【キンコングループ】

《獣軍隊 キンコング》《超幻影 ワラシベイベー》《幻影 ミスキュー》といったコスト踏み倒し能力持ちの自然の侵略者を、《ノーダンディ・ネギオ》デッキトップ固定と《連鎖類超連鎖目 チェインレックス》のみ倒し能力によってループさせてマナを伸ばしつつコンボパーツを展開し、そこから無限ループに入る緑単ないし準緑単のデッキ。
《ワラシベイベー》の色彩も強いため「緑単ワラシベイベー」とも呼ばれる。

獣軍隊 キンコング VR 自然文明 (8)
クリーチャー:ゲリラ・コマンド/侵略者 11000
W・ブレイカー
このクリーチャーをマナゾーンから召喚してもよい。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体につき、自然の侵略者である進化クリーチャーを1体、自分のマナゾーンからそのクリーチャーの上にタップして置いてもよい。

超幻影 ワラシベイベー SR 自然文明 (7)
進化クリーチャー:ミステリー・トーテム/侵略者 11000
進化−自分の自然のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−自然のパワー6000以上のクリーチャー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の他のクリーチャーを1体マナゾーンに置いてもよい。そうしたら、自分の山札の上から3枚を見る。その中からミステリー・トーテムまたは自然の侵略者を1体、バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

概要

《チェインレックス》を正規コストで召喚するための10マナが貯まるまでマナ加速することが基本。《ミスキュー》や【チェイングラスパーループ】には搭載されない《ワラシベイベー》でコンボパーツを引っ張ってこれるケースも多々あるので、【チェイングラスパーループ】と比べると少ないマナで動けるケースが多い。

邪魔なクリーチャーは《掘師の銀》で除去すればよい。最速5ターン、《ミスキュー》や《ワラシベイベー》によるコスト踏み倒しを考慮すれば4ターンでループを開始できるので、S・トリガーでの守りを前提にすれば速攻はそれほど重く見る必要はない。そのため、【チェイングラスパーループ】の場合よりも《革命目 ギョギョウ》の採用率は低い。

【チェイングラスパーループ】と同じく、上手く回れば《チェインレックス》の重さを感じさせないデッキとなる。1つのデッキにループのルートを複数用意できるので、玄人向けのデッキとも言える。

主要カード

《獣軍隊 キンコング》
《連鎖類超連鎖目 チェインレックス》
《幻影 ミスキュー》トップが良ければ最速4ターンキルも可能
《超幻影 ワラシベイベー》
《桜風妖精ステップル》2コストマナ加速
《霞み妖精ジャスミン》
《将友の面 トリブランカ》最速4ターンで《ワラシベイベー》に繋がる
《ミステリー・キューブ》同上。殿堂入り
《剛撃古龍テラネスク》コンボパーツを揃えるための大型リソース確保
《曲芸メイド・リン・ララバイ》フィニッシャー
《ノーダンディ・ネギオ》ループに必須の山札操作、山札回復

候補カード

《ダンディ・ナスオ》必要なパーツをマナに置く。殿堂入り
《キング・シビレアシダケ》手札からマナブースト。《ミスキュー》の早出し、デッキの枠をマナブーストに使い過ぎないためにも
《革命目 ギョギョウ》カウンター札
《掘師の銀》除去。《革命目 ギョギョウ》と組み合わせると強い
《成長目 ギョウ》盾落ちケア
《侵革目 パラスラプト》ハンデスをケア
《有毒類 ラグマトックス》マナアンタップのために使用
《フェアリー・ギフト》強力なコスト軽減。殿堂入り
《古龍遺跡エウル=ブッカ》防御札
《光牙忍ライデン》
《光牙忍ハヤブサマル》防御札。殿堂入り
《コクーン・マニューバ》防御札。カウンターでループ始動も可能
《獅子王の紋章》

ループの方法

 團潺好ュー》ループ

バトルゾーンに《チェインレックス》1体、マナゾーンに《ワラシベイベー》2体、《ミスキュー》1体、《ノーダンディ・ネギオ》1体が必要。

  1. 《キンコング》をバトルゾーンに出す。《チェインレックス》の能力を使い、《ミスキュー》→《ネギオ》の順にバトルゾーンに出す。
  2. バトルゾーンに出てきた3体のうち2体に、《キンコング》の能力で《ワラシベイベー》を重ねる。
  3. 《ワラシベイベー》と《ミスキュー》の能力を1回ずつ解決して3体中2体をマナゾーンに。この時《キンコング》は確実にマナ送りにする。
  4. 《ネギオ》の能力で《キンコング》をデッキトップに固定。
  5. 残りの《ワラシベイベー》の能力を使ってトップの《キンコング》をバトルゾーンに出す。
  6. 1に戻っているのでこのループをうまく使って《ミスキュー》の能力を無限に使い、以降のフィニッシュに向けてパーツを集める。

◆塒毒類 ラグマトックス》軸でのフィニッシュ

※こちらがライブラリアウトしてしまうため、《ミスキュー》と《ワラシベイベー》の能力では捲れたカードに関わらずクリーチャーをバトルゾーンに出さない。
バトルゾーンに《チェインレックス》1体、マナゾーンに《キンコング》1体、《ミスキュー》1体、《ワラシベイベー》4体(or《ワラシベイベー》3体+《ラグマトックス》1体)、《曲芸メイド・リン・ララバイ》1体、《ネギオ》1体、《霞み妖精ジャスミン》1体が必要。

  1. 《ネギオ》以外のパーツをタップしてマナゾーンから《キンコング》召喚
  2. 《チェインレックス》の能力で《ミスキュー》→《ララバイ》→《ジャスミン》をバトルゾーンに出す。
  3. 《キンコング》効果で《ワラシベイベー》をバトルゾーンに出す。
  4. 《ワラシベイベー》の能力と《ミスキュー》の能力でバトルゾーンに出たクリーチャーたちを全てマナゾーンに戻す。
  5. 《ラグマトックス》を使う場合は、《ワラシベイベー》が出た時の《チェインレックス》の能力でバトルゾーンに出し、即座にマナゾーンに戻す。
  6. 《ララバイ》の能力を解決。
  7. 《キンコング》召喚に使ったマナが全てアンタップしたので《ララバイ》を《ネギオ》に置き換えて1〜6をやり直し
  8. 1〜7の無限ループライブラリアウト成立。

《チェインレックス》2体体制でのフィニッシュ

バトルゾーンに《チェインレックス》2体、マナゾーンに《ミスキュー》1体、《ララバイ》1体、《ネギオ》1体、《ワラシベイベー》3体が必要。
※《ネギオ》の能力でトップに固定したカード以外は《ミスキュー》、《ワラシベイベー》効果でクリーチャーをバトルゾーンに出さない。

  1. 《キンコング》をバトルゾーンに出す。《チェインレックス》の能力で《ミスキュー》→《ララバイ》&《ネギオ》。
  2. 出てきた4体中3体に《キンコング》の能力で《ワラシベイベー》を重ねる。
  3. 4体中《キンコング》含む3体を《ミスキュー》1体、《ワラシベイベー》2体の能力でマナ送り。
  4. 《ネギオ》の能力で《キンコング》をデッキトップに固定。
  5. 《ワラシベイベー》の能力で残りのクリーチャーをマナゾーンに送り、トップ固定した《キンコング》をバトルゾーンに出す。
  6. 《チェインレックス》の能力で《ミスキュー》→《ネギオ》。
  7. 出てきた3体に《キンコング》の能力で《ワラシベイベー》を重ねる。
  8. 《ワラシベイベー》の能力で《キンコング》含む2体をマナ送り
  9. 《ネギオ》の能力で《キンコング》をデッキトップに固定。
  10. 《ワラシベイベー》の能力で残りのクリーチャーをマナゾーンに送り、デッキトップの《キンコング》をバトルゾーンに出す。
  11. 《チェインレックス》効果で《ネギオ》をバトルゾーンに出す。
  12. 《ミスキュー》効果で《ネギオ》をマナ送り。
  13. 1に戻って《ララバイ》《ネギオ》の能力が1体分ずつ待機したのでこれをループしてライブラリアウトへ。

弱点

  • コンボパーツが揃うまでしつこく《ミスキュー》の能力を使って山札をいちいちシャッフルする関係上、ループに極めて時間がかかる(2本先取の試合で1時間近くに達することもある)ため制限時間のある大会では事実上使用不可能。
  • コンボデッキの常としてハンデスを警戒しなければならない。やはりというか緑単あるいは準緑単なので、ハンデスを食らった後の立て直しは比較的難しい。一見相性が良さそうに見える《キキリカミ・パンツァー》は、ループにおいては不純物であるため、搭載されない。《テラネスク》で手札補充は可能だが、そうすると《テラネスク》でマナ加速しない分だけ10マナに到達するのが遅くなる。

その他

  • このデッキは《ベイB ジャック》登場前のデッキであり、《ベイB ジャック》が登場した後も《ベイB ジャック》を入れない点で通常の緑単ループとは一線を画す。《キンコング》のタップインによる踏み倒し能力が《ベイB ジャック》のマナクリーチャー化能力と相性の悪いものであるため、《ベイB ジャック》が入らないのはある意味当然である。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 23:29:51