【チェンジザドンジャングル】

【チェンジザダンテ】の派生形で、デッキ自体は《ドンジャングルS7》が登場したあたりから既に存在していたが、《時の法皇 ミラダンテXII》の殿堂入り後本格的に組まれるようになった。《時の法皇 ミラダンテXII》をカットした構築もある。《龍装艦 チェンジザ》による呪文コスト踏み倒しからなるリソースの確保、《ドンジャングルS7》による展開、ロックを活かしたコントロールで粘ってから《時の法皇 ミラダンテXII》でフィニッシュする構成。

龍装艦 チェンジザ SR 水文明 (6)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ムートピア 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、カードを2枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。
各ターン、コスト5以下の呪文を自分の手札からはじめて捨てた時、その呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。
六奇怪の四 〜土を割る逆瀧(さかだき)〜 SR 水文明 (4)
呪文
次の自分のターンのはじめまで、相手は各ターン1度しか、クリーチャーで攻撃もブロックもできない。

時の法皇 ミラダンテXII(トゥエルブ) LEGEND 水/光文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍/ドレミ団 12000
革命チェンジ:光または水のコスト5以上のドラゴン
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト5以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の手札から唱えてもよい。そうしなけば、カードを1枚引く。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、次の相手のターンの終わりまで、相手はコスト7以下のクリーチャーを召喚できない。
※殿堂入り

ドンジャングルS7 SR 自然文明[ジョーカーズ] (8)
クリーチャー:ジョーカーズ 8000+
マッハファイター
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、パワー7000以下のクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+6000する。
相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。

概要

大まかな構築、プレイング【チェンジザダンテ】と同じだが、超次元呪文への依存度は元の【チェンジザダンテ】よりも低く、初期型はむしろマッハファイターでの干渉がメインであった。《龍装艦 チェンジザ》は主にマナブーストドローの手段の踏み倒し、終盤のロック呪文の詠唱でデッキに貢献する。

主要カード

《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》cipとアタックトリガーで2ドロー1ディスカード。各ターンに1度だけ、ディスカード下コスト5以下の呪文をタダ打ち
《ドンジャングルS7》cipパワー7000以下1体をマナゾーンから踏み倒し。肉体面はバトル中のパワー14000のマッハファイターで、相手の攻撃対象を自分に固定する能力も持つ
《時の法皇 ミラダンテXII》コンセプト 召喚規制
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》序盤はコスト踏み倒しを牽制、終盤は呪文ロック

《ドンジャングルS7》の周辺カード

《ソーナンデス》《ドンジャングルS7》へのJチェンジが主な仕事であるマッハファイター。パワー7000なので大抵のコスト踏み倒しメタは始末できる
《オラマッハ・ザ・ジョニー》マスター・マッハファイターにより13000未満の敵獣の数だけバトルブレイクを繰り返せる。呪文打ち消しは実質ナシ。マナ回収によって《サイゾウ》でも防御用に回収しておこう
《神秘の宝箱》《ジャングル》の踏み倒し先を確保。マナを経由して《ダンテ》サーチにも
《ニコル・ボーラス》色は会わないが《ジャングル》で踏み倒せるメガハンデス確定除去にも
《気高き魂 不動》自軍に除去耐性付与。ほとんどのコスト踏み倒しメタを貫通するので、《ジャングル》での踏み倒し戦術とマッチ。自分のJチェンジを阻害するのには注意
《光神龍スペル・デル・フィン》定番呪文ロックファッティ。このデッキのフィニッシャー
《あたりポンの助》クリーチャーによるカウンターをロックしたりコスト踏み倒しメタ能力を無視したり
《緑知銀 サモハン》《ジャングル》に疑似アンタッチャブル付与《不動》とは異なり革命チェンジJチェンジを邪魔しない
《龍素記号Sr スペルサイクリカ》呪文墓地回収しつつコスト踏み倒し

その他候補カード

《フェアリー・ライフ》初動マナブースト
《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》呪文面は1マナブースト1マナ回収クリーチャー面はcip持ちに反応するロック
《フェアリー・シャワー》1マナブースト1ドロー
《霞み妖精ジャスミン》
《ライフプラン・チャージャー》マナブースト 兼 手札補充
《バングリッドX7》4000MFATでの1マナブーストマナ召喚が持ち味
《ポクチンちん》コスト踏み倒しメタ、墓地対策、山札回復を一手に引き受ける。無色なので事故とは無縁
《Dの牢閣 メメント守神宮》遅延と防御札を兼ねるD2フィールド
《怒流牙 佐助の超人》シノビ
《斬隠蒼頭龍バイケン》シノビ& ハンデス対策
《怒流牙 サイゾウミスト》シノビ&山札回復
《オリオティス・ジャッジ》コスト踏み倒し系統に刺さる全体除去
《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》クリーチャー面は選んだ数字の相手クリーチャー全バウンスのcipを持つ。呪文面は選んだ数字のクリーチャーの召喚と選んだ数字の呪文を唱えることを禁止
《父なる大地》十分にマナブーストした段階で相手のそこそこのサイズのクリーチャーを《奇石 ミクセル》のような終盤腐るクリーチャーに変換
《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》墓地対策。より汎用性の高い《ポクチン》とはブロッカー、G・ゼロで差別化しよう
《テック団の波壊Go!》強力な防御S・トリガー

超次元呪文

《超次元シャイニー・ホール》《チャクラ》、《TENMTH》などを呼び出す
《超次元フェアリー・ホール》《勝利のガイアール》、《セツダン》、《ジオ・ザ・マン》などを呼び出す。1マナブーストの付加効果付き
《超次元エナジー・ホール》《<BAGOOON・パンツァー>》、《勝利のリュウセイ》などを呼び出す。1ドローの付加効果付き
《超次元ホワイトグリーン・ホール》言わずと知れた《プリン》呼び出し元
《超次元リバイヴ・ホール》墓地回収付き超次元呪文
《超次元ボルシャック・ホール》コスト踏み倒しメタを焼きつつ小型サイキックを展開

サイキック・クリーチャー

このデッキの回し方

序盤はマナブースト、ドロー、サーチで体勢を整え、1ターンでも早く《龍装艦 チェンジザ》に繋げる。さらにリソースを稼いでから《ドンジャングルS7》に繋げ、盤面が整って手札に《時の法皇 ミラダンテXII》《ジャミング・チャフ》を用意したらそれらを活かした1ショットキルで詰める。

必ずしも《時の法皇 ミラダンテXII》《ジャミング・チャフ》のセットにこだわる必要はなく、適当な打点を並べてから《龍装艦 チェンジザ》アタックトリガーでロック呪文を踏み倒しで唱えてカウンターを封じつつ殴り切るプラン、《ドンジャングルS7》による攻撃対象固定に任せてひたすらビートダウンするプラン、《黒豆だんしゃく》でロックするプランなど、勝ち筋は枚挙に暇がない。

長所

上述の通り勝ち筋が多く《時の法皇 ミラダンテXII》《ジャミング・チャフ》のセットへの依存度が低いため、デッキの汎用性が高い。

着地を妨害するカードへの対処に優れており、コスト踏み倒しを多く行うからといってコスト踏み倒しメタに脆いという弱点が目立たない。

個々のカードパワーが高いため、環境外の正体不明なデッキはデッキパワーで圧殺することができる。

短所

当然だが呪文メタには弱く、《バングリッドX7》《Dの牢閣 メメント守神宮》を絡めた処理ができるかどうかにゲーム運びが左右される。特に【サッヴァーク】に《偽りの王 ナンバーナイン》を出されるとほぼ負ける。

ハンデス《ドンジャングルS7》からリソースを引き出せるかどうかで決まるが、今引きができないとそのまま押し切られることがしばしば。《斬隠蒼頭龍バイケン》も純粋にハンデスに反応したところでフィニッシュパーツが揃わない内に出た場合テンポ良く反撃することがしづらい。

ランデスにも弱く、特に《ジョット・ガン・ジョラゴン》ジョラゴン・ビッグ1《燃えるデット・ソード》のcipを毎ターン連打される展開は最悪。最低でも《龍装艦 チェンジザ》召喚できる6マナに達しないと話にならない。

【チェンジザドンジャングル】の変遷

DMEX-04期の初期型はマッハファイターに寄せたものが一般的であった。

DMEX-05期になると《ディメンジョン・ゲート》《神秘の宝箱》を合計5枚以上投入した型が多くなった。その代わり、《ドンジャングルS7》で詰む相手が多いことが判明したため、同じくクリーチャーによるカウンターケアであり役割が被る《機術士ディール/「本日のラッキーナンバー!」》をカットする型も多くなった。また、《超次元ボルシャック・ホール》《ジ・エンド・オブ・エックス》を投入してを加えた【赤チェンジザ】という派生形も浸透した。

DMSD-10期には《時空の英雄アンタッチャブル》《時空の探検家ジョン》を5コスト超次元呪文で呼び出してそのまま覚醒させてから攻め込む型が流行。《異端流し オニカマス》が減少して《奇石 ミクセル》が増えた環境において覚醒前が低コストサイキック・クリーチャーが重用されているということである。

環境において

デュエル・マスターズ全国大会2018予選4回戦から6回戦、決勝ラウンドは殿堂レギュレーションで行われたが、大会出場40人中5人(使用率3位)使用、決勝進出者8人中2人(使用率2位)が使用と使用率が伸びた。【クラッシュ“覇道”】に有利が取れるのが使用率が伸びた要因であった。

DMGP-8th」でDay2(殿堂レギュレーション)で使用者2人がベスト8入賞を果たした。

ただ、DMBD-09DMBD-10期あたりから【青黒緑デッドダムド】やそれを追う【新世壊ガ・リュミーズ】【サンマックス】などの高速デッキに手を焼くようになり、このデッキは環境から脱落した。

DMEX-07期になると【赤単ブランド】に有利を取れることから環境に復帰。【赤単ブランド】は【新世壊ガ・リュミーズ】と違って除去に弱く、【サンマックス】と異なりメタ張りが不得意であり、《ドンジャングルS7》《「本日のラッキーナンバー!」》がそれら以上に劇的に刺さる。だからこそこのデッキが息を吹き返したと言える。

参考