【ジーク・キャヴァリエ】

《聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ》能力エクストラウィンを得るデッキ

《邪帝斧 ボアロアックス》および《邪帝遺跡 ボアロパゴス》を使ったループを活用する。

聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ SR 光文明 (6)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 11500
ブロッカー
進化−自分の「ブロッカー」を持つクリーチャー1体の上に置く。
W・ブレイカー
自分の他の、「ブロッカー」を持つ光のクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにこのクリーチャーの下に置いてもよい。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを10枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、自分はゲームに勝つ。

邪帝遺跡 ボアロパゴス P 自然文明 (7)
ドラグハート・フォートレス
クリーチャーを自分の手札から召喚した時、自然のコスト5以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
龍解:自分のターンのはじめに、バトルゾーンにある自分のクリーチャーのコストの合計が30以上であれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップしてもよい。
龍解前⇒《邪帝斧 ボアロアックス》
龍解後⇒《我臥牙 ヴェロキボアロス》

龍覇 イメン=ブーゴ P 自然文明 (7)
クリーチャー:ビーストフォーク號/ドラグナー 7000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト4以下の自然のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す)
自分のマナゾーンにあるカードを、すべての文明のカードとして扱う。
W・ブレイカー

《邪帝斧 ボアロアックス》を出すと、自然コスト5以下のクリーチャーコスト踏み倒しできる。《龍覇 イメン=ブーゴ》マナゾーンカードを5色化すると、文明を問わず何でも出せるようになる。

そこに《アクア忍者 ライヤ》《霊騎ラグマール》を加えることでループを起こすことが可能であり、最終的に進化元を9枚重ねた《守護聖天タテブエ・ヤッホー》進化元にし、《聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ》メテオバーンを起動して勝利する。

主要カード

候補カード

超次元の候補

このデッキの使い方

《聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ》メテオバーンを発動するために、進化元を9枚重ねた《守護聖天タテブエ・ヤッホー》を用意する。

利用するのは【ボアロアックス】のエンジン。《邪帝遺跡 ボアロパゴス》《アクア忍者 ライヤ》を使ったループに持ち込むために、《邪帝斧 ボアロアックス》龍解させる。

自分のターンの終わりにバトルゾーンにある自分のクリーチャーコストが合計20以上ならばいい。
《龍覇 イメン=ブーゴ》から《邪帝斧 ボアロアックス》と出すと、《次元流の豪力》《勝利のリュウセイ・カイザー》か、《電流戦攻セブ・アルゴル》《イオの伝道師ガガ・パックン》が出せる。
前者なら7+5+6=18、後者なら7+5+4=16となるので、すでにバトルゾーンに出ているであろう《鳴動するギガ・ホーン》などを加えれば楽に龍解できる。

《邪帝遺跡 ボアロパゴス》を用意できたら、《アクア忍者 ライヤ》を使ったループに入る。

《龍覇 イメン=ブーゴ》マナゾーンを5文明化した状態で《アクア忍者 ライヤ》を手札から召喚し、すぐに手札に戻すことを繰り返せば、マナゾーンにあるコスト5以下のクリーチャーを全て展開することができる。

この際、マナゾーンにある《霊騎ラグマール》《掘師の銀》タップしつつ出し入れを繰り返せば、実質的にコスト0で相手のクリーチャーを全てマナ送りにすることができる。

手順は以下

  1. 《龍覇 イメン=ブーゴ》《邪帝斧 ボアロアックス》を出し、龍解させて《邪帝遺跡 ボアロパゴス》の状態にする。
  2. マナゾーンカードが5文明化している状態で《アクア忍者 ライヤ》召喚
  3. 《アクア忍者 ライヤ》cipで自身を手札に戻す。
  4. 《邪帝遺跡 ボアロパゴス》能力が誘発。マナゾーンから《霊騎ラグマール》を出す。
  5. 《霊騎ラグマール》能力で自身と相手のクリーチャーマナ送り
  6. マナゾーン《霊騎ラグマール》アンタップ状態で置かれたので、それをタップして《アクア忍者 ライヤ》召喚。以下3に戻って繰り返し。

また、展開したクリーチャーに《守護聖天タテブエ・ヤッホー》を重ねた上で、2枚の《霊騎ラグマール》を交互に使ってマナ送りにすればマナアンタップ状態に戻るため、ループが成立する。

手順は以下

  1. バトルゾーン《龍覇 イメン=ブーゴ》《邪帝遺跡 ボアロパゴス》マナゾーンに2枚の《霊騎ラグマール》が揃っているとする。
  2. 《アクア忍者 ライヤ》召喚cipで自身をバウンス
  3. 《邪帝遺跡 ボアロパゴス》能力が誘発。任意のクリーチャーAをマナゾーンから出す。
  4. 《ライヤ》を召喚cipで自身をバウンス
  5. 《ボアロパゴス》の能力が誘発。《守護聖天タテブエ・ヤッホー》をAに重ねる。
  6. 《ライヤ》を出し入れ。《ボアロパゴス》が誘発。《霊騎ラグマール》Aで《ヤッホー》をマナゾーンに。
  7. 《ライヤ》を出し入れ。《ボアロパゴス》が誘発。任意のクリーチャーAを出す。
  8. 《ライヤ》を出し入れ。《ボアロパゴス》が誘発。Aと《霊騎ラグマール》Aに《ヤッホー》を重ねる。
  9. 《ライヤ》を出し入れ。《ボアロパゴス》が誘発。マナゾーン《霊騎ラグマール》Bで《ヤッホー》をマナゾーンに。
  10. 以下繰り返し

このコンボを利用することで、好きなクリーチャーcipを無限に使用できる。
《青銅の鎧》《緑銅の鎧》マナブーストし、《黙示賢者ソルハバキ》マナ回収し、《聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ》手札に加える。仮にシールドに埋まってしまった場合は《音感の精霊龍 エメラルーダ》を使い回して回収できる。

後は、進化元を9枚重ねた《守護聖天タテブエ・ヤッホー》から《聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ》進化し、メテオバーン進化元を10枚捨てればエクストラウィン達成である。

このデッキの弱点

ドラグハートを使う都合上、それを狙われると弱い。せっかく《邪帝遺跡 ボアロパゴス》龍解させても、《トンギヌスの槍》《龍脈術 水霊の計》除去されてはひとたまりも無い。

また、マナゾーンカードを5文明化する《龍覇 イメン=ブーゴ》がいないとコンボが成立しないため、それを除去されてしまうと厳しい。

また、コンボデッキの都合上、【速攻】に苦手である。ただし、コンボパーツである《守護聖天タテブエ・ヤッホー》ビートダウンに対して有利に働くため、《終末の時計 ザ・クロック》などを使い回したり、《音感の精霊龍 エメラルーダ》S・トリガーを仕込むなどして対処したい。

ループ始動直前(つまり《邪帝遺跡 ボアロパゴス》登場直後)に《調和と繁栄の罠》文明を指定されると、ダイヤモンド状態にする手段を持ち合わせていないかぎり《聖霊龍王 ジーク・キャヴァリエ》によるエクストラウィンは難しくなってしまう。次のターンにエクストラウィンを回すか、そのターン中に他のクリーチャーで殴り切ってしまうかはプレイヤーのセンスが問われる。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:51:31