【ゼロ・フェニックス】

進化V《暗黒凰ゼロ・フェニックス》フィニッシャーにしたデッキ

暗黒凰ゼロ・フェニックス SR 闇/火文明 (7)
進化クリーチャー:フェニックス 11000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
進化V−自分の闇のクリーチャー1体と火のクリーチャー1体を重ねた上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに墓地に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、相手は自分自身の手札を2枚選んで捨てる。その後、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

《暗黒凰ゼロ・フェニックス》《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《暗黒王デス・フェニックス》と同等のシールド焼却能力を持つ。進化なので召喚酔いせず、出したターンからシールドを削っていける。

場を離れるとハンデスランデスが可能であり、相手に与えるプレッシャーは本家《暗黒王デス・フェニックス》譲り。

また、進化の条件がクリーチャー1体ずつとなっており、《暗黒王デス・フェニックス》より重いものの、非常に出しやすくなっている。

自身の文明を中心に、マナブースト自然を加えた黒赤緑で組まれることが多い。もしくは、自然の代わりにを入れた青黒赤にする手もある。

主要カード

進化元の候補

多色

その他の候補

水を入れる場合

超次元の候補

このデッキの使い方

《暗黒凰ゼロ・フェニックス》を出すまでは通常のコントロール通り。《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》マナブーストから《解体人形ジェニー》ハンデスで出鼻をくじき、各種のカードで相手の場をコントロールしていく。

《暗黒凰ゼロ・フェニックス》はあらゆるクリーチャー進化元に出来るので、非常に自由度が高い。何より、使い終わったcipクリーチャーを手軽に再利用できるのが強みである。

このデッキの弱点

進化Vの都合上、やはり進化元を次々に除去されると何もできなくなる。

ただし、《暗黒王デス・フェニックス》とは違い高速召喚に特化する必要はないため、各種cipクリーチャーサイキック・クリーチャーだけで十分に戦っていける。

むしろ進化V《暗黒凰ゼロ・フェニックス》は若干オーバーキル気味でもあるため、攻勢時の詰めに使用できればベストだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:51:25