【スターロイザー】

《スターゲイズ・ゲート》によるブロッカーコスト踏み倒し《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》による呪文コスト踏み倒しを軸にした白青【クリーチャーコントロール】DMRP-06期に成立したデッキ。

星門の精霊アケルナル VR 光文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 10500
ブロッカー
W・ブレイカー
自分のターンの終わりに、光の「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
スターゲイズ・ゲート VR 光文明 (5)
呪文
光の「ブロッカー」を持つ進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。

龍装艦 ゴクガ・ロイザー SR 水文明 (6)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ムートピア 4000
ブロッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。
呪文の効果によって相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。
呪文を自分の手札から唱えた時、その呪文を、墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。

ヘブンズ・ゲート R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
進化クリーチャーではない光の「ブロッカー」を持つクリーチャーを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。

主要カード

《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》呪文を増幅させてバトルゾーン手札などを賑わせる
《星門の精霊アケルナル/スターゲイズ・ゲート》呪文面が核となる。クリーチャー面もターンを追うごとにアドバンテージを稼げる
《導師の精霊龍 マホズン》コスト踏み倒しの第一候補。呪文を手札か踏み倒して《ゴクガ・ロイザー》で増幅

候補カード


《ドラゴンズ・サイン》定番のコスト踏み倒し
《ドレミ団の光魂Go!》オールタッパーであり手札の呪文踏み倒し手段でもあるカード。相手ターン中にS・トリガーとして打てば《異端流し オニカマス》もある程度ケアできる
《龍素遊戯》ドラゴン呪文ツインパクトが多いからこそ輝く手札補充
《エナジー・ライト》見ての通りの基本ドローソース

《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》序盤はコスト踏み倒しメタとして、終盤は呪文ロックとして
《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》クリーチャー面は光でない呪文とクリーチャーへのメタ。呪文面はシールド送りによる確定除去進化クリーチャーも選べる

このデッキの使い方

まず《奇石 ミクセル》で相手の動きを牽制。こうすると相手がコスト踏み倒しメタを利用する場合であってもある程度素出しで応戦することができるようになる。

その後手札補充を行う。ここで役に立つのが殆どプレイヤーからその存在を忘れられていた《龍素遊戯》である。ドラゴン、非ドラゴン、呪文、ツインパクトがバランス良く積まれるこのデッキでは3枚ヒットすることも珍しくない。

準備が出来上がったら《スターゲイズ・ゲート》《導師の精霊龍 マホズン》を早出し。その次のターンに《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》を出し、《導師の精霊龍 マホズン》アタックトリガー《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》能力で呪文を連打して盤面を整える。

コスト踏み倒しメタに対しては《ドレミ団の光魂Go!》によるタップキル《新・天命王 ネオエンド》による除去耐性の付与が重要。

盤面が整ったらそのま《ジャミング・チャフ》《時の法皇 ミラダンテXII》で詰める。

このデッキの弱点

が入らず除去に乏しい上にドラグハートを使用しないため、コスト踏み倒しメタに対しては若干弱い。《異端流し オニカマス》に対しては、その効果が及ばない自身のターン中のS・トリガーによるコスト踏み倒しに欠ける展開になりがちである。

呪文中心なので《奇石 タスリク》などの呪文コスト増加系統のシステムクリーチャーに対しても無力。そもそも論として環境に呪文コストを増加させるシステムクリーチャーがほとんど見られなくなったからこそ成立したデッキなのである。


参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:17:05