【サードニクスビートダウン】

《魔魂葬のサードニクス》の味方クリーチャーを巻き込む豪快なアタックトリガーでアドバンテージを稼ぐデッキ。

魔魂葬のサードニクス  SR 光/闇/火文明 (5)
クリーチャー:スピリット・クォーツ 1000+
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。そのターン、このクリーチャーのパワーは破壊したクリーチャー1体につき+3000され、破壊したクリーチャーの数だけシールドを追加でブレイクする。
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

《魔魂葬のサードニクス》の自分のクリーチャーを破壊するというアタックトリガーの性質上、基本的にpig持ちのクリーチャーを破壊することでアドバンテージを稼ぐことになる。
また、《魔魂葬のサードニクス》の能力はアタックトリガーである為に能力の発動が遅く、素のパワーが1000と低く非常に除去耐性が低いので《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》の能力でスピードアタッカー化してすぐに殴るのが基本となるだろう。

《魔魂葬のサードニクス》本来のパワーの低さをパンプアップで引き上げ、火力等への耐性をあげることができる《激相撲!ツッパリキシ》との相性は良い。
さらに《激相撲!ツッパリキシ》《次元院のヤヌス・クロウラー》をはじめとする「次元院」サイクルpigや、《天下統一シャチホコ・カイザー》能力などでバトルゾーンに出すことが出来るので、《魔魂葬のサードニクス》アタックトリガーともシナジーを形成する。

また、せっかくクリーチャー破壊してパワーアップしても、相手のブロッカーブロックされてしまっては非常に痛い。ブロッカーをタップしたり、《サードニクス》にアンブロッカブル付与したり、あるいは適宜除去を行うことで対処することが考えられる。

デッキの自由度は高いが、《魔魂葬のサードニクス》自身のカードパワーがやや低いのが難点。やはり愛と経験が試されることになるだろう。

《暴走龍 5000GT》には要注意。ほぼすべてのクリーチャーが影響を受けてしまう。

主要カード

《魔魂葬のサードニクス》このデッキのコンセプト
《時空の戦猫シンカイヤヌス》《サードニクス》をスピードアタッカーに
《時空の戦猫ヤヌスグレンオー》
《激相撲!ツッパリキシ》《サードニクス》のパワーを底上げする
《勝利のプリンプリン》下記のサイキック・クリーチャーを出すカードと強力なシナジー

候補カード

《天下統一シャチホコ・カイザー》pigでサイキック・クリーチャーを出す
《次元院の研究員ピーカプ・ヤヌス》
《次元院のヤヌス・クロウラー》
などの「次元院」サイクル
《活性電士エナジオン》pigで《サードニクス》をアンタップして再攻撃
《ドスコイ・イチバンボシ》cip及びpigで《サードニクス》のブレイク数増加+ブロックされなくする
《霊騎コルテオ》S・トリガー持ちクリーチャー
《アクア・サーファー》
《火焔タイガーグレンオー》
《青銅の鎧》マナブースト持ちクリーチャー
《霞み妖精ジャスミン》
《熱湯グレンニャー》手札補充持ちクリーチャー
《時空の守護者ジル・ワーカ》pigで相手クリーチャーをタップ
《予言者ファルシ》pigで呪文回収
《飛行男》pigでハンデス
《恐劇人形ワラニン》
《暗闇に潜む者バット・ドクター》pigで墓地回収
《超次元サプライズ・ホール》S・トリガーで《シンカイヤヌス》を出す
《超次元ブルーホワイト・ホール》シールド追加or全体をブロックされなくする
《超次元の手ブルー・レッドホール》全体をブロックされなくする+パワーアップ
《マイキーのペンチ》《サードニクス》をスピードアタッカーに。《ヤヌス》とは一長一短

参考