【ターボサイキック】

2ターン目のマナブースト《母なる星域》《邪神M・ロマノフ》メテオバーン能力をフル活用することにより、最速3ターン目でのサイキック・クリーチャー召喚を可能にするデッキ。

邪神M(マッド)・ロマノフ P 火文明 (5)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 3000+
Mデッキ進化−自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からクリーチャーを1体選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。表向きにした残りのカードを自分の墓地に置く。表向きにしたカードの中にクリーチャーが1枚もない場合、このクリーチャーを手札に戻し、表向きにしたカードをすべて墓地に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、火か闇のコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分のマナゾーンから唱える。
G・リンク《邪神R・ロマノフ》または《邪神C・ロマノフ》の左横。

基本的な動き方は単純。《邪神M・ロマノフ》または超次元呪文(それぞれ1枚で十分)をマナゾーンに準備しつつ、2ターン目でのマナブーストから3ターン目で《母なる星域》を唱えて《邪神M・ロマノフ》バトルゾーンへ出す。
ここまで成功すれば、あとはあらかじめマナゾーンに準備した超次元呪文をメテオバーン能力で唱えればサイキック・クリーチャーを出すことができる。

理想となる3ターン召喚を実現する為には、手札からマナゾーンへ直接カードを置けるカードや、マナゾーンの内容を操作できるカードが必須。前者は《幻緑の双月》《大冒犬ヤッタルワン》、後者は《ダンディ・ナスオ》《黙示賢者ソルハバキ》が該当する。
また、《フェアリー・ライフ》《時空の庭園》等の呪文でマナブーストするとクリーチャーが出ない。その場合の保険として《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》《ラブ・エルフィン》を起用してみるのも良いだろう。

理想的な動きができなかった場合でも、とにかく《邪神M・ロマノフ》を早期にバトルゾーンに出すことを狙う。仮に、場に出たターンにメテオバーンを使えなかった場合でも諦めずにチャンスを待ちたいところ。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:29:38