【ドルマークスループ】

【ドルマークスランデス】【化身コン】を合わせた派生デッキ
《腐敗勇騎ドルマークス》《恵みの化身》《シェル・ブリーダー》回収し、毎ターンマナチャージランデスクリーチャー破壊をしながら他のカードと併用していく。

腐敗勇騎ドルマークス R 火/闇文明 (4)
クリーチャー:ヒューマノイド/ゴースト 4000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体と、自分のマナゾーンからカードを1枚選び、自分の墓地に置く。その後、相手はバトルゾーンにある自分自身のクリーチャー1体と、自分自身のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

恵みの化身(ブレッシング・トーテム) UC 自然文明 (6)
クリーチャー:ミステリー・トーテム 5000
タップ能力
TT−自分の墓地からカードを3枚まで選び、自分のマナゾーンに置く。

シェル・ブリーダー UC 自然文明 (4)
クリーチャー:コロニー・ビートル 4000
タップ能力
TT−自分のマナゾーンからクリーチャーを1体選び、自分の手札に戻す。

形状としては【除去コントロール】に近く、大量に除去呪文が積まれる。

基本的なターンの流れは、
《腐敗勇騎ドルマークス》を召喚→《腐敗勇騎ドルマークス》自身とマナ1枚を破壊→《恵みの化身》で破壊したマナと《腐敗勇騎ドルマークス》、使用した呪文をマナに→《シェル・ブリーダー》で《腐敗勇騎ドルマークス》を回収→次のターンに繰り返す。

呪文でクリーチャーや手札を破壊し、《腐敗勇騎ドルマークス》によって《光神龍スペル・デル・フィン》アンタッチャブル等の呪文では破壊出来ないクリーチャーを破壊していき、使用した呪文を延々とマナ置く事でマナを増やし、《インビンシブル・フォートレス》等の大型呪文で一気にトドメまで持っていく。
《腐敗勇騎ドルマークス》の代わりに《銃神兵ディオライオス》を採用する事がある。ランデスが出来なくなるものの、マナチャージの効率は上がるので、どちらを選ぶかはデッキに相談するといいだろう。

ドルマークスランデスとの比較

《凶星王ダーク・ヒドラ》で《腐敗勇騎ドルマークス》を回すあちらと違い、こちらは1ターンに一度ずつしか同じ《腐敗勇騎ドルマークス》を出す事が出来ない。また、墓地のカードをマナゾーンに置くので、《爆走戦鬼レッド・ライダーズ》ともかみ合わない。だがこちらは、《恵みの化身》によってデメリットを補い、マナが増え続けるという利点があり、それによって《腐敗勇騎ドルマークス》と一緒に他の呪文を使う余裕が出来る。

化身コンとの比較

あちらがマナ回収を文明のみに頼る(一概には言えないが)のに対して、こちらは《シェル・ブリーダー》で集中的に《腐敗勇騎ドルマークス》のみを回収する。効率が悪いようにも思えるが、《恵みの化身》とタイミングが合い、呪文メタにも耐性があるので、こちらが劣っているとは言い切れない。ハンデスによって火力を避ける必要があるが・・・

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 00:07:10