【ギフト日蓮】

《フェアリー・ギフト》で素早く召喚した《神来のイザナイ 日蓮》光臨ゴッドコスト踏み倒しするデッキ

神来のイザナイ 日蓮 UC 無色 (5)
クリーチャー:オラクル 4000
光臨−自分のターンの終わりに、このクリーチャーがタップされていれば、自分の山札を見る。その中からコスト7以下のゴッドを1体、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

フェアリー・ギフト UC 自然文明 (1)
呪文
このターン、次に召喚するクリーチャー1体のコストを最大3少なくしてもよい。ただしコストは1より少なくならない。

《フェアリー・ギフト》を使ってコスト軽減すれば、最速3ターン目に《神来のイザナイ 日蓮》召喚できる。

《神来のイザナイ 日蓮》光臨が決まれば山札から7マナ以下のゴッドリクルートできる。主に呼び出されるのは《龍神メタル》《聖霊左神ジャスティス》であり、前者はランデス、後者は呪文コスト踏み倒しができる。

主に赤緑無色タッチして組まれ、ランデスで妨害しながら先に殴りきってしまう戦い方となる。

主要カード

火の候補

自然の候補

超次元の候補

このデッキの戦い方

赤緑ギフトの派生デッキなので、戦い方もそれに準じる。

《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》マナブーストした後、《マナ・クライシス》を撃ちこむ。もしくは、《フェアリー・ギフト》から《神来のイザナイ 日蓮》召喚し、召喚酔いが解け次第《日蓮》で攻撃する。

運よく光臨が決まったなら山札から《龍神メタル》リクルートし、更なるランデスを行う。もしくは《聖霊左神ジャスティス》から超次元呪文を唱え、《レッド・ABYTHEN・カイザー》《時空の喧嘩屋キル》を出して打点を稼ぐ。

ランデスを軸にするため、重量級を多用するコントロールには強い。ただし、赤緑で組まれるために長期戦は向かないので、相手がもたついている間に素早く殴りきってしまいたい。

このデッキの弱点

光臨を利用するため、コスト踏み倒しが成功するかはやや不安定。《神来のイザナイ 日蓮》タップするのにシールドブレイクした際に運悪くS・トリガーを踏んでしまうとそこでこちらの戦略が頓挫してしまう。

爆発力を《フェアリー・ギフト》に依存しているため、そちらを引けないと動きが遅くなりがち。その場合の対策も念頭に置くべきだろう。

また、手札補充が少なく息切れしやすい。ブロッカーや軽量除去で時間を稼がれるとその間に形勢を整えられて力負けしやすい。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 23:49:23