【デフォーマーループ】

《アクア・デフォーマー》cip能力によって相手のマナを毎ターン減らし、相手の行動を封じるループ系のロックデッキ。
「無限デフォーマー」とも呼ばれる。
自分のマナも減らしてしまうが、《メビウス・チャージャー》を使うことによってそれを補いながら、ループへつなげる。場合によっては《ロスト・ソウル》で完膚無きまでに叩きのめすことも。

アクア・デフォーマー R 水文明 (8)
クリーチャー:リキッド・ピープル 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、各プレイヤーは自分自身のマナゾーンからカードを2枚ずつ選び、それぞれの手札に戻す。

メビウス・チャージャー UC 自然文明 (3)
呪文
バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選び、自分のマナゾーンに置く。
チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く)

序盤は《メビウス・チャージャー》を使ってマナブーストする。
9マナある状態で、バトルゾーンクリーチャーマナゾーン《アクア・デフォーマー》が存在し、手札《メビウス・チャージャー》《アクア・デフォーマー》がそろえば以下のループが完成する。

  1. 《メビウス・チャージャー》クリーチャーマナゾーンに置く
  2. 《アクア・デフォーマー》召喚し、マナゾーンから《メビウス・チャージャー》《アクア・デフォーマー》手札に戻す
  3. 次のターンに《メビウス・チャージャー》《アクア・デフォーマー》をマナに置き、同じことを繰り返せる

序盤は条件を整えるために、ドローマナブーストを優先して行う。
相手の攻撃《ストーム・クロウラー》などのブロッカー《ノーブル・エンフォーサー》S・トリガーなどでしのぐ。
条件がそろう前にも《アクア・デフォーマー》を出し、相手のマナをこまめに減らすのも有効。

一度条件がそろってしまえば、「マナチャージは原則1ターンに1回」というルールがある以上、毎ターン2枚のマナを減らすのは非常に強力。
また、自分のマナゾーンから必要なカードを回収できるため、状況に応じてカードを選択して使うことができる。

文明を加えれば《停滞の影タイム・トリッパー》《英知と追撃の宝剣》を使用でき、拘束力が強くなる。
相手のクリーチャー除去したい時には《英知と追撃の宝剣》、自分のマナを回収したい時には《アクア・デフォーマー》と使い分ける事によって相手の行動を封じる事ができる。

主なカード

《アクア・デフォーマー》デッキ名にも入っている主役
《メビウス・チャージャー》デフォーマー回し、序盤のブースト

弱点

条件を整えるのに時間がかかるため、【速攻】デッキが弱点。
また、マナブーストの速いデッキには《アクア・デフォーマー》の効果が薄い。
特に《龍仙ロマネスク》を使用したデッキには総じて効果がなく、絶望的な相性といえる。

その他

DMX-25にて登場した《大集結!アクア・ブラザーズ》を使用することで、マナブーストの代わりに手札を増やして《アクア・デフォーマー》を早期に呼び出すことが可能となった。しかし地雷としても中途半端なデッキであり、後に【イルカロック】が成立すると《アクア・デフォーマー》自体が過大評価されていたと言われることも。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 23:32:16