【シューゲイザーワンショット】

DMR-10で登場した《神聖麒 シューゲイザー》cipアタックトリガー能力を駆使し、基本的に1ショットキルするデッキである。

神聖麒 シューゲイザー SR 無色 (7)
クリーチャー:オラクリオン 7000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、またはこのクリーチャーが攻撃する時、コスト5以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札またはマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
W・ブレイカー

鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス UC 闇/火/自然文明 (5)
クリーチャー:ロスト・クルセイダー 1000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのターン、自分のクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」と「スレイヤー」を得る。そのターン中、それらのクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。

逆転王女(プリンセス)プリン UC 無色 (5)
クリーチャー:ハンター/エイリアン 2000
S・トリガー
ガチンコ・ジャッジでこのクリーチャーを見せた時、またはこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、タップまたはアンタップする。

コンボの核である《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》自然がメインカラーとなる。また手札の枯渇を軽減するためにも入る。《神聖麒 シューゲイザー》cip能力対象がコスト5以下のクリーチャーで、基本的にが入るので必然的にクリーチャーコントロールの形式に近くなる。

主要カード

候補カード

動きとして《神聖麒 シューゲイザー》cipマナゾーン手札《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》バトルゾーンに出し、アタックトリガー《逆転王女プリン》を出して《神聖麒 シューゲイザー》アンタップアタックトリガーを連発させるのが基本である、このとき相手にS・トリガーシノビが無い限り1ショットキルが可能である。また1ショットキルができなくとも豊富にあるcipクリーチャーを駆使しコントロール気味に戦うこともできる。

また、《神聖麒 シューゲイザー》能力の都合上墓地からのリアニメイトはできないので、キーカードは手札マナに温存できるようにしたいところ。キーカードが墓地に落ちた場合、《天真妖精オチャッピィ》を使ってマナに置くという手もある。

弱点としては一斉攻撃を仕掛けはじめた時にS・トリガー《神聖麒 シューゲイザー》を除去されたり、《DNA・スパーク》など踏んでしまうこと。シューゲイザーの能力を使うと手札とマナが枯渇するので立て直すのに時間がかかってしまう。シューゲイザーに弱いと感じた時はスパーク系統や除去系のS・トリガーを入れてみよう。

核のひとつである《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》殿堂入りし、1ショットキルが難しくなったが、後に登場した《チキチキ・JET・サーキット》《E-GO55》などのスピードアタッカー付与で代用するといいだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 00:14:02