【ドルゲーザ】

ドローフィニッシャーを兼ねた《剛撃戦攻ドルゲーザ》をメインとしたデッキ

シンパシー元となるアースイーターまたはジャイアントを順に展開し、流れるように《剛撃戦攻ドルゲーザ》召喚を狙う。

剛撃戦攻ドルゲーザ SR 水/自然文明 (8)
クリーチャー:アースイーター/ジャイアント 9000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
シンパシー:アースイーターおよびジャイアント(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のアースイーターまたはジャイアント1体につき1少なくなる。ただしコストは2より少なくならない)
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のアースイーター1体につき1枚、カードを引いてもよい。その後、バトルゾーンにある自分のジャイアント1体につき1枚、カードを引いてもよい。
W・ブレイカー

主要カード

ジャイアントの候補

《西南の超人》ジャイアントコスト軽減セイバー
《華麗の超人》アタックトリガーガチンコ・ジャッジ。勝った数だけマナブースト
《土隠雲の超人》自身を含むシノビサーチ
《二角の超人》cipマナブーストマナ回収
《仁王の超人》cipマナブースト。ドルゲーザを実質除去に
《格調の超人》cipガチンコ・ジャッジ。勝てばマナ送り
《躍喰の超人》マナブーストができるS・トリガー獣
《奇兵の超人》cip進化を2枚サーチ
《絢爛の超人》マナ爆誕準バニラ。《ダヴィンチ》の進化元
《大喰の超人》マナの数字を2か3にする
《ベニジシ・スパイダー》相手が3枚ドローしたらリベンジ・チャンスで出せるジャイアント・インセクト
《剛撃無双カンクロウ》リベンジ・チャンス持ちのQ・ブレイカー
《真実の名 ジャイアント・マック》cip除去コスト踏み倒し
《偽りの名 ハングリー・エレガンス》アンノウンマナゾーンから召喚できるようにする
《剛撃竜騎ヴィレム海舟》cipジャイアントドラゴンサムライサーチ
《甲魔戦攻ギリメギス》準バニラだがコストパフォーマンスは良い
《三つ目の超人》自分の他のジャイアントを+5000のパンプアップ追加ブレイク
《別格の超人》相手クリーチャーが場に出るたびガチンコ・ジャッジマナ送り、相手が呪文を唱えるたびガチンコ・ジャッジで2枚ドロー
《罠の超人》《ナチュラル・トラップ》内蔵のS・トリガー獣
《激龍剛撃ドン・ドドフェル》自分のターン終了時に手札を全てマナゾーンに置き3枚ドロー
《甘味の超人》cipマナゾーンドリームメイトジャイアントアンタップ。自分の他のコスト7以上のジャイアントを強化
《鯛焼の超人》マナを4枚アンタップ
《焼菓子の超人》ジャイアント全員にパワーアタッカースピードアタッカー付与
《仁王の超人》ドルゲーザと相性が良い

アースイーターの候補

超次元関連

このデッキの動かし方

2マナブースト《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》からスタートし、《西南の超人》《華麗の超人》《スペース・クロウラー》などを出す。

《西南の超人》が次のターンまで生き残れば、シンパシーコスト軽減《剛撃戦攻ドルゲーザ》がいきなり出せる。

《華麗の超人》アタックトリガーで大量にマナブーストできる可能性がある。破壊されるとマナゾーンに行くので無駄になりにくいのも強みである。

中型のジャイアントアースイーターが数体並べば、その分《剛撃戦攻ドルゲーザ》スペックも跳ね上がる。《西南の超人》コスト軽減も活用すれば、恐ろしい速度でクリーチャーが展開していく。

DM-36が発売され、超次元呪文が現れるとそれを取り入れたタイプも現れた。

5マナの状態で《超次元フェアリー・ホール》から《巨人の覚醒者セツダン》を呼び出せば次のターンには《剛撃戦攻ドルゲーザ》が呼び出せたり、シンパシー元として優秀な《スペース・クロウラー》《時空の賢者ランブル》覚醒条件を満たしてくれるなど、スムーズに新しいギミックを扱うことができた。

また、逆に相手の超次元呪文に対抗するために《封魔ゴーゴンシャック》《ガイアクラッシュ・クロウラー》を入れたタイプもある。

《宇宙巨匠ゼノン・ダヴィンチ》を取り入れた型もある。《奇兵の超人》で2枚サーチできるので運用しやすい。pig《剛撃戦攻ドルゲーザ》《剛撃竜騎ヴィレム海舟》《真実の名 ジャイアント・マック》が出てくるので、なかなか侮れない強さを持っている。

基本となる動きは自然のみで完結している。
したがって、サイドカラーに何を持ってくるかでデッキの動きにバリエーションを付けやすいのが特徴である。さらに、4以上で構成しても《剛撃戦攻ドルゲーザ》ドロー能力のおかげで安定性を失いにくい。

入れるカードによって備わる利点は以下の通り。

優良なブロッカーによるビートダウンへの耐性がつき、《光神龍スペル・デル・フィン》《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》などの相手をロックするカードを投入できる。

除去ハンデスを撃つことができ、それらを《剛撃戦攻ドルゲーザ》で補充することができる。
強力かつ《剛撃戦攻ドルゲーザ》とマッチした《ガンヴィート・ブラスター》《魔天降臨》を使用できるのも強み。特に《魔天降臨》は決定力の高いフィニッシュ手段である。
【シノビドルゲーザ】も多くはこの

火力によってビートダウン、特に【速攻】に耐性が付き、《無頼勇騎ウインドアックス》などのブロッカー除去もふんだんに積めるので突破力も高まる。
《マイキーのペンチ》によるジャイアントスピードアタッカー化なども。
革命ファイナルでは《激龍剛撃ドン・ドドフェル》等有用な/自然の多色ジャイアントが増えたため有力な選択肢に。
《西南の超人》コスト軽減した《鯛焼の超人》によって2コストで4枚マナをアンタップできるため、《ドルゲーザ》で増やした手札を活用して大量展開させることが可能。
《マイキーのペンチ》に代わる《チキチキ・JET・サーキット》《焼菓子の超人》の登場によりワンショット性能も高い。

闇+火

《クリムゾン・メガ・ドラグーン》《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》によって、自然水火構成よりさらに突破力が高まる。それでもシンパシー元は十分に確保しておきたいが。
《剛撃戦攻ドルゲーザ》シンパシー元になる軽量ブロッカー《スペース・クロウラー》能力が強力になるので、4にも関わらず安定性は落ちづらい。

水+自然(基本構成)

文明の強力なカードをいれることは出来ないが、序盤からより安定した展開がのぞめる。《奇兵の超人》から《大神秘イダ》《宇宙巨匠ゼノン・ダヴィンチ》等強力な進化クリーチャーへつないでいくのが基本となり、総じてビートダウンや大量展開に特化した型になる。

どのを入れるかは大体は個人個人の好みの問題であることが多いので、自分に合ったものを入れるといい。

いくらシンパシーコスト軽減できるとはいえ、中型のものが多いので、マナブーストは必須といえる。
【除去コントロール】のように粘ってから出してもよいが、このデッキ《剛撃戦攻ドルゲーザ》が動き出してから真価を発揮するため、あまりおすすめできない。
ただ、後続のカードを引いてくることができるため、フィニッシャーの候補に挙がることもあるだろう。

このデッキの弱点

メインカードの《剛撃戦攻ドルゲーザ》は8マナと重いことが難点である。

よって、コスト軽減《西南の超人》や、シンパシー元のジャイアントが次々に除去されてしまうと動きが非常に緩慢になってしまう。また、《ドルゲーザ》を出す前にハンデスされても、動きがそこで止まってしまうので苦しい展開となる。

こちらもハンデスで対抗するなどの対策を講じたいところである。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:29:33