【トビ・ゴンゴンタップキル】

強力なタップ能力を持つ《護聖妖精トビ・ゴンゴン》を中心とした【クリーチャーコントロール】デッキ。

護聖妖精トビ・ゴンゴン  UC 光/自然文明 (5)
クリーチャー:ガーディアン/スノーフェアリー 2500
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
自分のマナゾーンにカードを置いた時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選びタップしてもよい。

光と自然以外は基本的にどの色を入れてもよく、自由度は高い。
メジャーなタイプは以下の通りである。

  • ガーディアン
    《護聖妖精トビ・ゴンゴン》の種族でもあるガーディアンを利用したタイプ。
    白黒緑もしくは青か赤を追加した4色が多い。
    デッキレシピだけみれば、ガーディアンデッキに《護聖妖精トビ・ゴンゴン》を組みこみ、少々改良を加えた程度だが、プレイングは大きく変わる。
    また、《邪脚護聖ブレイガー》で中核となる《護聖妖精トビ・ゴンゴン》に除去耐性も付く。
  • キリュー・ジルヴェス
    白緑+《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》のカラーの白黒赤緑で組まれる。
    《雷鳴の守護者ミスト・リエス》などで大量展開をした後、《護聖妖精トビ・ゴンゴン》を召喚。
    その後、《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》を召喚し、相手のクリーチャーを消していく。
    コンボの流れは以下の通り。
  • マナチャージ→タップをし、《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》を召喚。
  • タップしたクリーチャーを攻撃。相手クリーチャーは墓地へ、自分クリーチャーはマナへ。この時、《護聖妖精トビ・ゴンゴン》の効果で相手クリーチャーを一体タップ。そのクリーチャーを攻撃...の繰り返し。
    当然、相手クリーチャーを全滅させるためには、クリーチャーの数が相手<自分であることが必須。
    その後、たまったマナで軽量クリーチャー大量召喚→再度《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》を召喚し、一斉攻撃。

また、《カラフル・ダンス》とのコンボも面白い。

デッキの性質上、《護聖妖精トビ・ゴンゴン》を除去されるとどうしようもない。
本格的なタップキルを開始していくのは終盤となるので、相手に対処する余裕がありすぎるのも弱点(一応これはマナブーストで克服可能だが)。
また、マナばかりたまっていくこともあり、キチンと組んでやらないとうまく回すのは難しいだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:08:19