【クリスティ・ゲート】

デーモン・コマンド」のコストを踏み倒す《クリスティ・ゲート》を主軸にしたデッキ。

主に《偽りの羅刹 アガサ・エルキュール》を出してさらなる展開も狙っていく。

クリスティ・ゲート P 光文明 (3)
呪文
S・トリガー
自分のシールドをひとつ見る。その中から、進化ではない光のデーモン・コマンドを1体、バトルゾーンに出してもよい。
カードを1枚引く。

偽りの羅刹(コードファイト) アガサ・エルキュール P 光文明 (9)
クリーチャー:デーモン・コマンド/アンノウン 13500
相手がクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドをすべて見て、その中から進化ではないデーモン・コマンドを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。
相手が呪文を唱えた時、自分のシールドをすべて見て、その中から呪文を1枚選び、コストを支払わずに唱えてもよい。
T・ブレイカー

主要カード

《クリスティ・ゲート》で呼ぶ候補

光の候補

水の候補

闇の候補

自然の候補

その他

主に白青黒または白黒緑で組まれる。【ドロマー超次元】【ネクラ超次元】の基盤が使用されることが多い。

《音感の精霊龍 エメラルーダ》《エメラル》《アクア・スーパーエメラル》または《超次元ホワイトグリーン・ホール》などで出したいデーモン・コマンドシールドに仕込み、《クリスティ・ゲート》コスト踏み倒しを狙っていく。

《クリスティ・ゲート》を使う場合、シールドを確認するなどの手間がかかるが4ターン目前後で《偽りの羅刹 アガサ・エルキュール》が出れば一気に優位に立てるだろう。

ただし、うまく《クリスティ・ゲート》を使えなかった場合、重量級手札にだぶついてしまって動きが緩慢になる。そのため、基本はマナブーストコスト軽減から普通に召喚していくことを狙い、隙あらば《クリスティ・ゲート》を使っていくと安定したデッキになりやすい。

《凍結の魔天ダイイング・メッセージ》《悪魔聖霊アウゼス》《偽りの羅刹 アリバイ・トリック》と相性がいいので、そちらを中心に考えていくといいだろう。

デーモン・コマンドのもの比べるとやや重めなので、マナコストを何とかする方法は念頭に入れたい。


その他

  • 《アガサ・エルキュール》は9マナと重いので、主軸にするならば《クリスティ・ゲート》を引けなかった場合の対応をしっかりと考慮すべきだろう。もっとも、運良く出せれば十分という認識の方が安定しやすい。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:16:09