【ドローゴー】

用語としてのドローゴー→ドローゴー

マナチャージドローサポートカードの使用以外には自分のターンにほぼ一切の行動を起こさず、自分の勝機を伺うデッキ
極端なものになると、マナチャージすら行わないものも存在する。

霊騎秘宝ヒャックメー R 光/闇/自然文明 (5)
クリーチャー:アーク・セラフィム/パンドラボックス 8000
マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札をすべて捨てる。このようにして手札を1枚も捨てない場合、このクリーチャーを破壊する。
W・ブレイカー

基本的な内容は、非常に極端なマッドネスデッキである。

ドローゴー戦略というのは本来相手のターン中に頻繁にカードを使用し、妨害プレイを行うものである。
しかしながらプレイヤーが動けるのは基本的にプレイヤーの自分自身のターンのみであるデュエル・マスターズにおいて、この戦略はゲームシステムに対する挑戦とも言うべきものであった。
そのため、初期のデュエル・マスターズにおいては構築は不可能どころか、想像もつかないようなデッキであった。

しかし新カードプールの増加により、マッドネスクリーチャーや強力なS・トリガーが増加して、ようやく構築が可能になった比較的新しいデッキである。

「ドローゴー」という定義に外れず、このデッキでは自分のターンにはほぼ一切の行動を起こさない。
せいぜい、ドローサポートカードや《エメラル》等のシールド操作カード使用ぐらいのものである。
ちなみに、マナチャージすら行わない度胸があれば《ルナ・コスモビュー》も採用圏内である。

当然、これだけではやられ放題なので大量のS・トリガーを使用する事になるが、これは相手の動きを鈍らせるよりも「攻撃手段」としての意味合いが強い。(というよりも、これしか攻撃に出る機会がないのだが。)
よって、採用するS・トリガークリーチャーに傾けるのがいいだろう。

即死コンボを生み出すS・トリガークリーチャー《霊騎秘宝ヒャックメー》こそがこのデッキを成立させている。
相手がこのカードのS・トリガーでの召喚を許した瞬間、手札マッドネスクリーチャーがずらりと並び、次のターンには一斉攻撃でデュエルが終了する。完全な受け身の戦法である。
同じ目的で《滅亡ルーレット》や、《怨念怪人ギャスカ》《ベイビー・バース》のコンボも使える。
《聖天使グライス・メジキューラ》はより確実にマッドネス能力をサポートするが、このカードを使用する場合はわざわざドローゴーすることに利点はない。

ただマッドネスクリーチャーを中心にするのではなく、自分ターンでの動きを極力減らす事の利点は主に

そういうわけで、このデッキを使用する上での課題はいかにして相手に攻撃させるかにある。
そのためにも相手クリーチャーに攻撃を強要する《ファントム・ベール》の採用をお勧めする。

このデッキを使用する上で最も恐ろしいのは、相手が自ら攻撃できない状態を作り上げてしまう事である。
下手をすればライブラリアウトにより相手のほうがドローゴーで勝利してしまう。
こういう場合はこちらから積極的に動き、何が何でも攻撃を強要しなければならない。

また、《アポカリプス・デイ》にも要注意。
トドメのタイミングではすべての戦力がバトルゾーンに集中しているため、これ一発でゲームエンドになりかねない。
《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》等でS・トリガーを封印されてもほぼ勝ち目はなくなる。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 00:44:48