【サイバー青単】

種族サイバーを持つクリーチャーを主力にした【青単速攻】神化編環境からエピソード2環境にかけて活躍したデッキ。

エンペラー・ティナ C 水文明 (1)
進化クリーチャー:サイバーロード/オリジン 4000
ブロッカー
進化−自分の「サイバー」と種族にあるクリーチャーまたはオリジン1体の上に置く。

パラダイス・アロマ C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバー・ウイルス 2000
G・ゼロ−バトルゾーンにサイバーロードが1体でもあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
※殿堂入り

主力種族サイバーロードサイバー・ウイルス
神化編サイバー種族から進化する有能な軽量進化クリーチャーである《エンペラー・ティナ》《エンペラー・ヒミコ》《アストラル・ラッシュ》《エンペラー・マリベル》が登場。

進化速攻のしやすいこれら進化クリーチャーを主力とする。
また、エピソード2で登場した《エンペラー・ベーシックーン》《トロン》を搭載したタイプも存在する。

基本的な構成

サイバーロードの候補

サイバー・ウイルスの候補

その他の種族

進化の候補

その他

基本的な戦法

《海底鬼面城》をはじめとしたドローソース手札を確保しながら進化速攻を繰り返す。【速攻】の中ではやや遅く、中速に分類されることもあるが、手札補充が可能な分粘り強く戦うことができる。青単で組まれることから《ストリーミング・シェイパー》も使用可能。

進化元《マリン・フラワー》《トロン》《エメラル》《チェレンコ》《電磁封魔ロッキオ》《電磁王機ピッコリ・コイルンガー》《電磁封魔ルチアーノ》《パラダイス・アロマ》等を基本とする。

20枚以上投入できる2コスト以下のサイバーロードからアロマを出すことにより、殴り手の数で大きくリードすることができる。《エンペラー・ティナ》進化させ、たった1コストでの疑似スピードアタッカーにするなど、フレキシブルなビートダウンが可能。

と、これらの戦術が強力であったのはエピソード2環境までであり、【サイバー青単】のパワー、打点、展開力では革命編環境以降の真剣勝負ではほぼ通用しない。

その他


【サイバー青単】の変遷

極神編《エンペラー・マルコ》が登場すると、青単で組まれた【マルコビート】が組まれる。だが、青赤緑で組まれたタイプの方が安定性が高く、次第に取って代わられていった。

主な活躍の場は神化編である。
DM-32《電磁封魔ロッキオ》《電磁王機ピッコリ・コイルンガー》などの進化元《エンペラー・ティナ》《アストラル・ラッシュ》などの進化クリーチャーが登場したことで成立。

基本セットから闘魂編環境で名をはせた《アストラル・リーフ》を組みこんだ新たな青単として台頭を始める。《パラダイス・アロマ》G・ゼロ《海底鬼面城》でのドローを武器に神化編環境で頭角を現し、【黒緑速攻】と並ぶ【速攻】デッキとして活躍した。

DM-34では《エンペラー・マリベル》《電磁封魔ルチアーノ》が登場し、更に強化された。

神化編環境で暴れたこのデッキタイプだったが、2010年5月15日で主要なパーツであった《スパイラル・ゲート》《パラダイス・アロマ》殿堂入りとなり、弱体化する。

覚醒編では《アクア・ジェスタールーペ》を獲得し、そちらを使ったタイプも見られたが、エピソード1までの間このデッキタイプの強化はなされなかった。

エピソード2に入ると他の種族に混じってサイバーロードもプッシュされ、進化クリーチャー《エンペラー・ベーシックーン》進化元に便利な《トロン》が登場し、新たな型が生まれた。

ただし、《エンペラー・ベーシックーン》は全てのサイバーから進化できるわけではないため、サイバー・ウイルスからしか進化できない《アストラル・リーフ》との兼ね合いが課題となっている。

エピソード3以降公式によるプッシュらしいプッシュも無くなり、ドラゴン・サーガになると同じコストでパワーと打点の高い進化クリーチャーに恵まれた【リキッド・ピープル】の後塵を拝するようになった。

革命編以降は侵略革命チェンジの登場により、基礎スペック的に環境デッキと張り合うのは難しくなった。

革命編終期に《大船長 オクトパスカル》が登場するが全く環境には影響を及ぼさず、革命ファイナル終盤で《プラチナ・ワルスラS》が登場した時は「《アストラル・リーフ》《パラダイス・アロマ》を殿堂解除すべきでは?」という救済を求める意見が出るまでこのアーキタイプが力不足と判断されるに至り、もはや完全に過去のデッキとなった。

《プラチナ・ワルスラS》殿堂入り後も名誉挽回の気配は見られない。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:15:56