【グレイテスト・シーザー】

強力なナイト進化V《暗黒皇グレイテスト・シーザー》コンセプトにしたデッキ

暗黒皇グレイテスト・シーザー SR 闇/火文明 (6)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 13000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
進化V−自分のナイト・クリーチャーまたはドラゴンのいずれか2体を重ねた上に置く。
このクリーチャーか攻撃する時、自分の墓地にある闇または火の呪文を、コストの合計が7以下になるように好きな枚数選び、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、その呪文を好きな順序で自分の山札の一番下に置く。
T・ブレイカー

《暗黒皇グレイテスト・シーザー》攻撃時に7マナ以下になるように呪文を好きなだけ墓地から唱えることができる。

《邪眼皇ロマノフI世》と異なりあらかじめ墓地を肥やす必要があるが、進化なので召喚酔い無しで攻撃でき、さらにコスト踏み倒しの手段が少ない7マナの呪文を唱えることができる。

2体の進化元を要求する進化Vだが、条件は緩いので進化はしやすい。自身のを中心に、そこに自然を加えた青黒赤黒赤緑で組まれることが多い。

白青黒タッチした構成も可能。

主要カード

踏み倒す呪文の候補

墓地肥やしの候補

《戦略のD・H アツト》cipで2枚引いて2枚捨てる
《プライマル・スクリーム》4枚捨てて1体回収
《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》3枚捨てて1体回収
《白骨の守護者ホネンビー》cipで3枚捨てて1体回収
《ダンディ・ナスオ》山札かあら1枚落とす
《カラフル・ダンス》マナゾーンから5枚落とす
《ブレイン・タイフーン》3枚引いて1枚捨てる
《怒りの赤髭 ゴセントラス/目覚めし鋼牙のブレイン》5枚引いて3枚捨てる
《暗黒鎧 キラード・アイ》cipで4枚捨てる、シーザーを墓地から召喚出来る上自らも進化元になれる。
《神滅翔天ポッポ・ジュヴィラ》フェニックスではないので墓地から進化は出来ないが、cipで3枚捨て軽量の進化元として優秀。

クリーチャーの候補

超次元の候補

主に4つの型に分けられる。

ナイト型

軽量ハンデス呪文コントロールしながらナイトクリーチャーを並べ、そこから進化する。
《エナジー・ライト》《魔弾オープン・ブレイン》ドローし、《ゴースト・タッチ》《魔弾バレット・バイス》などのハンデス呪文を連打して相手をコントロール

手札に加えた《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》をそのままG・ゼロで出せるので、進化元の確保もしやすい。墓地に落ちた呪文《魔光帝フェルナンドVII世》コスト軽減に利用したり、《暗黒皇グレイテスト・シーザー》で再利用する。

《氷牙フランツI世》から超次元呪文唱えるなど、サイキック・クリーチャーの扱いにも長ける。使い終わった《勝利のガイアール・カイザー》進化元に使える。

《崩壊と灼熱の牙》型

《暗黒皇グレイテスト・シーザー》能力《無限掌》《崩壊と灼熱の牙》《一撃必殺のロックオン》(《フル・コマンド》)を使って、相手のマナシールドを焼きつくすタイプ。

黒赤緑か、青黒赤自然タッチして組まれる。

あらかじめ墓地に上で上げた3枚を落としておき、《シーザー》に進化して一気に使用する。パワー13000未満の相手クリーチャーを一気に全滅させ、マナシールドを奪い尽くすことが可能。

ただし、コンボパーツが多いので事故率も高め。
うまく墓地呪文を落とせなかった場合でも柔軟に立ち回れるようにしたい。

ドラゴン・ゾンビ型

リアニメイトした《黒神龍グールジェネレイド》などを進化元にして、《暗黒皇グレイテスト・シーザー》進化

《邪龍秘伝ドラゴン・ボーン》を繰り返し唱えることで《偽りの名 ヤバスギル・スキル》などの大型ドラゴン・ゾンビを次々に展開していく。

ファンキー・ナイトメア型

ナイトとしても扱えるファンキー・ナイトメアを使い、各種マナ武装ドラグハートを活用する。《滅殺刃 ゴー・トゥ・ヘル》リアニメイトしたファンキー・ナイトメア進化元にしていく。

【黒単コントロール】風にして《爆弾魔 タイガマイト》《魔狼月下城の咆哮》などのマナ武装を利用することも可能。

このデッキの弱点

墓地肥やし呪文を多用するデッキなので、当然それらのメタには弱い。

呪文の天敵には《光神龍スペル・デル・フィン》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》《偽りの王 ナンバーナイン》などがおり、それらを出されるだけでかなり苦しい展開となる。

また、墓地のカードを山札に埋める《時空の封殺ディアス Z》《サイバー・N・ワールド》《お清めトラップ》も苦手であり、せっかく墓地カードを貯めても無駄になってしまう。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-19 (月) 18:40:45