【バキュームロック】

《バキューム・クロウラー》を使ったコントロールデッキ

味方クリーチャーバウンスできる能力を利用し、《封魔アドラク》を使いまわして相手プレイヤードローを封殺する。

コンボが決まると相手のドローを事実上完封するため、一度決まるとロックから抜け出すことができないという性質を持つ。

バキューム・クロウラー R 水文明 (5)
クリーチャー:アースイーター 5000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
自分のターンのはじめに、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体手札に戻す。その後、カードを1枚引いてもよい。

封魔アドラク UC 水文明 (5)
クリーチャー:グランド・デビル 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、それぞれのマナゾーンからカードを1枚ずつ選び、持ち主の山札の一番上に置く。

古くは《エウロピカ》《エクストリーム・クロウラー》《コーライル》を使い回す形で類似のファンデッキが存在していたが、《バキューム・クロウラー》が登場したことで大きく強化されたこともあり【バキュームロック】の名で呼ばれる。かなり古いデッキではあるが、ドローを完封するという中々見られない性質に根強いファンがおり、少しずつではあるが相性の良いカードも追加されている。

《バキューム・クロウラー》ターンのはじめに自分のクリーチャー強制バウンスし、その後任意カードを1枚引ける能力を持つ。

フィールドアドバンテージを失うのはデメリットだが、発想を変えると「自分のクリーチャーcipを使いまわせる」ということであり、使い方次第では上手にアドバンテージを稼ぐことができる。

互いのマナゾーンからカードを選んで山札の上に置ける《封魔アドラク》とは相性がよく、相手のドローを妨害することができる。これを利用して相手のドローを事実上封殺し、ロック状態に持ち込むのがコンセプトである。

キーカードである《バキューム・クロウラー》《封魔アドラク》以外は自由なので、使い回したいcipクリーチャーで文明を選ぶと良い。相手の手札や盤面が充実しているとロックの意味が無い為、除去ハンデスは大抵採用される。(《パクリオ》等で代用も可能)

サイドカラーとしてならば呪文サルベージ自然ならばマナブーストが便利。ならば《爆走戦鬼レッド・ライダーズ》が強力。(→【イルカロック】)
《「祝」の頂 ウェディング》のようなゼニスフィニッシャーにする場合は無色タッチされる。

後に《バキューム・クロウラー》と類似する効果を持つ《愛されし者 イルカイル》が登場。比較すると

  • 《バキューム・クロウラー》
    • 〇効果でドローが可能なので自分だけ《封魔アドラク》のロックから抜け出すことが出来る
    • 〇自ターンの始め=相手の動きを見てから回収するクリーチャーを決められる
    • ×相手ターンに除去されるとクリーチャーの回収が出来ない
    • ×コストが重い
    • ×クリーチャーの回収が強制
  • 《愛されし者 イルカイル》
    • 〇すぐに除去されても最低1枚は回収チャンスがある
    • 〇コストが軽い
    • 〇クリーチャーの回収が任意
    • ×自分もドローロックされてしまう(《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》などのアドバンテージを得る手段が別途必要になる)
    • ×相手の動きを読んでクリーチャーを回収する必要がある

それぞれ一長一短なので自分のデッキに合った物を選ぼう。併用することも可能。

主要カード

《バキューム・クロウラー》コンセプトカード
《愛されし者 イルカイル》コンセプトカードその2
《封魔アドラク》必須。マナ回収ロックを一手に引き受ける

水の候補

闇の候補

光の候補

自然の候補

《フェアリー・ライフ》軽量マナブースト
《霞み妖精ジャスミン》
《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》
《桜風妖精ステップル》cipでマナブースト、回収できればノーリスク
《青銅の鎧》cipマナブースト
《天真妖精オチャッピィ》cipでマナブースト、《封魔アドラク》と組み合わせて墓地回収
《剛撃古龍テラネスク》cipでマナブースト+手札補充
《ドルツヴァイ・アステリオ》使い回し可能な大量マナブースト+除去
《緑神龍ザールベルグ》cipで2枚ランデス
《シェル・フォートレス》
《マナ・クライシス》基本的なランデス呪文
《ライフプラン・チャージャー》サーチ兼ブースト。《封魔アドラク》で毎ターン回収してのブーストもできる
《グローバル・ナビゲーション》マナ送り+マナ回収S・トリガー
《偽りの名 13/種族選別》手札補充。クリーチャー軸のデッキなので相性が良い
《野生設計図》

多色・無色の候補

超次元の候補

このデッキの動かし方

徹底的なハンデス除去で相手の場を荒らしたのち、《バキューム・クロウラー》召喚cipクリーチャーバウンスしつつ手札補充を行う。《解体人形ジェニー》《パクリオ》ピーピングハンデスによって確実に除去カードを狙えるのでよく利用される。

相手がジリ貧に陥ったら《封魔アドラク》召喚cipで相手のマナゾーンからその状況で役に立たないカード山札の上に置かせる。これを毎ターン行うことで、相手は事実上ターンのはじめのドローを封じられた状態となる。

一度ロックの体勢に入ると相手は不要なカードしか引けなくなるので、新たなドローは期待出来ない。そのため手札から対処するしかないが、もし手札に対処手段が無い場合は抜け出す事は不可能である。

自分もマナが伸ばせない状況になるが、《バキューム・クロウラー》の追加ドローで一方的にアドバンテージを得ることが可能。マナブーストを使って手札アドをマナに変換してフィニッシュに繋げる。

《愛されし者 イルカイル》の場合は自分のドローまで止まってしまうが、《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》などの手札補充を使ったり、2体目の《愛されし者 イルカイル》《桜風妖精ステップル》を使い回すなどすればロックを抜け出せる。《ブレイン・チャージャー》のようなチャージャー呪文ならば1枚用意するだけでロックを抜け出しながらマナを伸ばすことが出来る。

この状態になればゲームに勝ったも同然。延々と一方的にマナを伸ばして《封魔アドラク》を1ターンに2回出せる体制を作れば相手のマナを0に、こちらの盤面は万全に出来る。自分のシールドが無い状態で《閃光の守護者ホーリー》を踏んでしまった……というような極端な例以外ではまず間違いなく勝てるだろう。

より安全に勝ちたいなら《腐敗麗姫ベラ》などでライブラリーアウトを狙うのも手。
手っ取り早く勝ちたいなら《「祝」の頂 ウェディング》などのフィニッシャーを採用するのも良いが、そういった構築でも《封魔アドラク》自体が充分フィニッシャーをこなせるのは意識しておきたい。

光を入れる場合

《黙示護聖ファル・ピエロ》《魔光王機デ・バウラ伯》など、呪文サルベージによって《英知と追撃の宝剣》《ガンヴィート・ブラスター》のような強力な呪文を使いまわすことが可能。

《無敵城 シルヴァー・グローリー》を入れれば小型ブロッカーでも相手のフィニッシャーに対処できるようになる。

自然を入れる場合

高速でマナブーストを行い、ロックの下準備として《ロスト・ソウル》を撃つ。《マナ・クライシス》ランデスしたり、《次元流の豪力》から《勝利のリュウセイ・カイザー》を出すなど、ランデスを自然に組み込むことが可能。

《バキューム》で《緑神龍ザールベルグ》《シェル・フォートレス》を使いまわすことで毎ターン2枚のランデスが可能。状況によってはそのまま相手のマナゾーンを空にすることもできるだろう。

《龍覇 イメン=ブーゴ》《邪帝斧 ボアロアックス》で《バキューム》及び《アドラク》をマナゾーンからも呼び出せる。《邪帝遺跡 ボアロパゴス》に龍解していれば、いずれか片方を召喚することでもう一方も呼び出せる。また、《我臥牙 ヴェロキボアロス》に龍解してしまえばコストに関係なくクリーチャーを踏み倒せるため、《「祝」の頂 ウェディング》との相性もいい。

構築は縛られるが《野生設計図》《偽りの名 13/種族選別》《剛撃古龍テラネスク》といった水文明に勝るとも劣らない手札補充を採用できるのも特長。

弱点

コンボの始動が遅いため、【速攻】をはじめとしたビートダウンには弱い。徹底的な除去で対抗するか、《アクア・スーパーエメラル》S・トリガーを埋めるなどして対処したい。

また《バキューム・クロウラー》コンボの要であるため、【除去コントロール】の相手は苦手。事前のハンデスで相手の除去は確実に封じておきたい。
この場合はお互いにハンデス勝負になる可能性が高く、ハンデスされたクリーチャーを回収するために墓地回収などを入れて対処すると良いだろう。

クリーチャーcipトリガーさせなくする《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》は天敵。出されたら速やかに除去できるようにしたい。

その他、ゲームがどうしても長引きやすいので時間制限のある対戦では注意が必要。慣れないうちは自身の山札枚数が心配になるかもしれないが、《バキューム・クロウラー》のドローは任意であり、《封魔アドラク》《悪臭怪人ゴキーン》でデッキ回復も可能である為、ロックを決めることさえできれば自身のライブラリーアウトは問題にならない。

双極篇環境では少ないマナ今引きからでもあらゆる札で盤面を覆せる手段がいくらでも存在する為、ジリ貧からでも盤面を制圧されてしまう事があり得る。ゲームメイクは登場当初よりもかなり重要になっていると言えるだろう。


その他

  • コントロールの中でも非常にいやらしい動きをするデッキタイプである。また、ゲームが終わるまでにかなり長い時間がかかるため、相手によっては使うのを嫌がられる場合もある。

参考