【スター・イン・ザ・ラブ】

【ウェディング・ゲート】の亜種。

シールドと引き換えにリセットを行う《偽りの星夜 スター・イン・ザ・ラブ》を中心に、相性のいいクリーチャーで構成される。

偽りの星夜(コードナイト) スター・イン・ザ・ラブ P 闇文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン 13000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、他のクリーチャーをすべて破壊してもよい。そうした場合、自分のシールドをすべて墓地に置く。
T・ブレイカー

偽りの星夜(コードナイト) エンゲージ・リングXX(ダブルクロス) P 闇文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン 9000
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが破壊される時、かわりに自分のシールドをひとつ墓地に置いてもよい。

《偽りの星夜 スター・イン・ザ・ラブ》cipで自身を除くバトルゾーンクリーチャーを全て破壊できる。ただし、デメリットとして自分のシールドを全て墓地に送らなくてはならない。

任意とはいえ非常に癖が強いため、この弱点を補うために《偽りの星夜 エンゲージ・リングXX》などの相性のいいクリーチャーが採用される。

主要カード

エンジェル・コマンドの候補

超次元の候補

その他の候補

このデッキの戦い方

あらかじめ下準備を整えておき、頃合いを見計らって《偽りの星夜 スター・イン・ザ・ラブ》リセット制圧を行う。

リセット能力は非常に強力であるものの、シールドを根こそぎ墓地送りにしてしまうため、返しのターンにスピードアタッカー等で奇襲されるリスクを伴う。

そのため、以下の手段で対策したい。

一度バトルゾーンリセットしてしまえば一気に優勢となる。高いブレイク数と破壊耐性で押し切っていけるだろう。

ドラゴン・サーガでは《百獣槍 ジャベレオン》を使うタイプが現れた。自分のシールドが減ると龍解できるので相性はいい。《百獣聖堂 レオサイユ》から《頂天聖 レオザワルド》まで3D龍解できれば、自身の能力で敗北を回避できる。

また、《偽りの星夜 スター・イン・ザ・ラブ》は非常に癖が強いものの、能力任意なので使用しなくてもいい。場合によっては全体除去を使わず普通にビートダウンしてもよいだろう。

このデッキの弱点

弱点は【ウェディング・ゲート】とほぼ同じ。

《ウェディング・ゲート》の性質上、手札消費が激しくハンデスに弱い。ドローカードを十分に投入する必要があるだろう。《墓守の鐘ベルリン》《聖鐘の翼 ティグヌス》を採用するのも良い。

コスト踏み倒しを多用する都合上、《ウソと盗みのエンターテイナー》《百発人形マグナム》は早めに除去してしまいたい。

その他

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:43:02