【ジョット・ガン・ジョラゴン】

《ジョット・ガン・ジョラゴン》をフィニッシャーとした中速種族デッキ。【ジョラゴン・ワンショットキル】とも呼ばれる。
ジョラゴン・ビッグ1で各種ジョーカーズのcipを使えることを主軸にデッキを回していく。
今までの【ジョーカーズ】【メラビートジョーカーズ】と違いほぼ《ジョット・ガン・ジョラゴン》のみでダイレクトアタックまで持っていくのが特徴。

ジョット・ガン・ジョラゴン MDG 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:マスター・ドラゴン/ジョーカーズ 11000
このクリーチャーを召喚する時、ジョーカーズを好きな数バトルゾーンから自分の手札に戻し、その数だけ、召喚コストを1少なくしてもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。
ジョラゴン・ビッグ1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。

主要カード

《ジョット・ガン・ジョラゴン》核。ジョラゴン・ビッグ1手札から捨てたジョーカーズcipを使える。
《アイアン・マンハッタン》cipで相手のシールドを2枚残して全てブレイク。更に、手札を1枚捨てると次のターン相手はクリーチャーを2体以上出せなくなる。
《ガヨウ神》cipで2枚引く。ジョーカーズを1枚捨てれば更に2枚引ける。
《キング・ザ・スロットン7/7777777》展開補助及び相手依存の除去札

候補ジョーカーズ

《ヤッタレマン》ジョーカーズコスト軽減
《パーリ騎士》cip墓地カードマナへ。
《ヘルコプ太》cipでバトルゾーンにあるジョーカーズの数だけドロー
《ゲラッチョ男爵》《ジョラゴン》をアンタップ
《オッケーBros.》
《ジョバート・デ・ルーノ》
《ポクチンちん》踏み倒し妨害。相手の墓地をリセット。
《バイナラドア》cipで相手のクリーチャー山札除去するS・トリガー獣。
《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》cipで相手のクリーチャーを除去し2ドロー。
《燃えるデット・ソード》cipで相手の場、手札、マナから1枚ずつボトム送り+3ドロー。
《ジョジョジョ・ジョーカーズ》ジョーカーズ・クリーチャーをサーチ
《アリゾナ・ヘッドショット》バトルゾーンにある相手カード1枚をボトム送り召喚ロック対策。
《サイコロプス》相手の踏み倒しを除去。
《ワイルド・シールド・クライマックス》《ジョラゴン》専用の防御札。cipでパンプアップした上で強制バトル
《メラメラ・ジョーカーズ》初動。ジョーカーズを1枚捨てて1ドロー。
《ムシ無視のんのん/灰になるほどヒート》防御札。《サイコロプス》を出す
《ソーナンデス》Jチェンジで《ジョラゴン》を出しつつ、手札を捨ててマナ回収。

その他の候補

《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》G・ゼロ無色クリーチャー山札の上から無色カードを最大3枚手札に加えられる。
《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》アタック・チャンスマスター・ドラゴン。相手のクリーチャーをすべてフリーズ。そのあとマスター・ドラゴンを全てアンタップ

サンプルレシピ

超CS II」準優勝
リストはタカラトミー公式テキストカバレージより


概要

《ジョジョジョ・ジョーカーズ》《ヤッタレマン》《パーリ騎士》などで準備を整え早期に《ジョット・ガン・ジョラゴン》召喚し、アタックトリガーcip持ちのジョーカーズを捨てて1ショットキルに持ち込むのが基本のデッキである。

《ゲラッチョ男爵》など《ジョラゴン》アンタップできるジョーカーズ1枚と《アイアン・マンハッタン》1枚が手札にあればそれだけで1ショットキルが成立する。《ゲラッチョ男爵》が3枚でももちろん可能。
序盤に使用したcip持ちジョーカーズ《ジョット・ガン・ジョラゴン》コスト軽減のために手札に戻せるため無駄がなく、またcipであればジョラゴン・ビッグ1によりノーコストで使用できるため、《バイナラドア》《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》等の強力な除去で突破口を開くことができるのもポイント。
ジョラゴン・ビッグ1手札捨てること全てに反応するため、ハンデスにもある程度耐性がある。

ただし、《ジョット・ガン・ジョラゴン》(ジョラゴン・ビッグ1)を軸にする都合上cip持ちクリーチャーがデッキの大半を占めるため、《時の法皇 ミラダンテXII》などで召喚封じられると途端に何も出来なくなる。一応《ミラダンテXII》であれば《バイナラドア》《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》除去ができるが、それでも肝心の《ジョット・ガン・ジョラゴン》が詰まってしまう。成功率がやや落ちるが、《アリゾナ・ヘッドショット》の投入も検討に値する。

環境において

ループの手順

バトルゾーンに《ジョット・ガン・ジョラゴン》が2体、手札に、《ガヨウ神》《アイアン・マンハッタン》《ポクチンちん》が各2枚が必要であり、山札が1枚になっている必要がある。この時、墓地には何もないこと。

  1. 《マンハッタン》を捨てて《マンハッタン》のcipが2体分ストック。
  2. 《マンハッタン》のcipを1体分使用し、《マンハッタン》のcipで《マンハッタン》をディスカード。《マンハッタン》のcipが2体分ストック。
  3. 《マンハッタン》のcipを1体分使用し、《ガヨウ神》をディスカード。《ガヨウ神》のcipが2体分ストック。
  4. 《マンハッタン》のcipを1体分使用し、《ポクチンちん》をディスカード。《ポクチンちん》のcipが2体分ストック。
  5. 《ポクチンちん》のcipを1体分使用し、自分の山札を回復。
  6. 《ガヨウ神》のcipを1体分使用し、不要なカードをディスカード。
  7. 《マンハッタン》を捨てて《マンハッタン》のcipが2体分ストック。
  8. 《マンハッタン》のcipを1体分使用し、《マンハッタン》のcipで《マンハッタン》をディスカード。《マンハッタン》のcipが2体分ストック。
  9. 《マンハッタン》のcipを1体分使用し、《ポクチンちん》をディスカード。《ポクチンちん》のcipが2体分ストック。
  10. 《ポクチンちん》のcipを1体分使用し、自分の山札を回復。
  11. 1.から10.を繰り返して《マンハッタン》、《ガヨウ神》、《ポクチンちん》のcipを好きなだけストック。

cipのストックを使って《マンハッタン》で《燃えるデット・ソード》《キング・ザ・スロットン7/7777777》を連打し、相手への妨害をしたり盤面を作ったりすることができる。《ポクチンちん》を挟んで山札回復を行って過剰なドローによる自滅を防ぐこともできる。

参考


Last-modified: 2018-11-14 (水) 20:40:55