【タース・ケルケルヨ】

強力なコスト踏み倒し能力を持つ進化クリーチャー《守護聖天タース・ケルケルヨ》を主軸にしたガーディアン種族デッキ。ケルヨビートとも呼ばれる。

守護聖天タース・ケルケルヨ VR 光文明 (6)
進化クリーチャー:ガーディアン 9500
進化-自分のガーディアン1体の上に置く。
自分の他のガーディアンが破壊される時、墓地に置くかわりにこのクリーチャーの下に置いてもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるクリーチャーを1体選び、表向きにして自分の山札の上に置いてもよい。そうした場合、そのクリーチャーをバトルゾーンに出す。
W・ブレイカー

束縛の守護者ユッパール P 光文明 (3)
クリーチャー:ガーディアン/アンノイズ 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップしてもよい。そのクリーチャーは、次の相手のターンのはじめにアンタップされない。

時空の庭園 R 自然文明 (2)
呪文
自分の山札の上から1枚目を、自分のマナゾーンに置く。その後、クリーチャーを一体、自分のマナゾーンから、バトルゾーンにある自分の進化クリーチャーの下に置いてもよい。

《守護聖天タース・ケルケルヨ》進化元であるガーディアンを擁すると、マナブーストサーチ《時空の庭園》による進化元の補給を行う自然の2色で組まれる。ここでも白緑で組まれたタイプを紹介する。

タース・ケルケルヨの能力で出すクリーチャー種族文明は問われないため、基本的にどんな文明とも組める。《時空工兵タイムチェンジャー》の所属するを入れてもいいだろう。

光の主要カード

自然の主要カード

《時空の庭園》マナブースト。ケルケルヨに進化元を補給する
《クレスト・EVOチャージャー》ケルケルヨをサーチするEvoチャージャー
《ジオ・ブロンズ・マジック》マナブースト+条件付き1ドロー
《ハッスル・キャッスル》ドローソース。ケルケルヨの展開力を活かす

ガーディアンの候補カード

《愛々の守護者チョップルン》軽量無限ブロッカー
《空域の守護者ブインビー》相手のサイキックに反応して巨大化するブロッカー
《迎撃の守護者エビンビー》S・トリガー。自身かコスト7以上のクリーチャーを出したときに相手獣をタップ
《侵攻の守護者ガチャピンチ》ウルトラ・セイバーでガーディアンを守る。ケルケルヨの効果は置換効果である点には注意
《殉教の守護者メンコイコイ》同じくウルトラ・セイバー持ち。こちらはアンノウンも守れる
《蒼月の守護者グーゼ・ノース》相手ターン中のみバウンスが効かないブロッカー
《守護聖天アーク・バイン》進化クリーチャータップトリガーで敵獣をタップ
《雷鳴の守護者ミスト・リエス》置きドロー。場持ちは良くないので採用率は控えめ
《紅蓮の守護者ラ・バル・プラトーン》cipで指定した文明以外を全タップ
《黙示聖者ファル・レーゼ》呪文を回収。ミント・シュバールを使わない場合は
《転生の守護者コア・パルサー》L・ゲートでサルベージ
《時空の守護者ジル・ワーカ》pigで敵獣を2体タップする軽量ブロッカー
《光波の守護者テルス・ルース》ランデス対策

このデッキの使い方

《時空の庭園》《ジオ・ブロンズ・マジック》などのマナブーストからスタート。
《束縛の守護者ユッパール》で時間を稼ぎつつ《クレスト・EVOチャージャー》でケルケルヨをサーチする。《光器ペトローバ》ガーディアンを選んでおけば、制圧がぐっと容易になる。

ケルケルヨを出してしまえば後はひたすら殴るのみ。普通に進化元を出してもいいが、《神託の守護者ミント・シュバール》で回収した《時空の庭園》でケルケルヨの下にマナゾーンの大型を仕込むのも面白い。何にせよ、ケルケルヨからの展開で《ハッスル・キャッスル》でどんどんカードを引けるので攻め手を切らせずに展開ができる。

ユッパールをはじめとしたタップフリーズ能力で相手の動きを封じることで制圧するのが主な戦い方。除去は少ないものの、バトルゾーンコントロール力は高い。

なお、ケルケルヨは自身の効果で、破壊されるガーディアンを下に置けるため、自爆特攻を利用してユッパールなどの進化元を下に置き、そのcipを使いまわすのも有効。ただしこの効果は置換効果でなので、ウルトラ・セイバーで破壊される《侵攻の守護者ガチャピンチ》《殉教の守護者メンコイコイ》を下に置くことはできない。

踏み倒す大型の候補

光文明のクリーチャーを多く挙げたが、強力な効果を持つクリーチャーならば種族・文明を問わずに候補となる。タース・ケルケルヨから踏み倒すことが前提であればそのカード以外に同文明のカードがなくても問題ないため、かなり自由度は高い。

このデッキの弱点

進化クリーチャーを使用する都合上、パワーの低い進化元を次々に除去されてしまうとどうしようもない。また手軽なドローソースを積めないため、ハンデスを連打されるのも苦しい。

とは言え、質のいい大型クリーチャーが多めに投入され、マナブーストもできるので素のカードパワーでどんな相手ともそこそこ戦うことはできる。

また、自然のみで組む場合、相手の手札への干渉がほとんどできなくなるので、バトルゾーンに依存しないコンボデッキへの対応が厳しい。


参考


Last-modified: 2018-12-01 (土) 09:19:34