【ハイドロ・ハリケーン】

フィールドの状態によって多大なアドバンテージを生み出す呪文《ハイドロ・ハリケーン》を最大限に活用するデッキ。優秀な置きドローソースを軸にクリーチャーを大量展開し、《ハイドロ・ハリケーン》で敵の行動を制限しつつフィニッシュする。
基本的にクリーチャーデッキに対しては異常に強く、それらのメタデッキとして使用されている。反面、呪文を主体としたデッキには分が悪く、得手不得手のはっきりしたデッキと言える。

【ダイヤモンドリエス】の亜種である。

ハイドロ・ハリケーン R 水文明 (6)
呪文
バトルゾーンにある自分の光のクリーチャー1体につきカードを1枚、相手のマナゾーンから選び、持ち主の手札に戻してもよい。
バトルゾーンにある自分の闇のクリーチャー1体につき、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
※殿堂入り

1.現在型(ロードリエス型)?
2.ミスト・リエス型(初期)?
&anchor(a)


現在型(ロードリエス型)

知識の精霊ロードリエス P(R) 光/水文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 4000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。

ミスト・リエス型に《知識の精霊ロードリエス》ドローエンジンにし、G・ゼロブロッカーである《巡霊者ウェビウス》《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》を展開の一部に加えた型。
うまくすれば一気に大量の展開が可能であり、《知識の精霊ロードリエス》により安定性はそのままに爆発力を下記の型と比べ物にならないほど上昇させている。

下記に加え追加される主なデッキパーツ

《知識の精霊ロードリエス》核となる優秀なドローソース
《巡霊者ウェビウス》ロードリエスと相性のいいブロッカー
《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》展開のしやすいブロッカー
《魔光王機デ・バウラ伯》呪文を使いまわす優秀cipブロッカー
《王機聖者ミル・アーマ》呪文コストを軽減するブロッカー

これに加え《白騎士の開眼者ウッズ》《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》等の味方をダイヤモンド状態にするフィニッシャー《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》などのロック系のフィニッシャーが投入される。

基本的にはブロッカーで相手の攻撃を凌ぎつつドローから大量にクリーチャーを展開、《ハイドロ・ハリケーン》を打ちこむという昔と同じ流れをとる。
主要カードは【白青黒】に集中しているが、マナブーストを絡めた【白青黒】緑の構成をとることもあり、その場合は《次元の霊峰》などのサーチカードゼン&アク等のフィニッシャーも同時に投入されることが多い。

  • DMD06には《ハッチャキ》などの大量展開に向いているカードが多いので、これベースにすれば大分楽に組める。肝心のハイドロ・ハリケーンが無いが。

&anchor(b)


極神編以前の型(ミスト・リエス型)

雷鳴の守護者ミスト・リエス UC(R) 光文明 (5)
クリーチャー:ガーディアン 2000
他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引いてもよい。

ドローソースである《雷鳴の守護者ミスト・リエス》を置いてからクリーチャーを大量展開し《ハイドロ・ハリケーン》を放つ。そのために、軽いブロッカー《予言者マリエル》などでバトルゾーンを固めつつ、ドローソースである《雷鳴の守護者ミスト・リエス》《知識の精霊ロードリエス》召喚することが基本的な流れとなる。
相対的にクリーチャーを増やすため、【白青黒】?で構成される。
あまりを増やすと《雷鳴の守護者ミスト・リエス》で芋づる式に展開しにくくなるため、【白青黒】?を厳守して組まれることが多い。

主なデッキパーツ

《ハイドロ・ハリケーン》主体となる呪文
《雷鳴の守護者ミスト・リエス》大量展開の核
《光陣の使徒ムルムル》ブロッカー一斉強化、《ローズ・キャッスル》対策にも
《曙の守護者パラ・オーレシス》味方の一斉強化
《ギガクローズ》相手の手札を捨てさせるアタッカー
《腐敗聖者ベガ》有力なcip能力、ハイドロでも2体分働く
《予言者マリエル》攻撃制限クリーチャー、殿堂入り
《光波の守護者テルス・ルース》ランデス対策
《解体人形ジェニー》ピーピングハンデス。ハイドロの種にも

基本的に小型のブロッカーが15体前後採用され、展開力を底上げされていることが多い。
フィニッシャーには《光神龍スペル・デル・フィン》等のロック系のフィニッシャーか、《ダイヤモンド・ソード》等のダイヤモンド状態を発生させるフィニッシャーがよく採用された。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 02:00:57