【ジョット・ガン・ジョラゴン】

【ジョーカーズ】のデッキタイプの一種で、《ジョット・ガン・ジョラゴン》をフィニッシャーとした中速種族デッキ。【ジョラゴンジョーカーズ】や【ジョラゴン・ワンショットキル】とも呼ばれる。
ジョラゴン・ビッグ1で各種ジョーカーズのcipを使えることを主軸にデッキを回していく。
今までの【ジョーカーズ】【メラビートジョーカーズ】と違い、ほぼ《ジョット・ガン・ジョラゴン》のみでダイレクトアタックまで持っていくのが特徴。
この項では基本的に無色中心で構成されて自然をほぼ入れない【無色ジョラゴン】を紹介する。

ジョット・ガン・ジョラゴン MDG 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:マスター・ドラゴン/ジョーカーズ 11000
このクリーチャーを召喚する時、ジョーカーズを好きな数バトルゾーンから自分の手札に戻し、その数だけ、召喚コストを1少なくしてもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。
ジョラゴン・ビッグ1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。

主要カード

《ジョット・ガン・ジョラゴン》核。ジョラゴン・ビッグ1手札から捨てたジョーカーズcipを使える。
《アイアン・マンハッタン》cipで相手のシールドを2枚残して全てブレイク。更に、手札を1枚捨てると次のターン相手はクリーチャーを2体以上出せなくなる。
《ガヨウ神》cipで2枚引く。ジョーカーズを1枚捨てれば更に2枚引ける。
《キング・ザ・スロットン7/7777777》展開補助及び相手依存の除去札

無色ジョーカーズの候補

有色ジョーカーズの候補

《サイコロプス》相手の踏み倒しを除去。
《ワイルド・シールド・クライマックス》《ジョラゴン》専用の防御札。cipでパンプアップした上で強制バトル
《メラメラ・ジョーカーズ》初動。ジョーカーズを1枚捨てて1ドロー。
《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》防御札。《サイコロプス》を出す
《ソーナンデス》Jチェンジで《ジョラゴン》を出しつつ、手札を捨ててマナ回収。

その他の候補

《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》G・ゼロ無色クリーチャー山札の上から無色カードを最大3枚手札に加えられる。
《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》アタック・チャンスマスター・ドラゴン。相手のクリーチャーをすべてフリーズ。そのあとマスター・ドラゴンを全てアンタップ
《光牙忍ハヤブサマル》定番ニンジャ・ストライク。山札を大きく掘り進めるのでアクセスしやすい。ジョーカーズサポート外なのは注意

サンプルレシピ

超CS II」準優勝
リストはタカラトミー公式テキストカバレージより


概要

《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《ヤッタレマン》《パーリ騎士》などで準備を整え早期に《ジョット・ガン・ジョラゴン》召喚し、アタックトリガーcip持ちのジョーカーズを捨てて1ショットキルに持ち込むのが基本のデッキである。

《ゲラッチョ男爵》など《ジョラゴン》アンタップできるジョーカーズ1枚と《アイアン・マンハッタン》1枚が手札にあればそれだけで1ショットキルが成立する。《ゲラッチョ男爵》が3枚でももちろん可能。
序盤に使用したcip持ちジョーカーズ《ジョット・ガン・ジョラゴン》コスト軽減のために手札に戻せるため無駄がなく、またcipであればジョラゴン・ビッグ1によりノーコストで使用できるため、《バイナラドア》《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》等の強力な除去で突破口を開くことができるのもポイント。
ジョラゴン・ビッグ1手札捨てること全てに反応するため、ハンデスにもある程度耐性がある。

ただし、《ジョット・ガン・ジョラゴン》(ジョラゴン・ビッグ1)を軸にする都合上cip持ちクリーチャーがデッキの大半を占めるため、《時の法皇 ミラダンテXII》などで召喚封じられると途端に何も出来なくなる。一応《ミラダンテXII》であれば《バイナラドア》《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》除去ができるが、それでも肝心の《ジョット・ガン・ジョラゴン》が詰まってしまう。
成功率がやや落ちるが、《アリゾナ・ヘッドショット》の投入も検討に値する。

安価で手軽に組めた【ジョーカーズ】とは打って変わって、こちらは主要カードに《ガヨウ神》などのスーパーレアを多用するため構築費用が高く初心者泣かせのデッキでもある。

【ジョラゴンループ】

《ポクチンちん》の登場により、登場したデッキタイプ

ループの手順

バトルゾーンに《ジョット・ガン・ジョラゴン》が2体、手札に、《ガヨウ神》《アイアン・マンハッタン》《ポクチンちん》が各2枚が必要であり、山札が1枚になっている必要がある。この時、墓地には何もないこと。

  1. 《マンハッタン》を捨てて《マンハッタン》のcipが2体分ストック。
  2. 《マンハッタン》のcipを1体分使用し、《マンハッタン》のcipで《マンハッタン》をディスカード。《マンハッタン》のcipが2体分ストック。
  3. 《マンハッタン》のcipを1体分使用し、《ガヨウ神》をディスカード。《ガヨウ神》のcipが2体分ストック。
  4. 《マンハッタン》のcipを1体分使用し、《ポクチンちん》をディスカード。《ポクチンちん》のcipが2体分ストック。
  5. 《ポクチンちん》のcipを1体分使用し、自分の山札を回復。
  6. 《ガヨウ神》のcipを1体分使用し、不要なカードをディスカード。
  7. 《マンハッタン》を捨てて《マンハッタン》のcipが2体分ストック。
  8. 《マンハッタン》のcipを1体分使用し、《マンハッタン》のcipで《マンハッタン》をディスカード。《マンハッタン》のcipが2体分ストック。
  9. 《マンハッタン》のcipを1体分使用し、《ポクチンちん》をディスカード。《ポクチンちん》のcipが2体分ストック。
  10. 《ポクチンちん》のcipを1体分使用し、自分の山札を回復。
  11. 1.から10.を繰り返して《マンハッタン》、《ガヨウ神》、《ポクチンちん》のcipを好きなだけストック。

cipのストックを使って《マンハッタン》で《燃えるデット・ソード》《キング・ザ・スロットン7/7777777》を連打し、相手への妨害をしたり盤面を作ったりすることができる。《ポクチンちん》を挟んで山札回復を行って過剰なドローによる自滅を防ぐこともできる。

上述のループの《マンハッタン》の枠を《プラモデ〜ル》に替えると、《最終兵ッキー》を絡めて《ツタンメカーネン》をループさせることができる。前提として《プラモデ〜ル》でディスカードしている間に12回GR召喚されるので、超GRゾーンは空になるはずである。ループに使うので《プラモデ〜ル》のcipを80回分と《兵ッキー》のcipを40回分ストックしておこう。手札には《ポクチンちん》1枚が必要で、山札は《ポクチンちん》2枚だけにする必要がある。

  1. 《メカーネン》によって各プレイヤーが1ドロー
  2. 《プラモデ〜ル》で《ポクチンちん》を捨てて山札回復。超GRゾーンは空なのでGR召喚は行わない。
  3. 《兵ッキー》の能力で《メカーネン》をバトルゾーンから離す。1ドローして踏み倒しは使わない。
  4. 《プラモデ〜ル》で《ポクチンちん》を捨ててGR召喚
  5. 1.に戻る。1.〜4.を繰り返すことで相手の山札だけが削れ、ライブラリアウトで勝利できる。

環境において

DMRP-05《ジョット・ガン・ジョラゴン》の登場により、このデッキが作成された。このカードが登場した初期のころは、ほぼ同期の《ガンバトラーG7》をフィニッシャーとした【ガンバトラージョーカーズ】【ジョーカーズ】におけるライバルであったが、《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》殿堂入りによって、こちらが【ジョーカーズ】の主流となった。
《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》殿堂入りはこのデッキにも響いた。後にDMRP-06にて《キング・ザ・スロットン7/7777777》が登場すると、ジョーカーズでない《ニヤリー・ゲット》の投入は敬遠されるようになった。
それまでの【ジョーカーズ】は、特定のフィニッシャーが流行しては新しい別のフィニッシャーの登場によって廃れたりと中々1つのカードが環境に定着しなかったが、このデッキタイプによってようやく1つの型が環境に定着するに至った。

しかし、防御手段が乏しいのは相変わらずで、【速攻】相手に一方的にやられてしまうシチュエーションも多くみられた。

《ポクチンちん》が登場して以降は、【ジョラゴンループ】が猛威を振るった。2019年7月1日付けで《ガヨウ神》殿堂入りに指定されたが、GR召喚を取り入れることで達成速度は落ちたもののリペアに成功している。【ジョット・ガン・ジョラゴン】自体は主要パーツの殿堂入りで弱体し、《ガヨウ神》で空いた枠は《燃えるデット・ソード》などで埋める形となった。

超天篇では公式が新ギミックのGR召喚を推しており、【ジョラゴン】もGR召喚と共存を果たし【GRジョット・ガン・ジョラゴン】が誕生する。当初は【ジョラゴンループ】の影響で目立った活躍はなく、本格的に注目されたのは《ガヨウ神》殿堂入り《ゴッド・ガヨンダム》の登場以降となった。
【ジョーカーズ】のトップもこのデッキから【GRジョーカーズ】にバトンを渡しているが、環境から姿を消した訳ではなく、《ガヨウ神》殿堂入り後に行われた『超CSIII in 山形』においてはベスト128進出者中4人が使用と、8位の使用率である。ちなみに、【ジョーカーズミッツァイル】は6人使用の使用率6位を記録していた。

  • デュエル・マスターズ全国大会2018の2位と3位はこのデッキであり、両選手はカードの種類、枚数共に全く同じ構築を共有してその大会で対戦を行っていた。
    • 同大会の予選4回戦から6回戦、決勝ラウンドは殿堂レギュレーションで行われたが、大会出場40人中14人が使用、決勝進出者8人中5人が使用と、共に使用率1位で同大会のトップメタであった。

参考