【ハカイ・デストロイヤー】

《無限王ハカイ・デストロイヤー》で相手の呪文唱えるコントロールデッキ

多色クリーチャーを活用して速やかに進化元を揃える。

無限王ハカイ・デストロイヤー VR 光/水/火文明 (7)
進化クリーチャー:サイバー・コマンド/フレイム・コマンド/エンジェル・コマンド 12000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
超無限進化−光・水・火がすべて揃うように自分のクリーチャーを1体以上選び、その上に置く。
このクリーチャーが相手のシールドをブレイクする時、相手はかわりにそのシールドをすべてのプレイヤーに見せる。そのシールドの中の呪文をすべて、自分がコストを支払わずに唱え、持ち主の墓地に置く。その後、このクリーチャーはそのシールドをブレイクする。
T・ブレイカー

《無限王ハカイ・デストロイヤー》は自分がブレイクするシールド呪文を横取りして唱えられる。呪文が多いデッキが相手なら強烈に刺さり、使用できるはずだった呪文を逆利用できる。

そうでない相手でも、大抵のデッキには呪文が何枚か入っているので、完全に腐ることは少ないだろう。

進化元については、が揃うように重ねる必要があるが、多色クリーチャーを利用できるので大抵は2体で済む。出しやすい《勝利のリュウセイ・カイザー》《勝利のプリンプリン》を使えるので、揃えるのは意外に容易。

《無限王ハカイ・デストロイヤー》文明であるを中心に組まれる。
7マナ重いので、マナブースト自然が入ることも多い。

主要カード

進化元の候補

超次元の候補

その他

このデッキの戦い方

《勝利のリュウセイ・カイザー》《勝利のプリンプリン》をはじめとした多色クリーチャーを駆使して進化元を用意。《無限王ハカイ・デストロイヤー》を出して相手のシールド呪文を横取りする。

唱える呪文がある場所はシールドという不確定な領域のため、相手依存であり運も絡む。有効に使うなら《パクリオ》で相手の呪文シールド送りにしておくと確実だろう。相手の手札を見てハンデスできるので妨害にもなる。

《無限王ハカイ・デストロイヤー》《陽炎の守護者ブルー・メルキス》とは違い、S・トリガー以外の呪文も唱えられる。めくれた超次元呪文から《勝利のガイアール・カイザー》を出してさらに追撃することも不可能ではない。

また、めくれた呪文S・トリガーであった場合、自分が先に唱えて相手の墓地に置くため、相手はS・トリガー呪文を唱えることができない。こうなると相手の精神的なショックも大きいだろう。

このデッキの弱点

複数の進化元を使用する都合上、進化する前に除去を喰らうと苦しい。あまりサイキック・クリーチャーに頼りすぎると《希望の親衛隊ファンク》などでまとめて除去される可能性もある。ある程度はデッキ内にも進化元を用意しておくか、《パクリオ》で事前にハンデスしておくのが望ましい。

また、《アクア・サーファー》《終末の時計 ザ・クロック》などのS・トリガー獣にはさすがに手出しできない。呪文は完封出来るからと言って、無理なごり押しは控えるべきだろう。


その他

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 01:03:53