【ダースレインビート】

《夢幻騎士 ダースレイン》能力墓地肥やしし、墓地進化《百万超邪 クロスファイア》を投げつけるビートダウン

夢幻騎士 ダースレイン P 闇文明 (4)
進化クリーチャー:ダーク・ナイトメア 6000
進化−自分の闇のクリーチャー1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を墓地に置いても良い。そうした場合、クリーチャーを1体自分の墓地から手札に戻す。
W・ブレイカー

百万超邪(ミリオネア) クロスファイア P(SR) 火文明 (7)
クリーチャー:アウトレイジ 7000+
G・ゼロ−自分の墓地にクリーチャーが6体以上あり、自分の《百万超邪 クロスファイア》がバトルゾーンになければ、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
パワーアタッカー+1000000(攻撃中、このクリーチャーのパワーは+1000000される)
W・ブレイカー

《夢幻騎士 ダースレイン》クリーチャーから進化し、cip《ライク・ア・ローリング・ストーム》を撃てる。この能力《死神術士デスマーチ》などの墓地進化と相性が良く、それらを組み合わせたビートダウン戦術が取られる。

また、《百万超邪 クロスファイア》G・ゼロとも噛みあうため、タッチした青黒赤で組まれることが多い。

主要カード

候補カード

《アクア・メルゲ》手札交換
《シンカイタイフーン》cipで1枚引いて1枚捨てる
《フェイト・カーペンター》cipで2枚引いて2枚捨てる
《封魔ゴーゴンシャック》呪文を重くする
《セブ・コアクマン》cip手札補充
《終末の時計 ザ・クロック》ターンの残りを飛ばすS・トリガー
《闇戦士ザビ・クロー》1マナウィニー
《一撃奪取 ブラッドレイン》コスト軽減
《死神封魔ラヴァール》進化コスト軽減
《オタカラ・アッタカラ》cip墓地肥やし
《福腹人形コダマンマ》cipシールド回収
《デュエマの鬼!キクチ師範代》マナブーストを妨害
《禁術のカルマ カレイコ》
《停滞の影タイム・トリッパー》タップインで足を引っ張る
《虚構の影バトウ・ショルダー》呪文を重くする
《白骨の守護者ホネンビー》cip墓地肥やしサルベージ
《盗掘人形モールス》G・ゼロ持ちのサルベージ要員。
《死神術士デスマーチ》1マナ墓地進化
《鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー》2マナ墓地進化
《死神竜凰ドルゲドス》3マナ墓地進化
《夢幻騎士 ヴィシャス・デスラー》攻撃時にピーピングハンデス
《戦略のD・H アツト》cipで2枚ドローして2枚捨てる
《【問2】ノロン↑》
《ウソと盗みのエンターテイナー》コスト踏み倒しメタ
《フォール・クロウラー》プレイヤーマナを削るが、こちらはウィニーを展開することで動き続けられる。1ショットキル軸の要
《音精 ラフルル》呪文封じ。1ショットキル軸の要
《暴走龍 5000GT》アウトレイジフィニッシャー

このデッキの戦い方

セオリー通り、《夢幻騎士 ダースレイン》への進化を目指す。クリーチャーならば進化元は何でもいいので、召喚は容易。

《戦略のD・H アツト》《オタカラ・アッタカラ》は2マナ墓地肥やしできるので優秀。《一撃奪取 ブラッドレイン》《死神封魔ラヴァール》《夢幻騎士 ダースレイン》コスト軽減できるので、2→4ときれいにつながる。

墓地が肥えたら《死神術士デスマーチ》《死神竜凰ドルゲドス》などの墓地進化を繰り出す。6体以上落ちていれば《百万超邪 クロスファイア》《盗掘人形モールス》G・ゼロも利用可能。

2ターン目・3ターン目に《戦略のD・H アツト》《オタカラ・アッタカラ》《フェイト・カーペンター》のいずれかを2体出し、4ターン目に《夢幻騎士 ダースレイン》に進化させることで《百万超邪 クロスファイア》G・ゼロ条件を満たせるため、最速4ターンキルが可能。
《戦略のD・H アツト》《フェイト・カーペンター》の手札交換により《夢幻騎士 ダースレイン》《百万超邪 クロスファイア》を手札に呼び込むことは容易。もし墓地に落ちたとしても《夢幻騎士 ダースレイン》で回収できるため成功率は高い。

中型のW・ブレイカーを途切れなく展開できるため、ビートダウンコントロール相手にもパワー負けしにくいのが強みである。

このデッキの弱点

デッキ内のクリーチャーは小型が多い。S・トリガー《めった切り・スクラッパー》を踏んだり、マナブーストから《ボルシャック・スーパーヒーロー》《猛虎ライガー・ブレード》を出されると苦しい。

また息切れしやすいため長期戦が苦手。小型のブロッカーで足止めを食らい、その間に《夢幻騎士 ダースレイン》の進化元を除去されると辛い。

特に【墓地ソース】相手に《暴走龍 5000GT》を出されると詰みに近い状態になる。速度を活かして早めに決着を付けられるようにしたい。

【1ショットキル型】

革命ファイナル終期になると【ロージアミラダンテXII】などの受けの強いビートダウンが環境に躍り出たが、それを《音精 ラフルル》を詰めに使った1ショットキルで乗り越えることができることが判明し、遅くともDMRP-02期にこのタイプが知られるように。

《戦略のD・H アツト》《【問2】ノロン↑》を各4投、《音精 ラフルル》を3投と多色が多めな構築になりがちなので、あまり多色を欲張らずに単色もバランスよく組み込む構築が重要。


その他

  • 墓地肥やしから《百万超邪 クロスファイア》に繋ぐという発想と色構成は【墓地ソース】に近い。こちらは素早くビートダウンすることに特化している。
    • その動きから【ダースレイン墓地】と呼ぶ人もいるが、純正の墓地ソースに比べるとGTが入っていないなど基本的には墓地アドバンテージを活かした「ビートダウンとしての速さ」を意識している。

参考


Last-modified: 2018-12-05 (水) 15:26:54