【ギル・ダグラス】

《鎧亜の邪聖ギル・ダグラス》を中核としたコントロールデッキ

鎧亜(がいあ)の邪聖(じゃせい)ギル・ダグラス SR 光/闇文明 (7)
クリーチャー:ロスト・クルセイダー 7000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ロスト・プリズム(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。それが多色カードであれば、手札に加える。
W・ブレイカー
自分がカードを引いた時、そのカードを表向きにする。それが光のカードであれば、そのターン、このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにバトルゾーンにとどまる。それが闇のカードであれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、選ばれたクリーチャーのパワーは-2000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

もしくは白青黒で組まれることが多い。
序盤のドローハンデスから《鎧亜の邪聖ギル・ダグラス》に繋ぎ、《封魔秘宝アバランバ》《雷鳴の守護者ミスト・リエス》などでギル・ダグラスの能力を起動させてアドバンテージを取りつつ、一斉攻撃でフィニッシュとなる。

主要カード

候補カード

《エナジー・ライト》ドローエンジン
《ブレイン・チャージャー》ドローエンジン。重いギル・ダグラスを素早く出すために
《コマンダー・テクノバスター》ドローエンジン
《ラプター・フィッシュ》ドローエンジン
《封魔妖スーパー・クズトレイン》闇のドローエンジン。相手に小型が多ければ連鎖することも
《邪魂創世》闇のドローエンジン。光側の効果でデメリット回避も
《鎧亜の剣邪ミストジアス》光/闇のドローエンジン。多色が多めなら
《プリズム・ブレイン》ドローエンジン。多色が多めなら
《崇高神ケミカル》闇のドローエンジン。多色なので上2つともシナジー
《アポカリプス・デイ》光の全体除去。光側の効果を積極的に狙うなら
《ザ・ストロング・ブレス》闇のドロー付き除去

闇の効果を積極的に使うために、デッキの大半は闇もしくは闇入りの多色であることが多い。
光の効果は少々地味だが、《アポカリプス・デイ》《鎧亜の邪聖ギル・ダグラス》を残して全体除去をしたり、フィニッシュ時にトリガーから出てきた《デーモン・ハンド》を回避できたり、小型スレイヤーを無傷で破壊できたりと、地味にいい働きをする。
光と闇を含む多色なら、当然両方の効果が使える。

優秀なドローエンジンには文明のカードが多いが、水の割合が高くなりすぎるとギル・ダグラスの効果が発揮しづらくなってしまうので、光か闇のドローエンジンを主体にデッキを組みたい。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:00:25