【シデン・ギャラクシー】

進化V《超聖竜シデン・ギャラクシー》フィニッシャーにしたデッキ

超聖竜(スーパーチャンプ)シデン・ギャラクシー SR 光/火文明 (5)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン/サムライ 15000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
進化V−自分のドラゴンまたはエンジェル・コマンドのいずれか2体を重ねた上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーがこのターンはじめて攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを2枚まで選び墓地に置いてもよい。このようにしてドラゴンを墓地に置いた場合、このクリーチャーをアンタップする。このようにしてエンジェル・コマンドを墓地に置いた場合、このクリーチャーがこのターン中に破壊される時、墓地に置くかわりにバトルゾーンにとどまる。
T・ブレイカー

《超聖竜シデン・ギャラクシー》ターンの最初の攻撃時にメテオバーン進化元を捨てると、2回攻撃破壊耐性を得ることが可能。

しかし、それぞれドラゴンエンジェル・コマンドを捨てなければならないため、それを念頭にしてデッキを組む必要がある。除去耐性をつけるのは《ポッピ・ラッキー》など他のカードでもできるため、基本的にはドラゴンを捨てて2回攻撃を狙いたい。T・ブレイカーで2回殴れるため、1ショットキルも狙うことができる。

ドラゴン・サーガ以降はドラゴンエンジェル・コマンドを併せ持つエンジェル・コマンド・ドラゴンの登場によりこの問題は解消された。

《超聖竜シデン・ギャラクシー》を中心に、《母なる星域》を扱える自然か、ドローが入れられることが多い。ドラゴン・サーガ以降は準白単も可能となった。

【連ドラ】気味の構成にして《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》《バルケリオス・ドラゴン》を並べたり、【激天下コントロール】のギミックを使い、ドラゴンサイキック・クリーチャーを出し、そこから進化していく型もある。

主要カード

進化元候補のエンジェル・コマンド・ドラゴン

その他の候補

コンセプト《超聖竜シデン・ギャラクシー》は5マナとそれほど重くないため、問題は進化元2体をいかに効率よく揃えるかにかかっていると言える。

方法としては、《コッコ・ルピア》等でコスト軽減したドラゴンを素早く並べていくのが一般的。
手札さえ揃っていれば、《指令の精霊龍 コマンデュオ》《太陽の精霊龍 ルルフェンズ》《超聖竜シデン・ギャラクシー》と連鎖させて進化元が無い状態から瞬時に進化させる事が出来る。

もしくは、デッキ【連ドラ】気味にして《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》《バルケリオス・ドラゴン》を並べるという手もある。

これといったアーキタイプは確立されていないので、デッキビルディングの難易度は高い。逆に言えば、プレイヤー個々人の個性を出しやすいと言えるので、様々な形を試してみるのがよい。

このデッキの弱点

進化Vなので、当然進化元除去されると何もできなくなる。単体でも強力なドラゴンを集め、進化できなくてもある程度戦えるようにしておくといいだろう。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 23:36:45