【ハッチャキ】

《ハッチャキ》能力コスト5以下のブロッカーコスト踏み倒しするデッキ

ハッチャキ P 光/水文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード/アンノイズ 2000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーが攻撃する時、「ブロッカー」を持つコスト5以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

《ハッチャキ》攻撃する時に自分の手札からコスト5以下の非進化ブロッカーコスト踏み倒しできる。

種類は限られるものの、《知識の精霊ロードリエス》《我牙の精霊 HEIKE・XX》など、十分な役者は揃っているため、フィールドアドバンテージを得るのに役立つ。

《ハッチャキ》文明であるの2色で構成されることが多い。

主要カード

踏み倒す候補

相性のいいカード

超次元関連

このデッキの戦い方

《ハッチャキ》をだしてビートダウンしつつ、主力となるブロッカーを展開していく。
《知識の精霊ロードリエス》を出すとブロッカーを出すたびにドローでき、《我牙の精霊 HEIKE・XX》アンタッチャブルを持っているので強固な防壁となる。

他にも《光線の精霊龍 カチャルディ》ビートダウンしたり、《王機の神兵 ヴォルビック》バウンスしたりと様々な動きが可能。《電脳護聖ビョイト》ブロッカーS・トリガー化させて《音感の精霊龍 エメラルーダ》暴発させることもできる。

相手クリーチャーからの殴り返しは出したブロッカーで対処可能。《光陣の使徒ムルムル》《無敵城 シルヴァー・グローリー》を出しておけばさらに心強いだろう。

並べたブロッカーが相手プレイヤー攻撃できない場合、《ダイヤモンド・ソード》などでダイヤモンド状態を生み出してとどめを刺す。覚醒した《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》龍解した《天命王 エバーラスト》などでも可能。

このデッキの弱点

《ハッチャキ》パワーが低く除去されやすいのが欠点。除去が得意な相手なら、踏み倒しではなくコスト軽減を利用するなどのプレイングをとるといいだろう。
逆に、システムクリーチャーである《知識の精霊ロードリエス》の囮と割り切って使うのも1つの手。

また、ブロッカーが多いので《爆竜 GENJI・XX》《超爆デュエル・ファイアー》《熱血龍 GENJI・XXX》などに弱い。


その他

  • 当然ながらDMD-06はこのデッキの雛型として最適である。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 23:45:47