【ギャラクシー・デスティニー】

究極進化MAX《超神羅ギャラクシー・デスティニー》フィニッシャーにしたデッキ

超神羅ギャラクシー・デスティニー VR 自然文明 (7)
進化クリーチャー:ガイア・コマンド/ルナーズ・サンガイザー 17000
究極進化MAX−自分の究極進化クリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札を見る。その中からクリーチャーを2体まで選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
T・ブレイカー

大勇者「銀河の誘発(サルタヒコ)」 R 自然文明 (5)
進化クリーチャー:ビーストフォーク/オリジン 5000
進化−自分のビーストフォークまたはオリジン1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から究極進化クリーチャーまたは究極進化MAXクリーチャーを好きな組み合わせで2体まで選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

《大勇者「銀河の誘発」》などの進化クリーチャーから究極進化につなげ、最終的に《超神羅ギャラクシー・デスティニー》によるリクルートによって、1ショットキルを行う。

主要カード

《カラフル・ナスオ》墓地肥やし兼マナゾーンのカード確保
《邪神C・ロマノフ》究極進化墓地呪文唱える
《ルソー・モンテス/法と契約の秤》リアニメイト。S・トリガーはないが進化も墓地から出せる。
《邪神C・ロマノフ》から唱えれば一気に究極進化達成
《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》序盤は妨害に。終盤は《母なる星域》の連射で一気に究極進化MAXを目指す。
《法と契約の秤》からのリアニメイトを狙いたい

候補進化クリーチャー

候補クリーチャー

《光牙忍ソニックマル》cipで《デスティニー》をアンタップする
《光器クシナダ》進化をアンタッチャブル化。《「銀河の誘発」》への進化元としても
《剛力防機シュビルパンチ》6000以上のセイバー。《「銀河の誘発」》への進化元としても
《黙示賢者ソルハバキ》マナ回収要員。《「銀河の誘発」》への進化元としても
《予言者シュウ》最軽量進化元。《「銀河の誘発」》への進化元としても
《変身人形イルルカ》破壊されると墓地進化サーチ。《「銀河の誘発」》への進化元としても
《封魔トリノマンサー》進化召喚するとサルベージ。《「銀河の誘発」》への進化元としても
《貴星虫ヤタイズナ》ターンのはじめに進化リアニメイト
自然
《奇兵の超人》cip進化を2枚サーチ
《化召の術士》クリーチャーの頭数確保に。一気に《ヘビー級ヘビー》を呼び出すことも可能
《クラゲン》cip進化を1枚トップデックへ固定。《「銀河の誘発」》への進化元としても
多色
《腐敗無頼トリプルマウス》中盤の繋ぎ。《「銀河の誘発」》への進化元としても

候補呪文

このデッキの使い方

《大勇者「銀河の誘発」》《神羅ダークネス・ロマノフ》《超神羅ギャラクシー・デスティニー》サーチし、《ロマノフ》→《デスティニー》の順に出していく。

《デスティニー》はアタックトリガークリーチャーを条件なしで2体までリクルートできるため、非常に強力。墓地進化を2体連れてきたり、究極進化を呼んだりと自由自在。
《聖霊王イカズチ》《光牙忍ソニックマル》と組めば連続攻撃が可能なので、1ショットキルも夢ではない。

《ロマノフ》のcipで相手の手札を見て2枚までハンデスできるので、究極進化まで出来れば究極進化MAXまで繋ぎやすい。
ただし、進化クリーチャーを使う都合上、を次々に狙われて何もできなくなるという大きな欠点を抱えている。
特に《大勇者「銀河の誘発」》およびその進化元は、間違いなく除去の標的にされると思っていい。《神羅ダークネス・ロマノフ》を出すためにも、究極進化となる進化クリーチャーは多めに投入しておきたい。

除去の多い相手だと、究極進化を出すことすらままならないこともあるので、《貴星虫ヤタイズナ》や、各種サルベージなどでしっかりリカバリーできるようにしたい。またコスト踏み倒しメタ(特に《洗脳センノー》)の対策も求められる。

裏技として、《邪神C・ロマノフ》《ルソー・モンテス/法と契約の秤》を組ませればバトルゾーンが0の状況からでも究極進化まで繋げることが可能。ただし攻撃中の《邪神C・ロマノフ》を進化元にする都合上、究極進化アタックトリガーを使用できない点には注意。
他の非進化クリーチャーが存在する状態で《サイバー・K・ウォズレック》リアニメイトし、そこから《母なる星域》を2発唱えて究極進化MAXまで進化させる事も可能だが、アタックトリガーを使用できない欠点はそのままなので、できれば《超神羅ロマノフカイザー・NEX》を呼び出したい。

その他

参考