【バグ丸くんコントロール】

【クリーチャーコントロール】《バグ丸くん》《オーバーキル・グレイブヤード》のコンボに特化させたデッキ。赤黒ないし青黒赤で組まれる。比較的低予算のデッキとして知名度が高く、DMR-21期に流行していた。

バグ丸くん C 闇/火文明 (2)
クリーチャー:ファンキー・ナイトメア 2000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。
このクリーチャーが破壊された時、カードを1枚引く。

オーバーキル・グレイブヤード UC 闇文明 (3)
D2フィールド
自分のクリーチャーすべてに「スレイヤー」を与える。(「スレイヤー」を持つクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)

主要カード

《バグ丸くん》
《オーバーキル・グレイブヤード》
《禁断U サベージ》主要パーツを墓地回収
《凶鬼03号 ガシャゴズラ》複数リアニメイトしたクリーチャーでアドを取り、同時に《ザビ・ミラ》の種も用意。忘れがちだが自軍スレイヤー付与も持っている
《復活の祈祷師ザビ・ミラ》主流のフィニッシャー

候補クリーチャー

《熱湯グレンニャー》手札の減らないウィニー赤青マナ基盤にもなり、スレイヤー化させて殴り返しによるタップ獣除去に
《葬送の守護者ドルルン》状況によっては1マナの確定除去に。シチュエーションを選ぶが墓地肥やしもついている
《ウソと盗みのエンターテイナー》色の合うコスト踏み倒しメタ
《暗黒鎧 ヴェイダー》ターン終了時に墓地肥やしと条件付きドロー。ブロッカーなので《グレイブヤード》の恩恵を受ける
《魔薬医 ヘモグロ》セルフハンデス、自己再生
《ポーク・ビーフ》このデッキでは確定除去に化ける。pigによるキャントリップもついている。《グレイブヤード》とコストが被っているのが難点か
《暗黒鎧 ヘルミッション》pigアンタップ獣除去。シールド・セイバーによる1ショットキルの妨害にも
《禁断X ナーグル》ブロックされなかった時トリガーで相手の攻撃クリーチャーを破壊。選んでいるわけではないので《異端流し オニカマス》にも有効
《学校男》アンタッチャブル貫通の軽量除去
《堕魔 ドゥポイズ》
《解体人形ジェニー》定番ハンデス。クリーチャーなので墓地回収も有効
《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》
《禁断V モードス》生かし続ければ盤面が潤う
《戦略のD・H アツト》手札交換墓地肥やし
《【問2】ノロン↑》
《アクア・ベララー》いずれかのプレイヤートップデック操作
《終末の時計 ザ・クロック》水の定番S・トリガー
《死神術士デスマーチ》進化速攻、バトル中4000以下を一方的に除去
《光牙忍ハヤブサマル》定番ニンジャ・ストライク

候補呪文・城

《超次元リバイヴ・ホール》汎用性、コストパフォーマンスの塊
《ドドンガ轟キャノン》汎用除去。SSTも強力。手打ちも十分考慮の範囲内
《ブレイン・タッチ》定番ハンデス。呪文なので墓地回収が比較的困難
《改造治療院》ハンデスと墓地回収を一度に行う
《伝説の秘法 超動》マナ基盤、ドロー、軽量除去。S・トリガー付き
《サタン・キャッスル》《ガシャゴズラ》や《ザビミラ》を毎ターンリアニメイト

フィニッシャー候補

《龍覇 グレンモルト》の定番出張フィニッシャー
《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》安全な勝ち筋。低予算デッキというコンセプトには反するか
《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《蒼炎》と異なりSAアンブロッカブルは持たないが、赤黒で運用できる上に上手くロックすればこれでも事足りる
《S級不死 デッドゾーン》出張にも堪え得るの定番フィニッシャー。《モードス》からでも侵略可能

超次元ゾーン

《ヴォルグ・サンダー》《ザビ・ミラ》で出してフィニッシュ
《勝利のプリンプリン》何も考えないで入れても強い足止め手段
《勝利のリュウセイ・カイザー》打点補強、疑似ランデス
《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》除去持ちとして定番のサイキック
《激天下!シャチホコ・カイザー》上手くいけば毎ターン《バグ丸くん》で確定除去
《時空の賢者ランブル》《ベララー》と相性抜群
《超時空ストーム G・XX》サイキックによる1ショットキルではお決まり

デッキの回し方

基本的に《オーバーキル・グレイブヤード》が手札にあれば3ターン目にそれを展開するのはほぼ確定であり、後は除去やハンデス、スレイヤー化したブロッカーでのビートダウン抑止が中心である。頃合いを見て《凶鬼03号 ガシャゴズラ》でリアニメイトを行い、そうして出したクリーチャーを種にして《復活の祈祷師ザビ・ミラ》でフィニッシュするのがデフォルト。

バトルゾーンに《激天下!シャチホコ・カイザー》、墓地に《悪臭怪人ゴキーン》《学校男》があれば自分の山札を減らさないで毎ターン相手が今引きで出したクリーチャーを除去できる。

長所

基本的に妨害がビートダウン全般に刺さるので、ハマれば速攻には刺さる。墓地利用のおかげで中盤以降の息切れも防げる。ハンデスもほぼすべてのデッキに刺さり、特にコントロールに対して強気に出ることができる。《オーバーキル・グレイブヤード》D2フィールドなので、カード指定除去やD2フィールドによる貼り換えがなければ除去の恐れがない。

新章デュエル・マスターズ環境では、【白緑メタリカ】【ジョーカーズ】など初動を場に残す必要のあるシステムクリーチャーに頼る上に構築も非スピードアタッカーが多めになっているデッキが少なくなく、運と相性が良ければ完全なロックを実現することも不可能ではない。

短所

墓地利用メタ、コスト踏み倒しメタには弱い。
除去力が高いと言ってもそれはあくまで軽量除去を《オーバーキル・グレイブヤード》で確定除去に変換しているだけであって、大量展開に対しては手に負えないことが少なくない。
《異端流し オニカマス》《学校男》程度でしか退かせないので、退かすのが困難だと判断したら無視して【ヴォルグ・サンダーライブラリアウト】に切り替えればよいがそれも《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》によって無効化されることがある。
最悪の場合はスレイヤー化したブロッカー1ショットキル失敗時の保険としつつ《凶鬼03号 ガシャゴズラ》で並べたクリーチャーを打点として総攻撃を仕掛けるしかない。
妨害札と墓地回収などにデッキスペースの多くを割くことから能動的かつまとまった量の墓地肥やしドローは苦手。そこにハンデスを受けたり速攻を仕掛けられたりすると非常に弱い。手札事故墓地リソースの不足によって何もできずに負けるというのが最大の弱点であろう。

その他

このデッキの最大のコンセプトは「安くて強い」という点である。そのため、贔屓目に見て9枚目以降の《凶鬼03号 ガシャゴズラ》と言わざるを得ない《暗黒皇女アンドゥ・トロワ》や時代に取り残された感のある《アクア・サーファー》などが、安ければストレージを漁って10円で手に入るという理由から採用されることすらある。

参考


Last-modified: 2018-12-07 (金) 23:12:51