミアム殿堂

蒼狼の始祖アマテラス R 水文明 (6)
クリーチャー:ナイト/サムライ/オリジン 5000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、次のうちいずれかひとつを選んでもよい。
►自分の山札を見る。その中からコストが4以下の呪文を1枚選び、山札をシャッフルしてからその呪文をコストを支払わずに唱える。
►自分の山札を見る。その中からコストが4以下のクロスギアを1枚選び、山札をシャッフルしてからそのクロスギアをコストを支払わずにジェネレートする。
※プレミアム殿堂

聖鎧亜キング・アルカディアス SR 光/闇文明 (7)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/ロスト・クルセイダー 9000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
進化−自分の多色クリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
相手は、多色以外のクリーチャーをバトルゾーンに出す時、バトルゾーンに出すかわりに墓地に置く。
※プレミアム殿堂

進化元は《蒼狼の始祖アマテラス》《黙示聖者ファル・レーゼ》《黙示賢者ソルハバキ》等が主であり、防御は《ノーブル・エンフォーサー》《威牙の幻ハンゾウ》《斬隠オロチ》等で行う。
【エンペラー・キリコ】デッキは《聖鎧亜キング・アルカディアス》に極めて弱いが、同時に同系へ強烈なメタカードにもなるため、【エンペラー・キリコ】ミラーでは早さ勝負に勝ちやすい。
【星域キリコドラゴン】をパワーカードをふんだんに盛り込んだ爆発力重視のキリコデッキとするなら、こちらはミラーや環境メタを意識した対応力重視のキリコデッキだと言えるか。

主要カード

《エンペラー・キリコ》コンセプトカード
《蒼狼の始祖アマテラス》進化元でありコンボパーツ
《聖鎧亜キング・アルカディアス》フィニッシュの一択
《光神龍スペル・デル・フィン》キングロックのパーツ及びフィニッシャー
《腐敗無頼トリプルマウス》キングの進化元、ベガやスカイソードより優先
《フェアリー・ライフ》基本的なブースト呪文
《鼓動する石版》
《神秘の宝箱》キリコ・キングをマナへサーチ
《ローズ・キャッスル》《巡霊者メスタポ》【速攻】の対策
《魔弾バレット・バイス》《蒼狼の始祖アマテラス》からなら2ハンデス

弱点

ブーストカードを初手で引くことができないと【速攻】デッキの相手が厳しい。また、【マッドロマノフワンショット】の相手も基本的に先手でブーストができないと妨害策がないため厳しい。
また【エンペラー・キリコ】系デッキの共通の弱点として相手に《聖鎧亜キング・アルカディアス》を出されるという点が挙げられる。
ミラーマッチや前述の【マッドロマノフワンショット】などマナにキーカードが置かれやすい環境のため、対策に《マナ・クライシス》が積まれることも多い。

参考


Last-modified: 2018-11-27 (火) 23:13:44