【ザウラクロック】

《封魔ザウラク・ディス》《強奪者 テラフォーム》コンボによって相手のドローを封じるロックデッキ

封魔ザウラク・ディス R 水/闇文明 (5)
クリーチャー:グランド・デビル/エイリアン 3000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
スペース・チャージ:水/闇(自分のマナゾーンに水、闇のいずれかまたは両方を持つカードが置かれた時、このクリーチャーのSC能力を使ってもよい)
SC―水:カードを1枚引く。
SC―闇:相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。

強奪者(ケンダ・マジック) テラフォーム UC 水/自然文明 (5)
クリーチャー:アウトレイジ 2000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
相手がカードを引いた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。

バトルゾーン《封魔ザウラク・ディス》《強奪者 テラフォーム》、そしてマナゾーンのカードを5色にするクリーチャーが存在する状況で、相手のターン中に相手がカードを引く時、「テラフォームでマナブーストする」→「ザウラク・ディスがスペース・チャージにより相手の手札を捨てる」と動くことで、手札を減らさずに相手のドローを封じることができる。
《コアクアンのおつかい》などの「見て手札に加える」系のカードやマナ墓地回収、自分のターン中のドローまでは封じられないものの、そのための手段がコンボ成立時点でバトルゾーンか手札になければほぼ完全に「詰み」である。

一番のネックは《封魔ザウラク・ディス》《強奪者 テラフォーム》を揃える重さだったが、《龍覇 イメン=ブーゴ》《邪帝斧 ボアロアックス》の登場によりかなり決めやすくなった。

色構成は、必須の自然の3色で組まれる。
序盤は手札補充でカードを集め、マナブースト。状況を見計らって《龍覇 イメン=ブーゴ》によってザクラウ・ディスとテラフォームを揃え、ロック完了である。またロック後に《ロスト・ソウル》を叩くとなおよい。あとはこちらの山札が許す限り(ターン数が許す限り)クリーチャーを展開し、シールドを割っていくだけである。コンボ完成後は過剰なまでにマナが増えるため、《「祝」の頂 ウェディング》等相手の反撃を許さないカードフィニッシャーにするのも良いだろう。

後に《怒流牙 佐助の超人》《電脳鎧冑アナリス》などDMBD-02の有力カードの登場によって防御力とマナブーストの安定性が大幅に向上。さらに《水上第九院 シャコガイル》の登場によって、フィニッシュ力が格段と上昇した。これによって《封魔ザウラク・ディス》以外は闇を採用しない【青緑コントロール】に寄せたタイプが構築可能になった。場合によっては《邪帝遺跡 ボアロパゴス》《怒流牙 佐助の超人》《終末の時計 ザ・クロック》の組み合わせでお茶を濁している間にコンボ成立まで凌げてしまう。

主要カード

《封魔ザウラク・ディス》コンセプト
《強奪者 テラフォーム》
《龍覇 イメン=ブーゴ》マナゾーンを5色に
《邪帝斧 ボアロアックス》イメン=ブーゴに装備しキーパーツを踏み倒す

候補カード

  • 有効な対策として《墓守の鐘ベルリン》があり、バトルゾーンに維持できればザウラク・ディスのハンデスを完全に無力化することができる。また相手に捨てられた時に発動するマッドネスを積んでおけば、いずれロックは一次的に解除される。たった1枚で戦局を変えられるかは微妙だが、何もできずロックされたままよりははるかにマシである。
  • 身も蓋も無い話だが、コンボを決められる前に勝ってしまう事が1番の対策だと言えるだろう。

余談

「相手ターンのドロースペース・チャージを発動する」コンセプトは《偽りの名 ハングリー・エレガンス》登場時にはすでに存在していたが、肝心のハングリー・エレガンスがあまりに重すぎてデッキとしては成立しない状態だった。後により軽い《強奪者 テラフォーム》が登場した物の、それでも3体のクリーチャーを揃えるのは苦しい状況であった。その後《薫風妖精コートニー》を内蔵した《神聖麒 シューゲイザー》とも言える《龍覇 イメン=ブーゴ》《邪帝斧 ボアロアックス》の登場で、ようやくデッキの体をなす事が可能となった。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 23:27:20