【クラッシュ“覇道”】

《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》《“必駆”蛮触礼亞》コスト踏み倒しで早出ししてビートダウンするデッキの総称。主に新章デュエル・マスターズ双極篇の2ブロック構築環境に存在する。ここでは赤青で組まれる純正構築について説明する。

勝利龍装 クラッシュ“覇道” SR 火文明 (10)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 9000+
B・A・D2
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが破壊された時、タップしていたら、このターンの後で自分のターンをもう一度行う。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。

“必駆”蛮触礼亞 R 火文明 (5)
呪文
B・A・D・S 2(この呪文を、コストを2少なくして唱えてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる))
ビートジョッキーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選ぶ。その2体をバトルさせる。そのターンの終わりに、その出したビートジョッキーを破壊する。

メインカード候補

《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》核となるフィニッシャー
《“必駆”蛮触礼亞》《“覇道”》を早出し
《異端流し オニカマス》色の合う高性能コスト踏み倒しメタ
《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》クリーチャー面は選んだ数字の相手クリーチャー全バウンスのcipを持つ。呪文面は選んだ数字のクリーチャーの召喚と選んだ数字の呪文を唱えることを禁止
《南海の捜索者 モルガラ/トリプル・ブレイン》ドローソース 相手に応じて上面でのラスト・バーストを狙う
《ドンドン吸い込むナウ》汎用除去、汎用サーチ
《終末の時計 ザ・クロック》の定番の防御S・トリガー

サブカード候補

《“罰怒”ブランド》相手の《オニカマス》が邪魔な時のサブフィニッシャー
《ダチッコ・チュリス》《“罰怒”》プランに利用できる
《“乱振”舞神 G・W・D》刻みながら相手をバトルで破壊できる、手札の減らない汎用除去。《ダチッコ》で1コストまで軽減できるのでマスターB・A・D元にもなる
《“末法”チュリス》打点補強に有用
《唸る鉄腕 ギリガザミ》逆転SST
《ゴリガン砕車 ゴルドーザ/ダイナマウス・スクラッパー》クリーチャー面は無条件SA2打点
《“轟轟轟”ブランド》マスターG・G・Gによりノーコストで打点補強

このデッキの回し方

2ターン目に《異端流し オニカマス》を立て、3ターン目に《“必駆”蛮触礼亞》から《勝利龍装 クラッシュ“覇道”》を呼び出し、そのままビートダウンするのが理想。

相手の《異端流し オニカマス》がある場合は《“罰怒”ブランド》による1ショットキルを目指す。

長所・短所

破壊以外の除去を持たない【デ・スザーク】に対しては滅法強い。【デ・スザーク】程度であれば邪魔なブロッカーも《“乱振”舞神 G・W・D》で十分退かせる。というより、手札が良ければ《“乱振”舞神 G・W・D》を連打するだけで【デ・スザーク】側のクリーチャーを一方的に処理し続けられることも。

一方、《奇石 ミクセル》を出されると勢いが鈍る。《奇石 ミクセル》はマナゾーンの枚数を参照する方式のコスト踏み倒しメタなので、《異端流し オニカマス》と異なり召喚であろうとなかろうと反応する条件さえ満たせば規制されてしまう。

サンプルレシピ

DMGP-7th」ベスト8
リストはタカラトミー公式テキストカバレージより

環境において

新章デュエル・マスターズと双極篇の2ブロック構築というフォーマットで開催された「デュエル・マスターズグランプリ-7th」ではベスト32進出者における使用率1位のデッキとなった。【クラッシュ“覇道”】はベスト32進出者中8人が使用していたが、その内派生形の【チェンジザ覇道】の使用者が6人となっていた。

純正構築は同大会ベスト8の結果を残している。

参考


Last-modified: 2018-12-11 (火) 13:38:39