【ターボバーレスク】

《恵みの大地ババン・バン・バン》を出した次のターン、一気に17マナたまったところで《クリムゾン・ワイバーン》召喚《聖剣炎獣バーレスク》進化して勝負をつけるコンボ、またはそれを用いたデッキ

恵みの大地ババン・バン・バン SR 自然文明 (8)
クリーチャー:ガイア・コマンド 9000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のマナゾーンにあるカードの枚数を数える。その数だけ、自分の山札の上から、タップしてマナゾーンに置いてもよい。
W・ブレイカー
マナ爆誕9

クリムゾン・ワイバーン SR 火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ワイバーン 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、バトルゾーンにある「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて、持ち主の墓地に置く。

聖剣炎獣バーレスク VR 火文明 (9)
進化クリーチャー:アーマード・ワイバーン 8000
進化−自分のアーマード・ワイバーン1体の上に置く。
このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかったとき、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
W・ブレイカー
自分のターンの終わりに、このクリーチャーを自分の手札に戻す。

多くは自然で組まれる。
マイナーなものでは、を使うものも存在する。
こちらでは、《ペトリアル・フレーム》によって除去耐性を付けたり、《雷炎賢者エイジス》によって守りを固めたりする事が出来る。

主要カード

候補カード

マナブーストドローソースは選択肢が広いので、自分に合ったものを使おう。

序盤は基本的にマナブーストドローを行う。
相手がハンデスをして来そうなら、コンボパーツマナに埋めてしまったほうが無難。
8マナ貯まったら《恵みの大地ババン・バン・バン》を出し、16マナにする。
次のターン17マナになり、《クリムゾン・ワイバーン》から《聖剣炎獣バーレスク》に繋げる。
パーツが揃っていないようならここで《ミスティック・クリエーション》などのマナ回収カードにお世話になろう。
《ストリーミング・チューター》によるヒット率を上げるために、マナ回収カード《炎晶バクレツ弾》《カブラ・カターブラ》を採用するのも悪くない。

相手にブロッカーがいないなら、9マナの状態で《恵みの大地ババン・バン・バン》を出し、18マナの状態で《エグゼズ・ワイバーン》《聖剣炎獣バーレスク》《呪紋の化身》でもよい。
だが、《呪紋の化身》は2009年12月19日にプレミアム殿堂となってしまった。

バトルゾーンにアーマード・ワイバーンがいるのであれば、《恵みの大地ババン・バン・バン》《聖剣炎獣バーレスク》《クリムゾン・ワイバーン》の順でもかまわない。
が、《クリムゾン・ワイバーン》から進化しておけば、《アクア・リバイバー》などがシールドから出ても《聖剣炎獣バーレスク》のバウンス能力で進化元も戻って対処できる。

いずれにせよ、《恵みの大地ババン・バン・バン》を出した後はライブラリアウトの危険性が上昇するので早期にフィニッシュまで持ち込みたい。

《光牙忍ハヤブサマル》の登場で、《クリムゾン・ワイバーン》によってブロッカー除去しても確実に攻撃が通るとは限らなくなってしまった。
一応、《インビジブル・スーツ》などでブロックされなくすることで対処は出来るのだが、《光牙忍ハヤブサマル》は殿堂入りしたので仕方ないと割り切ってしまったほうがいいかもしれない。
その他、《クリムゾン・ワイバーン》で除去できない《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》にも注意。

《恵みの大地ババン・バン・バン》による膨大なマナブーストに加え、《聖剣炎獣バーレスク》によるエクストラターンと非常に豪快なプレイを楽しむことができ、ギャラリー受けも良いデッキである。

  • 2005年のスプリング・チャレンジ・バトル大阪大会Aレギュラークラス3位の成績を残している。

参考


Last-modified: 2018-12-09 (日) 01:07:06