【シールド・ゴー】

サポートカードによってシールド・ゴーを持つクリーチャーシールドゾーンに並べ、アドバンテージを得ていくデッキ
基本的にはを中心に他文明のシールド・ゴー要員を追加して組まれる。
能力としてのシールド・ゴー→シールド・ゴー

驚異的陣形(アメイジングアロー) アレキサンドライト SR 光文明 (6)
クリーチャー:アウトレイジMAX 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から6枚を見る。その中から「シールド・ゴー」を持つカードを1枚表向きにして、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加えてもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に戻す。
W・ブレイカー
「シールド・ゴー」を持つカードが自分のシールドゾーンに表向きであれば、バトルゾーンにある自分のアウトレイジはすべて「ブロッカー」を得る。

守護大帝(ジェネラル・ガード) ストーンゴルド R 光文明 (5)
進化クリーチャー:アウトレイジMAX 6000
進化−自分のアウトレイジ1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、「シールド・ゴー」を持つクリーチャーを1体、自分の墓地から表向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加えてもよい。
W・ブレイカー

匠のイザナイ ファッション・モンスター R 光文明 (5)
クリーチャー:アウトレイジMAX/オラクル 5000
光臨−自分のターンの終わりに、このクリーチャーがタップされていれば、自分の山札を見る。その中からコスト6以下の、「シールド・ゴー」を持つクリーチャーを1体、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

主要カード

《驚異的陣形 アレキサンドライト》核。シールド・ゴーをリクルート
《守護大帝 ストーンゴルド》攻撃時にシールド・ゴーを墓地から出す
《匠のイザナイ ファッション・モンスター》光臨でコスト6以下のシールド・ゴーを呼ぶ

アウトレイジの候補

その他クリーチャー

その他呪文・城

シールド・ゴーの候補

このデッキの動かし方

シールド・ゴーの強力なサポートカードである《驚異的陣形 アレキサンドライト》《守護大帝 ストーンゴルド》《匠のイザナイ ファッション・モンスター》を中心に組まれる。
ただ、主要カードと同じ文明であるのシールド・ゴーはタップ効果ばかりであり、パワーが6000程度の主要クリーチャー達では殴り返しし難い。ここは他文明のシールド・ゴーを搭載して場を制圧していきたい。

また、シールド・ゴー持ちのクリーチャーの多くはcipを持たないので、普通にバトルゾーンに出してもアドバンテージを稼ぐまでに時間が掛かってしまう。
進化元にする場合はともかく、基本的にはコスト踏み倒しを経由して使っていきたい。

その他

  • 2014年12月21日に開催された「勝-1グランプリ」エリア代表決定戦 九州B大会では、白青黒で組まれたこのデッキタイプが見事優勝を収めた。

参考