【チェンジザロージア】

白青黒構築の【ロージアミラダンテ】《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》を加え、墓地戦術などを行うデッキ。DMRP-07発売直前のチャンピオンシップで2位入賞して公になったアーキタイプ。【ドロマーチェンジザダンテ】とも呼ぶ。

龍装艦 チェンジザ SR 水文明 (6)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ムートピア 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、カードを2枚引き、その後、自分の手札を1枚捨てる。
各ターン、コスト5以下の呪文を自分の手札からはじめて捨てた時、その呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。
六奇怪の四 〜土を割る逆瀧(さかだき)〜 SR 水文明 (4)
呪文
次の自分のターンのはじめまで、相手は各ターン1度しか、クリーチャーで攻撃もブロックもできない。

時の法皇 ミラダンテXII(トゥエルブ) LEGEND 水/光文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン/革命軍/ドレミ団 12000
革命チェンジ:光または水のコスト5以上のドラゴン
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、光のコスト5以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の手札から唱えてもよい。そうしなけば、カードを1枚引く。
ファイナル革命:このクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、次の相手のターンの終わりまで、相手はコスト7以下のクリーチャーを召喚できない。
※殿堂入り

龍装の調べ 初不 SR 光文明 (6)
クリーチャー:ドラゴンギルド/メタリカ 7500
ブロッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《スパーク》とある呪文を唱えた時、相手のクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。
ホーリー・スパーク SR 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーをすべてタップする。

主要カード

《時の法皇 ミラダンテXII》コンセプト 召喚規制
《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》cipとアタックトリガーで2ドロー1ディスカード。各ターンに1度だけ、ディスカード下コスト5以下の呪文をタダ打ち
《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》クリーチャー面はcipスパーク呪文を唱えた時トリガーで既にタップしているクリーチャーをフリーズ。呪文面はオールタップ
《真・龍覇 ヘブンズロージア》《龍魂城閣 レッドゥル》で、疑似SAとしての運用、普通にドラグハートを展開など、非常に柔軟な光ドラゴン
《ドラゴンズ・サイン》ロージアを【速攻】化するための重要カード。S・トリガーである事もおいしい。

候補カード

このデッキの回し方

序盤は《奇石 ミクセル》《ルソー・モンテス》《デモンズ・ライト》《ブレイン・タッチ》で妨害しつつ体制を整え、6ターン目以降《龍装艦 チェンジザ》《龍装の調べ 初不》から動く。

後は《煌龍 サッヴァーク》を活かして安全な着地を繰り返し、最後に《時の法皇 ミラダンテXII》と《ジャミング・チャフ》で詰める。

《龍装艦 チェンジザ》のディスカードやツインパクトの呪文面使用を伴う墓地肥やしを活かして《法と契約の秤》によって盤面を整えるのが主要な動きのひとつ。S・トリガーで捲れた《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》の呪文面を使用してからクリーチャー面を《法と契約の秤》によってリアニメイトすると前のターンにオールタップした相手をフリーズできるのが美味しい。

長所

このデッキの成立時期で言えば、《蒼き団長 ドギラゴン剣》系列や《“轟轟轟”ブランド》系列はコスト踏み倒しメタ対策をそちらも《奇石 ミクセル》を使ってロングゲームに持ち込むことによって行うことがメインであり、このデッキ側の《奇石 ミクセル》を焼いてから速攻を仕掛けるという流れはそれほど一般的ではない。そのため、一見すると速攻に弱い点もネックになりづらい。

また、対応力が高いため、相手のデッキの回転が鈍った場合は1つ1つカードをプレイすることで対処できる。前述のような[コスト踏み倒しメタを互いに立てて牽制しあう状況ではそのようなゆったりとした対応の仕方でも問題がない。

単純に《煌龍 サッヴァーク》カードパワーでごり押しできるケースもあり、特にここのカードパワーが低い上に速度も高くはない【デ・スザーク】でこれを立ててビートダウンし続けると強力。

短所

呪文メタに対しては比較的弱いが、唱えることそのものが禁じられていなければ《龍装艦 チェンジザ》でディスカードした際に呪文を踏み倒すことができるので、呪文メタを積み込んだ相手にそこまで不利が付くわけではない。ただし、3ターン目あたりに《蒼き団長 ドギラゴン剣》革命チェンジして着地し、運悪く《音精 ラフルル》を引かれてそれをファイナル革命で出されたら最悪。

純粋な手札補充としての役割がほぼ《デモンズ・ライト》に一任されているため、序盤から手札を贅沢に使うと息切れで自滅してしまう。4ターン目あたりまでにハンデスや除去でリソースを大幅に削られると、後はS・トリガーブレイクにより増えた手札による反撃に期待するしかない。

《Dの牢閣 メメント守神宮》や《ホーリー・スパーク》のオールタップ戦術に防御を依存するため、タップした後から今引きフィニッシャーを投げる【ジョット・ガン・ジョラゴン】に対しては不利になる場合がある。

その他

2019年3月1日に《時の法皇 ミラダンテXII》本体が殿堂入り。これにより、サブフィニッシャーに《S級不死 デッドゾーン》を据えられ、《超次元リバイヴ・ホール》《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》《凶鬼09号 ギャリベータ》などを絡めた墓地のリソース化戦術にデッキが寄せられた。

参考