【デュエランドエクストラウィン】



《夢の変形 デュエランド》でコスト7以下のカードを7枚コスト踏み倒しし、エクストラウィンを狙うデッキ
当初こそオーバーキルなファンデッキの域を出なかったが、カードプールの増加に伴い、そこそこの結果を残す地雷デッキとなった。基本的に青緑で組まれることが多い。

夢の変形 デュエランド SR 水文明 (14)
クリーチャー:ジ・アンサー 14000
T・ブレイカー
このクリーチャーが召喚されてバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から7枚を墓地に置く。その中から、コスト7以下の水のカードを好きな数、コストを支払わずに使ってもよい。こうして7枚すべてを使った場合、自分はゲームに勝つ。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の墓地のカードをすべて山札に加えてシャッフルする。

《夢の変形 デュエランド》によるエクストラウィンを狙う上で障害となるのが

踏み倒し対象の縛りは最初からデッキを青単且つ《デュエランド》以外をコスト7以下のカードで統一すればよく、山札切れは《埋没のカルマ オリーブオイル》などの山札回復で対策するとして、問題は1番目。
正規の手順で召喚するにしても青単では自然マナブーストが使えず、仮に入れたとしても14マナも貯めるのは非常に時間が掛かるため、やはりここは何かしらのコンボを利用した方が手っ取り早い。

主要カード

共通候補カード

《クリスタル・メモリー》《デュエランド》をサーチ山札圧縮
《ストリーミング・シェイパー》青単専用のドロースペル効果は強制のため山札切れに注意
《一撃奪取 マイパッド》召喚コスト軽減
《パクリオ》擬似ハンデス攻撃しないためシールドが増えても問題ない
《埋没のカルマ オリーブオイル》山札回復
《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》
《サイバー・N・ワールド》
《ガチャンコ ミニロボ1号》呪文メタ
《奇天烈 シャッフ》指定したコストのカードを封じる
《スペルブック・チャージャー》呪文サーチチャージャー
《終末の時計 ザ・クロック》S・トリガー【速攻】ビートダウン対策
《アクア・サーファー》
《スパイラル・ゲート》
《金縛の天秤》
《幾何学艦隊ピタゴラス》
《英雄奥義 スパイラル・ハリケーン》
《斬隠オロチ》《伝説の禁断 ドキンダムX》対策
《超次元エナジー・ホール》超次元呪文
《超次元ガロウズ・ホール》
《Dの機関 オール・フォー・ワン》Dスイッチcipを2回発動
《水上第九院 シャコガイル》サブフィニッシャー
《知識の包囲網》コンボパーツ回収用の大型ドローソース。《デュエランド》を公開コストにするとGOOD。《シャコガイル》のエクストラウィン補助にも

イッツ・ショータイム型

DMR-20《夢の変形 デュエランド》と共に収録された《イッツ・ショータイム》によるデザイナーズコンボを利用したタイプ。
《アクア大尉 ガリレオ・ガリレイ》ならばマナ武装5を達成した時点で、《夢の兵器 デュエロウ》《龍素記号X2 アーマ・フランツ》ならば《ピーピング・チャージャー》から繋ぐことで最速5ターン目にして《イッツ・ショータイム》を唱えられる。
欠点は《イッツ・ショータイム》の能力が相手依存で不安定なところ。仮に相手がコスト15以上のクリーチャーを始め《龍世界 ドラゴ大王》《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》などを手札に温存していた場合は全て水の泡となってしまう。
また、《デュエランド》と同じくこの呪文自体がコスト8であるためエクストラウィン条件を阻害してしまう点も気がかり。

候補カード

青緑折衷型

《電脳鎧冑アナリス》初動
《デュエマ・ボーイ ダイキ》初動
《フェアリー・シャワー》2→4の動きを達成
《怒流牙 佐助の超人》4コストのシノビ。マナカーブ的にも《バイケン》とのコンボによる防御も優秀
《飛散する斧 プロメテウス》デッキにおける重要な潤滑油
《怒流牙 サイゾウミスト》大型のシノビ。山札回復はデュエランドのエクストラウィン能力との相性も抜群
《英雄奥義 スパイラル・ハリケーン》水単色の構築では厳しいマナ武装7もこのデッキなら達成可能
《斬隠蒼頭龍バイケン》《佐助》とのコンボから青緑型で使用すると安定する。余裕があればcip持ちのクリーチャーを選んで再利用に

構築がシノビに寄るため、カウンター構築になりやすい。フィニッシュに必要な枠を《夢の変形 デュエランド》のエクストラウィンを活かして最小化しており、そうして空いた枠に沢山のカウンター札を積みこめる点からカウンター構築にすると非常に粘り強い。


マーシャル・クイーン型

《夢の変形 デュエランド》の埋まったシールド《海魔城 ティーツー》S・トリガー化して《マーシャル・クイーン》により暴発させるタイプ。
《星龍の記憶》《暴発秘宝ベンゾ》など他の文明のカードをタッチする場合もあるが、その分エクストラウィンの成功率は低下する。また、いずれにせよシールド焼却には滅法弱い。
ちなみに、自分のシールドが0枚の時に《デュエランド》の能力で《海魔城 ティーツー》などのが捲れると、要塞化出来ずプレイできなかったと見なされエクストラウィンが不発となるので注意。

候補カード


Q.E.D.型

ドラグハート・クリーチャーである《龍素王 Q.E.D.》の能力によって《夢の変形 デュエランド》のコストを支払わずに召喚する。
《真理銃 エビデンス》をいかに素早く龍解させ、返しのターンを凌ぎきるかがカギとなる。

候補カード

《真理銃 エビデンス》水のクリーチャーか呪文を計3枚使用すれば龍解
《龍覇 メタルアベンジャー》ドラグナー。呪文限定のアンタッチャブル
《龍覇 M・A・S》ドラグナー。cipでコスト6以下の相手クリーチャーをバウンス
《アクア忍者 ライヤ》《真理銃 エビデンス》の龍解補助
《龍素力学の特異点》

ダイシャリンループ型

《龍素記号Cg ダイシャリン》の能力でチャージャー化した2枚の《セイレーン・コンチェルト》を交互に唱えつつマナ回収する無限ループを活用したタイプ。
バトルゾーン《氷牙レオポル・ディーネ公》が存在すれば手札が尽きずマナを増やし続ける事が出来る。
ただし、14マナも貯まる頃には山札の残り枚数も半分以下の可能性が高く、ライブラリアウトで自滅しないよう他の型以上に山札管理には注意が必要。

候補カード


弱点

《夢の変形 デュエランド》自身はコスト14でエクストラウィン条件の対象外であるため、キーカードでありながら複数枚投入すると事故要因になりかねない。なるべく《デュエランド》の4枚積みは避け、事前に《クリスタル・メモリー》などのサーチカードで山札に残る《デュエランド》などを可能な限り抜き取りたい。
また、文明クリーチャーサルベージ手段に乏しく、一度《デュエランド》をハンデスされると立て直しが困難となる。序盤で手札に来た《デュエランド》はマナゾーンに置き、必要に応じてマナ回収するなどのプレイングでカバーしたい。

呪文を唱えることそのものを禁じる《音精 ラフルル》、コスト7以下のクリーチャー召喚そのものを禁じる《時の法皇 ミラダンテXII》は天敵。前者は詰めに使われる札である関係上、出された時点でゲームが終わると思って諦めた方が得策だが、後者は呪文が唱えられるなら除去してしまうべきである。


環境において

2017年9月頃にはチャンピオンシップでの優勝が報告され、上位入賞も数例ほど見られるようになった。その理由として、このカードを《イッツ・ショータイム》でバトルゾーンに出す場合とこのカードの能力でクリーチャーをバトルゾーンに出すのが召喚扱いであり、《異端流し オニカマス》の影響を受けないことが挙がる。DMRP-03《水上第九院 シャコガイル》が登場したことによりエクストラウィンを勝ち筋とするデッキが流行したことも大きい。


参考


Last-modified: 2018-11-09 (金) 00:51:49