【デーモン・コマンド】

種族としてのデーモン・コマンド→デーモン・コマンド

デーモン・コマンドと言えば《悪魔神ドルバロム》フィニッシャーにした【ターボドルバロム】《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》を使う【連デモ】デーモン・コマンドを使う【クリスティ・ゲート】が有名だが、それ以外にも多種多様なデッキを組むことができる。

ヴォルグ・サンダー ≡V≡ 闇文明 (6)
サイキック・クリーチャー:デーモン・コマンド/ハンター 7000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーを一人選ぶ。そのプレイヤーは、自身の山札の上から、クリーチャーが2体出るまでカードを墓地に置く。
W・ブレイカー
《サンダー・ティーガー》覚醒リンク後⇒《雷獣ヴォルグ・ティーガー》

死神明王ガブリエル・XENOM(ゼノム) UC 闇文明 (7)
進化クリーチャー:デーモン・コマンド 11000
進化−自分のエンジェル・コマンドまたはデーモン・コマンド1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から3枚を墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のクリーチャーを1体破壊し、エンジェル・コマンドまたはデーモン・コマンド1体を自分の墓地から手札に戻す。
W・ブレイカー

のメイン種族らしくリアニメイト墓地回収除去は得意中の得意である。
コントロールで組まれることが大半で、マナブースト自然手札補充タップと組むことが多い。大方白青黒白黒緑となる。

よく使われるデーモン・コマンド

デーモン・コマンドの進化

デーモン・コマンドのサイキック・クリーチャー

その他相性のいいカード

主な戦術には以下のものがある。

【ネクラ超次元】【ドロマー超次元】の基盤を利用して、上記の戦術を行う場合が多い。 いずれの場合もハンデスを無理なく組みこめる。

主力には《魔刻の斬将オルゼキア》《威牙の幻ハンゾウ》《狼虎サンダー・ブレード》といった定番が存在し、特に迷うことはない。

しかし、《狼虎サンダー・ブレード》には、DMX-22で、ハンターでなくなった点を除けばそちらの上位互換《究極生命体 Z》
登場し、肩身が狭くなった。

《ヴォルグ・サンダー》は5マナの超次元呪文で手軽に墓地肥やしでき、進化元にもなる。また《死神明王ガブリエル・XENOM》フィニッシャー兼潤滑油として使え、非常に便利である。

サポートには《死神獣ヤミノストライク》《聖黒獣アシュライガー》《電脳封魔マクスヴァル》などが使える。

サイキック・クリーチャーの扱いにも長ける。《復活の祈祷師ザビ・ミラ》《ヴォルグ・サンダー》《時空の霊魔シュヴァル》を並べたり、《悪魔神グレイトフル・デッド》《時空の斬将オルゼキア》《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》を出すことができる。

また、敵対色とも相性がいい。多色《偽りの悪魔神王 デス・マリッジ》《悪魔聖霊アウゼス》の他、各種デーモン・コマンドを抱える。
【アウゼス】をはじめ、《死神明王バロム・モナーク》《偽りの悪魔神 バロム・ミステリー》デッキではタップカードのお世話になることも多いだろう。《凍結の魔天ダイイング・メッセージ》ならば自身でタップできる。

タッチして《黙示護聖ファル・ピエロ》を入れれば《超次元リバイヴ・ホール》を使いまわし、デーモン・コマンドのサイキック・クリーチャーを出し続けられる。そこに《霞み妖精ジャスミン》《激天下!シャチホコ・カイザー》を組み合わせれば重量級進化や《Z-ファイル》にもつなげやすい。(→【激天下コントロール】

古参種族らしく層が非常に厚く、相性のいいカードを組み合わせていくだけでも強力なデッキを組むことができる。
これからも新しいカードは増え続けると思われ、今後にも期待がかかる。

  • デーモン・コマンドを多用するため、原作の黒城 凶死郎のような気分でデュエルすることができるだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:15:48