【サードニクスビートダウン】

《魔魂葬のサードニクス》の味方クリーチャーを巻き込む豪快なアタックトリガーでアドバンテージを稼ぐデッキ。

魔魂葬のサードニクス  SR 光/闇/火文明 (5)
クリーチャー:スピリット・クォーツ 1000+
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。そのターン、このクリーチャーのパワーは破壊したクリーチャー1体につき+3000され、破壊したクリーチャーの数だけシールドを追加でブレイクする。
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

《魔魂葬のサードニクス》の自分のクリーチャーを破壊するというアタックトリガーの性質上、基本的にpig持ちのクリーチャーを破壊することでアドバンテージを稼ぐことになる。
また、《魔魂葬のサードニクス》の能力はアタックトリガーである為に能力の発動が遅く、素のパワーが1000と低く非常に除去耐性が低いので《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》の能力でスピードアタッカー化してすぐに殴るのが基本となるだろう。
相手のシールドに《ローズ・キャッスル》が要塞化されている場合、《魔魂葬のサードニクス》は即座に破壊されてしまうためパワーアップでそれを補える《激相撲!ツッパリキシ》との相性は良い。
さらに《激相撲!ツッパリキシ》は「次元院サイク」や《天下統一シャチホコ・カイザー》pigなどでバトルゾーンに出すことが出来るので《魔魂葬のサードニクス》アタックトリガーともシナジーを形成する。
《魔魂葬のサードニクス》アタックトリガー破壊するクリーチャーであらかじめ攻撃を行なってから《魔魂葬のサードニクス》のアタックトリガーで破壊すると一石二鳥だが、相手のブロッカー《威牙忍ヤミノザンジ》などのシノビ《魔魂葬のサードニクス》除去されてしまう場合もあるのでタイミングはしっかりと見計らいたいところ。
また、せっかくクリーチャーを破壊してパワーアップしても相手のブロッカーにブロックされてしまっては非常に痛い。この点はタップ系のカードを採用したり、文明を追加することで克服できるが、水文明を追加するとデッキの文明が4つ以上になることを強いられるので色事故には気を付けたい。

デッキの自由度は高いが、《魔魂葬のサードニクス》自身のカードパワーがやや低いのが難点。やはり愛と経験が試されることになるだろう。

主要カード

《魔魂葬のサードニクス》このデッキのコンセプト
《時空の戦猫シンカイヤヌス》サードニクスをスピードアタッカーに
《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》
《激相撲!ツッパリキシ》サードニクスのパワーを底上げする
《勝利のプリンプリン》下記のサイキック・クリーチャーを出すカードと強力なシナジー

候補カード

《天下統一シャチホコ・カイザー》pigでサイキック・クリーチャーを出す
《次元院のヤヌス・クロウラー》
などの次元院サイクル
《活性電士エナジオン》pigでサードニクスをアンタップして再攻撃
《ドスコイ・イチバンボシ》cip及びpigでサードニクスのブレイク数増加+ブロックされなくする
《霊騎コルテオ》S・トリガー持ちクリーチャー
《アクア・サーファー》
《火焔タイガーグレンオー》
《青銅の鎧》マナブースト持ちクリーチャー
《霞み妖精ジャスミン》
《熱湯グレンニャー》手札補充持ちクリーチャー
《時空の守護者ジル・ワーカ》pigで相手クリーチャーをタップ
《予言者ファルシ》pigで呪文回収
《飛行男》pigでハンデス
《恐劇人形ワラニン》
《暗闇に潜む者バット・ドクター》pigで墓地回収
《超次元サプライズ・ホール》S・トリガーでシンカイヤヌスを出す
《超次元ブルーホワイト・ホール》シールド追加or全体をブロックされなくする
《超次元ホワイトグリーン・ホール》シールド追加orマナ回収
《超次元の手ブルー・レッドホール》全体をブロックされなくする+パワーアップ
《マイキーのペンチ》サードニクスをスピードアタッカーに。ヤヌスとは一長一短

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 00:16:32