【サイクリカランデス】

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》の能力でランデス呪文を使い回すコントロールデッキ。主に//自然の三色を基本とするが、2017年の秋以降を加えて環境に対応したタイプもよく見かける。

龍素記号Sr(エスアール) スペルサイクリカ SR 水文明 (7)
クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト7以下の呪文を1枚、自分の墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。そうした場合、唱えた後、墓地に置くかわりに自分の手札に加える。
W・ブレイカー
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分の山札の一番下に置く。

焦土と開拓の天変 UC 火/自然文明 (5)
呪文
マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。
相手のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。その後、自分の山札の上から1枚目を、自分のマナゾーンに加える。

概要

2コストマナブーストカードから《マナ・クライシス》《焦土と開拓の天変》《龍素記号Sr スペルサイクリカ》と繋ぐムーヴを理想的としているため、可能な限り単色のカードデッキを構成することが望ましい。

デッキコンセプトは、ランデス呪文超次元呪文で相手の妨害をし、《龍素記号Sr スペルサイクリカ》で更なるアドバンテージを得て大型フィニッシャー《ヴォルグ・サンダー》でのライブラリアウトに繋げるというもの。ランデスの手段は《マナ・クライシス》《焦土と開拓の天変》など、ランデスデッキではお馴染みのカードが多い。

フィニッシュ手段はデッキによるが、超次元クリーチャーを並べて打点を揃えたり、安易に盤面を制圧できるゼニスを採用したりする。

を混ぜる場合は、《英知と追撃の宝剣》《ガンヴィート・ブラスター》など強力呪文の投入が可能。殿堂入り呪文である《英知と追撃の宝剣》《龍素記号Sr スペルサイクリカ》で使い回して毎ターン撃つことができれば、もはや勝ったも同然である。更に、《偽りの王 ヴィルヘルム》を採用することによって、場に干渉しながらランデスを継続したり、ゼニスに繋げることが可能である。

D2フィールドの登場以降、ランデスを継続しやすくするためのドローソースと、薄かった盾受けを補うべく《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》が採用されるようになった。《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《パクリオ》などを手札に戻しながら超次元クリーチャーを展開でき、防御札の役割をも果たせるようになった《超次元ガロウズ・ホール》、確定除去やコスト5以下のカードを一掃できる《テック団の波壊Go!》などと相性がよい。

DMR-13《龍素記号Sr スペルサイクリカ》が登場して以来、環境で有力なデッキの一つとなった。強力な呪文が登場するたび《龍素記号Sr スペルサイクリカ》が強化されていくため、将来性も充分と言える。

主要カード

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》コンセプト 呪文の再利用
《マナ・クライシス》ランデス呪文 サイクリカで使い回す
《焦土と開拓の天変》

候補カード

闇を採用する際の候補カード

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:54:23