【ジェスターソード】

【ダイヤモンドリエス】の流れを汲む【ロードリエスコントロール】の一種。
【ハイドロ・ハリケーン】の弱体化を受けて《アクア・ジェスタールーペ》《封魔ゴーゴンシャック》などを組み込んだタイプ。

メインカラーは/だが、バリエーションとして《復活の祈祷師ザビ・ミラ》からの《ヴォルグ・サンダー》で勝負を決める入りタイプも存在する。

知識の精霊ロードリエス P(R) 光/水文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 4000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーまたは自分の他の「ブロッカー」を持つクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。

アクア・ジェスタールーペ UC 水文明 (4)
クリーチャー:リキッド・ピープル 2000
M・ソウル
連鎖(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を見る。そのカードが、このクリーチャーよりコストが小さいクリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい)
自分のターン中に、このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、それがそのターンに出した2体目のクリーチャーであれば、カードを1枚引いてもよい。
ダイヤモンド・ソード R 光文明 (3)
呪文
このターン、自分のクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃することができない効果はすべて無効になる。(召喚酔いや、「このクリーチャーは攻撃することができない」または「このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない」などの効果が無効になる。ただし、この効果によってクリーチャーを攻撃することは可能にならない)

主要カード

《復活の祈祷師ザビ・ミラ》ヴォルグを出す ブロッカーが大量に並ぶので生贄に困らない
《ヴォルグ・サンダー》ライブラリアウト アタッカーとしても強力
《時空の霊魔シュヴァル》ヴォルグとともに出して覚醒
《停滞の影タイム・トリッパー》を入れる場合 大抵のデッキに刺さる妨害

多色

このデッキの動かし方

基本は【ダイヤモンドリエス】と同様。
コストブロッカー《知識の精霊ロードリエス》で大量展開し、《光器ペトローバ》《光陣の使徒ムルムル》などで強化して防御を固める。
十分な数のクリーチャーが並んだら、《ダイヤモンド・ソード》《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》などで攻撃制限を解除し、一斉攻撃で勝負を決める。

ルール上6回攻撃を通せば勝利なので、最低でも8体はブロッカーを並べたいところである。

このデッキの弱点

《知識の精霊ロードリエス》がメインエンジンとなるため、出したところを《勝利のガイアール・カイザー》などで潰されるとつらい。コスト軽減を利用しなければ出てくるのが5ターン目と少々遅いのが気になる。

【白青コントロール】の一種であるため、やはりコントロール要素は少なめで、デッキ全体のカードパワーは低くなりがち。《知識の精霊ロードリエス》を出すのに手間取っていると、その前に相手に場を整えられて押し切られてしまうこともある。

また《熱血龍 GENJI・XXX》《メガ・ブレード・ドラゴン》《黄昏地獄拳》《アポカリプス・デイ》などの全体除去に致命的に弱く、相手のデッキによっては非常に不利な戦いを強いられることも。

その他

  • 【ダイヤモンドリエス】と同じく、置きドローの重要性を教えるのに最適なデッキ。大会優勝にも充分な実力を持つデッキでもあり、初級者から上級者まで使われている。《知識の精霊ロードリエス》を出すまではむやみにブロッカーを出さないなど我慢も必要であり、基本的なプレイングの練習に向いている。このデッキをうまく扱うことができれば、初心者脱却への第一歩といえるだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 23:41:40