【ゴッド・ノヴァ】

種族としてのゴッド・ノヴァ→ゴッド・ノヴァ

各種ゴッド・ノヴァバトルゾーン制圧して勝利するデッキ

既存のゴッドとの違いは、リンク対象が非常に多く、中央G・リンクによってリンク時の能力を連打できることである。

イズモ UC 無色 (5)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァ/オラクル 5000+
中央G・リンク(このクリーチャーまたは他のゴッドをバトルゾーンに出す時、自分の好きな数のゴッドからカードを1枚ずつリンクを外してもよい。その後、このクリーチャーを「右G・リンク」または「左G・リンク」とあるゴッドにリンクしてもよい)

妖精左神パールジャム UC 無色 (6)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァ/スノーフェアリー 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
W・ブレイカー
左G・リンク
このクリーチャーがリンクしている時、このクリーチャーはシールドをさらに1枚ブレイクする。

悪魔右神ダフトパンク VR 無色 (7)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァ/デーモン・コマンド 8000+
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト6以下の無色クリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
W・ブレイカー
右G・リンク(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、「中央G・リンク」または「左G・リンク」を持つゴッドの右側にリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)をすべて持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時は、その中の1枚を選ぶ)

ゴッドが、特定の名前を持つ1〜2体程度としかリンクできなかったのに対し、こちらは中央の、それぞれ対応する能力を持っているクリーチャーであればカード名に縛られずリンクできるため、好みに応じてリンク対象を選ぶことができる。
また無色である為出しやすくどの文明とでも組めることが特徴。

出す手段も非常に豊富で様々なデッキタイプが考えられる。

ゴッド・ノヴァ無色に、マナブースト自然を加えて組まれることが多い。

中央G・リンクの候補

《神人類 ヨミ》召喚時3枚ドロー。フィニッシュに
《イズモ》最軽量ゴッド・ノヴァ。リンク時能力使い回しに
《超神類 イズモ》召喚墓地からシールド追加
《無法神類 G・イズモ》呪文封印。3体リンク除去されない
《「黒幕」》召喚時全ハンデス。3体リンクで全体ブレイク
《神の子 イズモ》3体リンクリンクしているゴッドがすべてアンタッチャブル+Q・ブレイカー
《名も無き神人類》中央G・リンク360で万能リンク

左神の候補

右神の候補

《戦攻右神マッシヴ・アタック》cipリンク時にドロー
《悪魔右神ダフトパンク》コスト6以下の無色クリーチャーをリアニメイト
《真滅右神ジーザス・メリーチェーン》バトル勝利時に相手1体を破壊、リンクしていればさらに1枚サルベージ
《真滅右神ブラー》バトル勝利時自分ドロー、相手ハンデス
《双天右神クラフト・ヴェルク》攻撃時にシールド補充。リンクしていれば1ドローして手札から仕込む
《爆裂右神ストロークス》cipリンク時に3000火力。リバティーンズと組み合わせたい
《霊騎右神ニルヴァーナ》cipリンク時にタップ。タップキルに
《邪眼右神ニューオーダー》攻撃時に無色呪文を唱える

相性のいいカード

その他

このデッキの戦い方

無色ゴッド・ノヴァを中心に、自然マナブーストを加えて組まれる。無色が多くなるので、《フェアリー・クリスタル》での2枚ブーストが狙いやすい。

通常のG・リンクとは異なり、ゴッド・ノヴァは特定のリンク対象が決まっておらず、中央G・リンクによってリンクの付け外しができるので、リンクした時の能力を何度も発動できる。

これを利用し、《妖精左神パールジャム》マナブーストしたり、《戦攻右神マッシヴ・アタック》ドローを繰り返してアドバンテージを得る。

増えたマナは《神誕の大地ヘラクレス》《ピクシー・ライフ》マナ回収したり、《ゴッド・サーガ》で直接踏み倒してやるといい。

墓地肥やしの後《悪魔右神ダフトパンク》リアニメイトするのも有効。

中央G・リンクの候補としては、5マナ《イズモ》が最も使いやすい。他には《神人類 ヨミ》で守りを固めたり、《「黒幕」》で全ハンデスを狙うことができる。

別の戦略としては、《神聖牙 UK パンク》カード名を得た《名も無き神人類》《トンギヌスの槍》アタック・チャンスを起動することもできる。《邪眼右神ニューオーダー》墓地に落ちた無色呪文を再度唱えれば相手の場をボロボロにできるだろう。

選択肢は多いので、様々なデッキを組むことができる。
大型のゴッド・ノヴァを中心に構成されるので安定して戦うことができるのは利点だろう。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 01:26:40