【ダーツデリート】

【オールデリート】の派生であり、基本は同じで《禁断〜封印されしX〜》《オールデリート》禁断解放させてダイレクトアタックを決めるデッキである。《ラッキー・ダーツ》を採用し、《トライガード・チャージャー》《黒神龍ブライゼナーガ》などのシールドを操作するカードを軸にして、《ラッキー・ダーツ》から《オールデリート》を唱えるというコンセプトのデッキである。

デッキ自体は【オールデリート】の成立当初から存在していたが《トライガード・チャージャー》の獲得と《サイバー・I・チョイス》の裁定強化によって汎用性が低く不安定なファンデッキからそこそこ環境で結果を残す地雷となり、2018年11月頃からチャンピオンシップ4位以内入賞が目立つようになった。

オールデリート P(VR) 闇文明 (11)
呪文
各プレイヤーは、バトルゾーン、手札、シールドゾーン、墓地にある自身のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。

伝説の禁断 ドキンダムX FLC 火文明 (99)KNDN LEGEND DKDMX FLC Fire (99)
禁断クリーチャー:(種族なし) 99999KNDN Creature 99999
T・ブレイカーTriple Breaker
このクリーチャーが禁断解放した時、相手は自身のクリーチャーすべてに封印をひとつ付ける。When this card is flipped to this creature side, your opponent puts a seal on each of his creatures.
コスト4以下の呪文によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。Whenever a spell that costs 4 or less would cause your opponent to choose a creature, he can't choose this one.
このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける。If this card is anywhere other than the battle zone, you lose the game.
禁断解放前⇒《禁断〜封印されしX〜》
※殿堂入り

ラッキー・ダーツ R 光文明 (1)
呪文
自分のシールドをひとつ相手に選ばせ、見る。それが呪文であればコストを支払わずにすぐ唱えてもよい。
※殿堂入り

主要カード

《オールデリート》
《伝説の禁断 ドキンダムX》
《ラッキー・ダーツ》《オールデリート》を唱えるための手段。
《黒神龍ブライゼナーガ》《ラッキー・ダーツ》を唱えるための準備として軸になるカード。

候補カード

《トライガード・チャージャー》《黒神龍ブライゼナーガ》に繋ぎつつシールドを操作できる。ゲーム後半にシールドがない状態から《オールデリート》を仕込み《ラッキー・ダーツ》で唱える動きが出来る器用なカード。
《唸る鉄腕 ギリガザミ》《黒神龍ブライゼナーガ》から暴発させたときに捲る候補。
《ドレミ団の光魂Go!》
《目的不明の作戦》
《サイバー・I・チョイス》
《ロジック・スパーク》状況に合わせて重要なカードをサーチ
《デビル・ドレーン》盾落ちケア
《超次元ガード・ホール》このデッキのサブプラン。除去や自分のクリーチャーをシールドに埋めたり、《時空の支配者ディアボロス Z》を用意したり出来る。

超次元ゾーン

《時空の支配者ディアボロス Z》このデッキのサブプラン。覚醒条件で《禁断〜封印されしX〜》の封印を剥がすことが出来る。自身も火のコマンド。
《超時空ストーム G・XX》《時空の支配者ディアボロス Z》を覚醒させたときにバトルゾーンに出すことで《禁断〜封印されしX〜》の封印を剥がすことが出来る。超次元ゾーンにあるだけ出すことが出来るので禁断解放のサポートになり、自身は大きなアタッカーでもある

概要

基本的な勝ち方は【オールデリート】と同じであるが、禁断解放をする手段、勝ち方を増やしたデッキ。

シールドを扱うカードを大量に入れており、スーパー・S・トリガーと相性が良い《黒神龍ブライゼナーガ》を軸に沿え、耐久力と柔軟性を上げた。【ブライゼシュート】に似たギミックを持つ。

このデッキの回し方

基本的な動きは《ロジック・スパーク》《ロジック・キューブ》などを使い、キーパーツを手札に揃えていき、《トライガード・チャージャー》でシールドを操作し、次のターンに《黒神龍ブライゼナーガ》で呪文を唱えることが出来るS・トリガー暴発して、《オールデリート》をシールドに仕込んで《ラッキー・ダーツ》で唱える。

《オールデリート》を使わずに禁断解放するギミックがある。《超次元ガード・ホール》から《時空の支配者ディアボロス Z》を出し、《禁断〜封印されしX〜》封印を1枚剥がす。次のターンの始めに覚醒し封印を3枚まで剥がし、覚醒した《最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z》の上に《超時空ストーム G・XX》を2枚以上出すことで《禁断〜封印されしX〜》の封印が全て剥がれるというもの。あらかじめ殴れるクリーチャーを展開しておき、このギミックを使ってダイレクトアタックを目指す勝ち方もある。

長所

《ラッキー・ダーツ》を確実にサーチしたいがために《ロジック・スパーク》及びその相互互換的スペックの呪文サーチカードを合計6枚積む場合もあり、その場合はその副産物として相手のブレイクに乗じて抜群の対応力を発揮できる。

マナが伸びていれば1ショットキルプランも比較的取り易い。流行した頃の環境におけるコスト踏み倒しメタの主流は《異端流し オニカマス》ではなく《奇石 ミクセル》なので、《超次元ガード・ホール》プランにおいてはそこまでコスト踏み倒しメタを重く見る必要はない。

短所

呪文メタ《伝説の禁断 ドキンダムX》メタ《Q.Q.QX》のようなサーチメタには非常に弱い。寧ろ、汎用性・対応力重視の双極篇環境終期にそうした局所的なメタが好まれないからこそ流行したデッキタイプと言える。

しかし何と言ってもキツイのが《ラッキー・ダーツ》封印落ち。これがシールドに落ちた場合なら相手のブレイクや《デビル・ドレーン》でどうにかできるが、封印に落ちたら諦めて他の方法で《オールデリート》を打つなり1ショットキルに移行するなりしなければならない。

参考

デッキ集へのリンクは必須です。
後は関連するデッキなどへのリンクを各自で追加してください。


Last-modified: 2018-12-12 (水) 19:45:38