【ダーツゲート】

《ラッキー・ダーツ》効果《憎悪と怒りの獄門》を発動させ、相手のシールドを0枚にし、スピードアタッカーとどめを刺す即死コンボデッキ

ラッキー・ダーツ R 光文明 (1)
呪文
自分のシールドを1枚相手に選ばせ、見る。それが呪文であればコストを支払わずにすぐ唱えてもよい。唱えない場合やそのカードが呪文でない場合、元の場所に戻す。

憎悪と怒りの獄門(エターナル・ゲート) SR 闇/火文明 (6)
呪文
マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。
相手のシールドが自分のシールドより多ければ、この呪文を唱えることができる。
自分のシールドと同じ枚数のシールドを、相手は自分自身のシールドゾーンから選ぶ。相手は残りのシールドを持ち主の手札に加える。(その「S・トリガー」を使ってもよい)

序盤は《ラッキー・ダーツ》シールド呪文を使い、自分のシールドを減らしていく。
最後の1枚のシールド《ホーリー・メール》《エメラル》《憎悪と怒りの獄門》を仕込み、再び《ラッキー・ダーツ》唱える
相手のシールドが0枚となるので、とどめにスピードアタッカー召喚して攻撃する。

《憎悪と怒りの獄門》は相手にS・トリガーの発動を許してしまうが、手札に影響するS・トリガーは採用されにくい。そのため3マナ残した状態で発動できれば、あとで出したスピードアタッカー攻撃ができる。

参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:57:45