【セイバードラピ】

わずか1マナにしてパワー15000でT・ブレイカーを持つ《緑神龍ドラピ》フィニッシャーにしたデッキ。そのデメリットを補うためにセイバーを持つクリーチャーを使用する。

積極的にセイバーを使用することで起きる手札枯渇を補う関係上、ドローソース墓地回収が積まれることが多い。
構築の自由度は高く、緑単で組むことも十分可能。

緑神龍ドラピ R 自然文明 (1)
クリーチャー:アース・ドラゴン 15000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにカードが9枚以上なければ、このクリーチャーを破壊する。
T・ブレイカー

主要カード

候補カード

自然

《斬隠テンサイ・ジャニット》対【速攻】 エビゾウを採用しているならシナジーあり
《アクア・ジェスタールーペ》クリーチャー比率が高ければ ドラピの低コストと好相性
《エナジー・ライト》手札補充
《ドンドン吸い込むナウ》手札補充兼バウンス
《ザ・ストロング・スパイラル》バウンス 高パワーと相性良

《どんどん掘るナウ》墓地回収。ドラピやジャスミンを回収すれば1ドロー
《地獄門デス・ゲート》S・トリガー。除去兼リアニメイト
《復活のトリプル・リバイブ》ドラピとセイバーをまとめてリアニメイト
《暗黒貴族ウノドス・トレス》
《ダーク・ルピア》ドラゴンが破壊されると確定除去を撃てる

《レクタ・アイニー》ドラピがいればG・ゼロ
《ラブ・バトラッチ》ドラピがいれば疑似14500火力
《ザ・ストロング・クラッシュ》厄介なブロッカーを退けつつ1ドロー

多色

無色

緑単の場合

《雪渓妖精マルル》《結界の面 ブオン》が合わせて8枚まで投入可能なので、緑単での構築も可能。《マルル》や《天真妖精オチャッピィ》スノーフェアリーなので、《妖精の裏技ラララ・ライフ》G・ゼロで使用可能。よって、素早いマナブーストが可能であり、《ドラピ》を普通に出すことも視野に入る。
手札補充《野生設計図》で賄う。《再誕の社》墓地からクリーチャーマナゾーンに埋め、《連鎖類大翼目 プテラトックス》で出すといった小技も可能。単色カードはドラゴン・サーガでプッシュされており、将来性もある。

を入れる場合

《ポッポ・弥太郎・パッピー》が使用可能。セイバーの都合上仁義を誘発させやすく、デッキ内のほとんどのクリーチャースピードアタッカーに出来る《無頼疾風ザン・エビゾウ》が使える。ただし、《ドラピ》自体がコンボ要素を含むので不安定になりがち。
にも言えるが、毎ターン《ドラピ》などを出せる《激天下!シャチホコ・カイザー》を使うこともできる。

を入れる場合

《エナジー・ライト》などのドローソースが積めるのでデッキの回転が安定する。《ドンドン吸い込むナウ》は守りの強化にもつながるので有用。《アクア・ジェスタールーペ》による展開力も魅力である。

を入れる場合

《どんどん掘るナウ》墓地回収が便利。ドラピやマルルを回収してもいいが、《霞み妖精ジャスミン》を使いまわすことで9マナ貯めて普通にドラピを出す選択肢も生まれる。マナブーストを積極的に行うならば、《「命」の頂 グレイテスト・グレート》を隠し味として投入するのもいいだろう。
《復活のトリプル・リバイブ》《暗黒皇女アンドゥ・トロワ》のリアニメイトもなかなか有用。
《地獄門デス・ゲート》はほとんどの場合でドラピをリアニメイトできる。
ドラピの自壊を利用して《黒神龍グールジェネレイド》リアニメイトするのも考えられるが、中途半端になりがちなので、それならば最初から【グールジェネレイド】として組んだ方が安定する。

を入れる場合

《剛力防機シュビルパンチ》が使用可能。《ポッピ・ラッキー》によって除去に弱いドラピの弱点を補える。


その他

ビートダウンでありながらコンボデッキとしての側面も強いため、《エナジー・ライト》《トレジャー・マップ》などのカードを使い、うまく必要なカード手札に引き込むことが重要。

セイバーが大量に搭載されるため《緑神龍ドラピ》への破壊耐性は高いものの、低コストのものが多いバウンスによる除去を打たれるとドラピのデメリットがきつくなってくるので、そのような除去を得意とするデッキには文明スピードアタッカー付与などを使い、ワンショット気味に決めに行きたい。

また《緑神龍ドラピ》以外のカードは小型のものが多くなりがちなので、火力による一掃には常に注意を払うべきだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:01:32