【ゴクガサイクル】

《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》の効果で呪文を何度も唱え、《次元の嵐 スコーラー》エクストラターンを得て、《水上第九院 シャコガイル》を出して勝利するデッキ。

龍装艦 ゴクガ・ロイザー SR 水文明 (6)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ムートピア 4000
ブロッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。
呪文の効果によって相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。
呪文を自分の手札から唱えた時、その呪文を、墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。
次元の嵐 スコーラー SR 水文明 (11)
クリーチャー:ムートピア/スペシャルズ 11000
G・ゼロ:このターン中に自分の呪文を5枚以上唱えていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、それがこのゲーム中にバトルゾーンに出した最初の《次元の嵐 スコーラー》なら、このターンの後で自分のターンをもう一度行う。
水上第九院 シャコガイル SR 水文明 (9)
クリーチャー:ムートピア 13000
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加え、シャッフルする。
相手のターンのはじめに、カードを5枚引き、その後、自分の手札を3枚捨てる。
自分の山札の最後の1枚を引く時、ゲームに負けるかわりに勝つ。

主要カード

カード名役割
《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》手札から唱えた呪文を墓地からもう一度唱えることができる
《次元の嵐 スコーラー》呪文を5回以上唱えていればG・ゼロで出すことができる。召喚で出した場合エクストラターンを得る
《水上第九院 シャコガイル》フィニッシャー

候補カード

カード名役割
《桜風妖精ステップル》マナブーストが出来るスノーフェアリー
《天真妖精オチャッピィ》
《妖精の裏技ラララ・ライフ》スノーフェアリーがいるとG・ゼロで唱えることができる
《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》ブーストとマナ回収。クリーチャー面はほとんど使わない
《セイレーン・コンチェルト》マナ回収
《未来設計図》サーチ
《ドンドン吸い込むナウ》サーチとバウンス
《超宮兵 マノミ》デッキのコンセプトと相性がいいドローカード
《セブンス・タワー》《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》がいると大量にマナを増やすことができる
《再誕の社》
《フェアリー・ギフト》《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》の早出し手段
《光牙忍ハヤブサマル》防御札
《光牙忍ライデン》
《逆転のオーロラ》盾落ちケア。1回目ですべてシールド回収するので実質的に《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》では増幅されない
《Dの花道 ズンドコ晴れ舞台》《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》をDスイッチで出す。出したターンから呪文を唱え始めることが出来るので、ロスがなくなる。クリーチャーが場に出るとブースト出来るのも強力

概要

最初に《桜風妖精ステップル》《天真妖精オチャッピィ》《妖精の裏技ラララ・ライフ》《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》などのマナブーストカードでブーストをして、《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》を場に出す。《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》の効果を使って何度もマナブースト呪文を唱え、自分の山札を削りつつ《次元の嵐 スコーラー》エクストラターンを得て《水上第九院 シャコガイル》を出すのが基本的な動き。

《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》が出ている状態でないと《次元の嵐 スコーラー》を出しづらく、呪文を唱えて山札を削ることも厳しいため、除去されたり、引けなかったりすると非常に苦しい展開になる。そのためサーチ系のカードが投入されている。

《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》が場にいれば《セブンス・タワー》《再誕の社》《妖精の裏技ラララ・ライフ》《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》などは非常に強力なパワーカードになる。

終盤は《セイレーン・コンチェルト》などでマナに置かれてしまった《次元の嵐 スコーラー》《水上第九院 シャコガイル》を回収する。たった1コストで、マナ回収をしつつ《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》が場にいる分だけ、マナをアンタップできるようなものなので非常に強力で、《妖精の裏技ラララ・ライフ》などを回収してG・ゼロで唱えることによりアンタップしているマナを作るサポートも出来る。

長所

上手く回ると4ターンで安全に《水上第九院 シャコガイル》エクストラウィンを達成できるので、速度とフィニッシュの安全の高さの総和は相当なものがある。

マナブーストマナ回収サーチなどリソース確保手段は山ほどあるため、ここぞという時に殿堂入りカードを使うことが簡単にできる。

ハンデスに関しては、残った手札を使ったマナ回収などでケアできるケースもあるので、一概に苦手とは言い切れない。

短所

マナブースト呪文を多く採用しているため、《勝利のリュウセイ・カイザー》などのマナタップインをするクリーチャーがいると動きにくくなる。

呪文中心のコンボデッキなので、呪文メタには脆弱。

動き初める前に使う純粋なドローソースに乏しくまでにそれほどハンドアドバンテージを稼げるわけではないため、無計画に最序盤から手札を消費すると後が続かないことも。

《堕魔 ドゥスン》採用型の【デ・スザーク】などはハンデス、除去、呪文メタが揃っているため非常に面倒。

しかし何と言っても《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》がバトルゾーンに出られない状況が一番キツイ。3ターンキルが当たり前の【速攻】系統は苦手で、とりわけ召喚ロック速攻を両立する【成長ミラダンテ】は圧倒的不利。

参考


Last-modified: 2019-01-17 (木) 02:15:51