【ギフトメイフライ】

《フェアリー・ギフト》を唱え、最速2ターン目に《クラウド・メイフライ》召喚するコンボ

もしくは、それを活用する【速攻】デッキ

クラウド・メイフライ 自然文明 (4)
クリーチャー:ジャイアント・インセクト 2000+
自分のマナゾーンが全て自然のカードであれば、このクリーチャーのパワーは+4000され、「W・ブレイカー」を得、パワー5000以下のクリーチャーにブロックされない。

フェアリー・ギフト UC 自然文明 (1)
呪文
このターン、次に召喚するクリーチャー1体のコストを最大3少なくしてもよい。ただしコストは1より少なくならない。

《クラウド・メイフライ》を2ターン目に出せれば、相手は《スパイラル・ゲート》《魂と記憶の盾》などの限られた手段でしか対処できない。そのため、このコンボが決まるだけで一気に優位に立てることが多い。

《クラウド・メイフライ》能力を発揮させるために緑単で組まれる。転生編で登場して以来、長らく代表的な【緑単速攻】の一種として知られている。

(ここでは《フェアリー・ギフト》+《クラウド・メイフライ》or《レベリオン・クワキリ》の事を「2ターン召喚」、《幻緑の双月》及びその同型再販《クラウド・メイフライ》or《レベリオン・クワキリ》のことを「3ターン召喚」と表記する。)

主要カード

クリーチャーの候補

呪文の候補

                      

このデッキの戦い方

1マナの《冒険妖精ポレゴン》《スナイプ・モスキート》から順当にスタート。

そして最も重要な2ターン目、選択肢は大きく分けて2つある。
1: 《フェアリー・ギフト》+《クラウド・メイフライ》または《レベリオン・クワキリ》
2: 《幻緑の双月》及びその同型再販、または《一撃奪取 ケラサス》(もしくは《フェアリー・ライフ》

1が最も早いパターンで対処されにくい。
ただし、2ターン目に1マナクリーチャーで殴った時にS・トリガーを踏むと《クラウド・メイフライ》が対処されてしまうので、場合によっては2の動きを取った方がいいこともある。

2を選んだ場合は今後の展開が安定する。

同系戦を考えた場合、【赤単速攻】【青単速攻】相手に有効なのは3ターン召喚である。
【赤単速攻】:《ボルカニック・アロー》で除去されやすいし、軽量獣での数の勝負に持ち込めば1コスト2000の多いこちらが有利。
【青単速攻】:《スパイラル・ゲート》《アクア・サーファー》と苦手なバウンスが多く、ブロッカーも小さいので無理に2ターン目に出す必要が無い。

長所

マナブーストコスト軽減で大きめのクリーチャーを運用できる。《クラウド・メイフライ》が使用できるので、軽量ブロッカー《スーパー炎獄スクラッパー》のような火力を無力化できる。

手札補充がそこそこあり、《ビースト・チャージ》《野生設計図》《スナイプ・モスキート》と、変則的であるとはいえ次々と援軍を呼ぶことが出来る。

短所

《アクア・サーファー》《デーモン・ハンド》などのS・トリガーを踏んでしまった場合、通常の【速攻】よりも苦しくなる。3ターン召喚ならばまだ後続に繋げられるので、そう考えれば一概に《フェアリー・ギフト》よりも《幻緑の双月》の方が劣っているとは言えない。

また、《クラウド・メイフライ》マナコスト指定の除去には弱い。《めった切り・スクラッパー》《永遠のジャック・ヴァルディ》《涙の終撃オニナグリ》には簡単に除去される。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:53:04