【スカル・ムーン】

強力な究極進化クリーチャーである《神羅スカル・ムーン》フィニッシャーにしたデッキ

神羅スカル・ムーン SR 闇文明 (8)
進化クリーチャー:ルナティック・エンペラー/ダークロード 12000
究極進化−自分の進化クリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー

|このクリーチャーが破壊される時、かわりに相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。|

《神羅スカル・ムーン》は自身が破壊される時に相手クリーチャーを身代わりにして生き残ることができる。この能力のために破壊に対してはめっぽう強く、それなりの場持ちが期待できる。

また、この能力置換効果なので、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》《光器パーフェクト・マドンナ》置換効果を適用させずに除去することが可能。

強力なスペックの反面、召喚には苦労する。マナコストが8と重い上に、究極進化なので進化クリーチャーを用意しなければならないためである。

《神羅スカル・ムーン》マナブースト自然を加えた2色で組まれることが多い。

これといったアーキタイプはなく、プレイヤーの好みに合わせて自由に組むことができる。

主要カード

進化元の候補

スカルムーン能力起動の候補

その他の候補

DMC-64型

《百発人形マグナム》を初めDMC-64に収録されたカードをベースとしたタイプ。

このデッキの回し方

やはり、フィニッシャーである《神羅スカル・ムーン》を手早く出したい。マナブースト《幻緑の双月》ドローソース《邪魂創世》デッキを回転させていく。

進化元にはマナブーストができる《スーパー大番長「四つ牙」》や、墓地進化《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》が便利である。

十分なマナ進化元が揃ったら《母なる星域》などから《神羅スカル・ムーン》を出す。そうすると、相手は《神羅スカル・ムーン》の殴り返しを恐れて攻撃をためらうので、今度は《龍神ヘヴィ》《死神戦鬼ベル・ヘル・デ・バラン》を利用して《神羅スカル・ムーン》破壊を相手クリーチャーに肩代わりさせていく。

この能力置換効果なのがメリットであり、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》《光器パーフェクト・マドンナ》《純潔の信者 パーフェクト・リリィ》をはじめ、ゼニスエターナル・Ωも適用させずに墓地送りに出来る。

解除持ちのサイキック・クリーチャー《獅子頂龍 ライオネル》などにも効くため、意外な場面で刺さることもあるだろう。

このデッキの弱点

何と言っても《神羅スカル・ムーン》破壊以外の除去に弱い。バウンスマナ送りシールド送りには成す術がないため、過信していると痛い目を見る。

事前のハンデスで危険なカードはしっかり落としておきたい。気になるならば、《光器クシナダ》《巡霊者アテルイ》などを利用してアンタッチャブルにすると安全だろう。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:58:56