【グレンモルトビートダウン】

ドラグナーである《龍覇 グレンモルト》を出し、《熱血星龍 ガイギンガ》龍解を狙うビートダウンデッキの総称。DMR-13で登場するや、瞬く間にメタゲームの一角にのぼりつめた。

龍覇 グレンモルト R 火文明 (6)
クリーチャー:ヒューマノイド爆/ドラグナー 4000+
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト2以下のドラグハート1枚、または、コスト4以下の火のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
バトル中、このクリーチャーのパワーは+3000される。

銀河大剣 ガイハート ≡V≡≡V≡ 火文明 (4)
ドラグハート・ウエポン
これを装備したクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。
龍解:自分のクリーチャーが攻撃する時、そのターン2度目のクリーチャー攻撃であれば、攻撃の後、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 
龍解後⇒《熱血星龍 ガイギンガ》

熱血星龍 ガイギンガ ≡V≡≡V≡ 火文明 (7)
ドラグハート・クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 9000+
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが龍解した時、相手のパワー7000以下のクリーチャーを1体破壊する。
バトル中、このクリーチャーのパワーは+4000される。
相手がこのクリーチャーを選んだ時、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
龍解前⇒《銀河大剣 ガイハート》

《龍覇 グレンモルト》からの《熱血星龍 ガイギンガ》を勝ち筋とするため、文明をデッキの中心とし、サポートに他の文明を入れる形となる。デッキカラーは//自然が主流だが、【白黒オール・イエス】文明を混ぜたり、【ラムダビート】赤青ヤヌスビート?《龍覇 グレンモルト》を投入したりと、既存のデッキタイプ《龍覇 グレンモルト》《熱血星龍 ガイギンガ》を投入する亜種も多く、構成は多種多様である。

ここでは、主流となっている黒赤緑タイプのものを解説する。


黒赤緑型

解体人形ジェニー C 闇文明 (4)
クリーチャー:デスパペット 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の手札を見てその中から1枚選び、捨てさせる。

腐敗無頼トリプルマウス C 闇/自然文明 (5)
クリーチャー:ゴースト/ビーストフォーク 2000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。その後、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

文明ハンデス自然文明マナブースト、各種超次元呪文で主導権を取りつつ、《龍覇 グレンモルト》を召喚し、《熱血星龍 ガイギンガ》龍解を狙う。
《解体人形ジェニー》《腐敗無頼トリプルマウス》《天真妖精オチャッピィ》など優秀なcip持ちクリーチャーを並べることで、アドバンテージを取りつつ《熱血星龍 ガイギンガ》龍解条件を満たすことができる。

主なデッキパーツ

《フェアリー・ライフ》2コストマナブースト
《霞み妖精ジャスミン》
《フェアリー・ギフト》コスト軽減
《青銅の鎧》マナブーストクリーチャー
《天真妖精オチャッピィ》マナブーストクリーチャー 奇襲にも
《腐敗無頼トリプルマウス》ブースト & ハンデス
《鳴動するギガ・ホーン》《龍覇 グレンモルト》サーチ
《絶叫の影ガナル・スクリーム》
《ライフプラン・チャージャー》
《解体人形ジェニー》ピーピングハンデス
《ウソと盗みのエンターテイナー》コスト踏み倒しメタ
《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》自軍にスレイヤースピードアタッカー付与 殿堂入り
《希望の親衛隊ファンク》サイキックメタ
《未知なる弾丸 リュウセイ》ビッグマナへのメタ
《神聖麒 シューゲイザー》キリューと合わせて1ショットキル
《デーモン・ハンド》S・トリガー除去
《地獄門デス・ゲート》S・トリガー除去 & リアニメイト
《復活と激突の呪印》
《モエル 鬼スナイパー》S・トリガー除去 同系に
《逆転王女プリン》S・トリガーで相手をタップ シューゲイザーとセット
《超次元ムシャ・ホール》除去 & サイキック呼び出し
《超次元ボルシャック・ホール》
《超次元ミカド・ホール》
《超次元ガイアール・ホール》主にキル + リュウセイ
《次元流の豪力》主に《勝利のリュウセイ・カイザー》を出す
《カモン・ピッピー》

サイキック・クリーチャー

サンプルレシピ

「デュエル・マスターズ グランプリ-1st 」3位
レシピは当プレイヤー本人のTwitterより
構築は【ギフトカモン】に寄せたものとなっている

メインデッキ

超次元ゾーン


轟轟轟モルト

【グレンモルトビートダウン】を《“轟轟轟”ブランド》マスターG・G・Gに寄せた構築。

《“轟轟轟”ブランド》コンセプト
《ルソー・モンテス/法と契約の秤》主にクリーチャー面でハンデスとディスカードを行い、1打点を作りつつマスターG・G・Gに近付く。呪文面は狙ってリアニメイトするのに使う訳ではないが、ハンデスのケアなどにはなる
《夜更人形ジェニコ》5枚目以降の《ルソー・モンテス》
《大冒犬ヤッタルワン》手札からマナブーストしてクリーチャーが残る。《ベル・ザ》の進化元にも
《シビレアシダケ》
《幻緑の双月》
《ベル・ザ・エレメンタル》ビートダウン、マナブースト要因

序盤からハンデスやマナブーストによって手札を激しく消費し、《“轟轟轟”ブランド》の早出しを狙う。《龍覇 グレンモルト》は詰めに使い早期ビートダウンは他のクリーチャーに任せるのが特色。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:39:50